2016年12月21日 更新

吉川晃司伝説・モニカ~下町ロケットまで、ブレない男の知られざる武勇伝

「下町ロケット」に出演して話題を呼んだ吉川晃司。俳優のほかに歌手としても活躍しています。若かい頃の過激パフォーマンスや酒とケンカ。俺様キャラでブレない男の知られざる逸話を紹介します。芸能人最強と言われるの武勇伝の持ち主、吉川晃司の伝説とエピソード。

60,509 view

数々の伝説を持つ男、吉川晃司とは

のおすすめファンブログ4選!情報はこれで網羅! | Live情報 ライブフリーク (1631537)

吉川晃司は、 1965年8月18日生まれ、広島県安芸郡府中町出身のシンガーソングライター・ ロック歌手、俳優です。
1984年2月1日『モニカ』でシングルデビューしています。

最年少日本代表、水球選手として海外遠征に参加伝説

 (1619435)

府中町立府中小学校を卒業後、修道中学校に入学し、水球を始め、修道高校に在学中に世界ジュニア水球選手権大会の日本代表、2年連続で全日本高校最優秀選手にも選ばれています。最年少日本代表として、イタリア・エジプト遠征にも参加しています。

水球の訓練で鍛え上げた身体が数々の武勇伝を生んでいます。

ジュニア世代日本代表に選抜され、2年連続で全日本高校最優秀選手に選ばれた

バンド「EIGHT CITYS FISH BAND/通称、はまちバンド」を結成して活動していました。 ある時、佐野元春のコンサートを見て、芸能事務所にスカウトされ芸能界デビュー考えるが、田舎でスカウトされることも無く、渡辺プロダクションに「広島にスゴい奴がいる、見に来ないと一生悔いを残す」などと自ら手紙を書き送りました。

渡辺プロの関係者を自ら呼びつけ、芸能界入りした武勇伝

EIGHT CITYS FISH BANDラストコンサート

EIGHT CITYS FISH BANDラストコンサート

1983年(昭和58年)4月3日EIGHT CITYS FISH BAND(通称“はまちバンド”) の、ラストコンサートを開きました。
吉川晃司は、親や教師の反対を押し切り、高校を2年で中退し、上京します。1984年、吉川晃司が19才の時に、主演映画『すかんぴんウォーク』とその主題歌『モニカ』でデビュー。1984年の日本歌謡大賞最優秀新人賞、また主演映画『すかんぴんウォーク』で日本アカデミー賞新人賞、ブルーリボン賞、ゴールデンアロー賞など、合計で8つの新人賞を獲得しました。
 (1632257)

渡辺プロは吉川晃司を「10年に1度の逸材」とみなし、事務所の再生をかけ、総力3億円を挙げ売りだしました。このセールスにより吉川晃司の映画と歌の同時デビューが実現しました。この時、同じ事務所に所属していた大澤誉志幸は「吉川晃司を売り出すから、お前にかける金はない。」と言われたという。(画像は渡辺プロダクションの全盛期、1978年の新年の写真)
1984年2月1日シングル「モニカ」でデビュー この曲は、主演映画『すかんぴんウォーク』の主題歌でもあった 以降「サヨナラは八月のララバイ」、「LA VIE EN ROSE」、「ユー・ガッタ・チャンス」(オリコン3週連続1位)、「にくまれそうなNEWフェイス」(オリコン1位)、「RAIN-DANCEがきこえる」(オリコン4位)、「キャンドルの瞳」(オリコン2位)と立て続けにヒットシングルをリリースし、1984年の日本歌謡大賞最優秀新人賞、日本アカデミー賞新人賞など歌手と俳優の両部門で8つの新人賞を独占。翌1985年暮れにはNHK紅白歌合戦に出場した。
またこの年の始めに、デビュー1年目では史上2人目の日本武道館公演を行った。1人目は原田真二(1978年7月24日)。
Peckori Detuned. (1619687)

初期の学園祭コンサートで体育館の緞帳を破き、1000万の被害額を作る
体育館にある緞帳(どんちょう)にぶら下がり、緞帳をビリビリに破いてしまったことがあります。

NHK出入り禁止伝説

吉川晃司は、1985年に初出場したNHK紅白歌合戦でパファーマンスが問題になり、NHKに十数年出入り禁止になったことがあります。

白組から赤い衣装で登場し、シャンパンをまき散らし、観客に向けてふき出します。さらに、ステージから観客席に降りていきカメラと衝突しました、予定出演時間を過ぎても、ギターをステージ上で叩き壊し燃やしてました。次に歌う河合奈保子の曲のイントロが流れても、吉川晃司のパファーマンスは続き、河合奈保子は曲の途中から歌うことになりました。

吉川晃司 にくまれそうなNEWフェイス - YouTube

1985年12月31日第36回NHK紅白歌合戦吉川晃司 にくまれそうなNEWフェイス
吉川晃司のパファーマンス後、流れたシャンパンで床が滑り、シブがき隊のフッくん(布川敏和)が転倒しています。

伝説のアン・ルイスとの過激なパフォーマンス“六本木心中”

『夜ヒットスタジオ』では、アン・ルイスとのセクシーすぎる過激なパフォーマンス“六本木心中”が話題になりました。
デビュー当時の吉川晃司はアン・ルイスに影響を受け、ふたりは姉弟のようでした。 アン・ルイスが歌う「六本木心中」と「あゝ無情」のモデルは吉川であると作詞者の湯川れい子は話しています。マイケル・ジャクソンとダイアナ・ロスのホットな子弟関係を思い出します。

『六本木心中』 吉川晃司が乱入! - YouTube

いや~、リアルタイムで観てた人結構いるのですね~♪僕と同じ世代の方々かな?(^_^)
吉川晃司さんで(その他音楽や色々)ストレス解消 ( その他音楽 ) - 愛・My・みぃ☆聖子な気分☆夢だより☆ - Yahoo!ブログ (1619688)

1986年、20才当時の吉川晃司
髪の毛は前髪長めで、衣装は「金ピカ」のスーツ、ロカビリーですか?

吉川晃司の無人島生活伝説

44 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年代紅白歌合戦珍場面

80年代紅白歌合戦珍場面

大晦日と言えば、数年前は格闘技中継戦争があったり、ダウンタウンの絶対に笑ってはいけないシリーズも見ものですが、やはり紅白!と言う人も多いのでは!?紅白だけでも視聴率が50%近くいくとは、やはり日本人はなんだかんだ言ってテレビ好きですよね。大イベントで生なだけに歴史に残る珍場面も!80年代代の紅白珍場面を集めてみました。
yt-united | 9,657 view
今もハートを疼かせる!超大型ユニット・COMPLEXの衝撃

今もハートを疼かせる!超大型ユニット・COMPLEXの衝撃

「モニカ」でデビュー以降ヒットを連発しNHK紅白歌合戦まで出場した吉川晃司(身長182cm)と、元BOØWYのギタリスト・布袋寅泰(身長187cm)の2人によって1988年に結成された超大型ユニットに関するまとめ。
nyama | 4,352 view
90年代紅白歌合戦珍場面

90年代紅白歌合戦珍場面

大晦日に紅白観て、除夜の鐘聴いて、年越し蕎麦を食べる、日本の風習は大事にしていきたいですよね。そんな大晦日の代名詞になっている紅白歌合戦では、今以上に90年代などは話題性抜群の名場面、珍場面ばかり!生放送だからこそのハプニングも満載の90年代紅白珍場面を集めてみました。
yt-united | 8,854 view
【速報】デビュー20周年のPUFFYが紅白歌合戦に初出場決定!90年代当時は予定が合わず出場を断念!

【速報】デビュー20周年のPUFFYが紅白歌合戦に初出場決定!90年代当時は予定が合わず出場を断念!

デビュー20周年を迎えたPUFFY(パフィー)が、NHK・紅白歌合戦に初出場することが24日、分かった。20周年を迎え、精力的な活動をしてきた2016年。PUFFY(パフィー)は節目の1年を紅白歌合戦の初出場で締めくくる。
超古代文明を信じてた!アトランティス大陸やムー大陸、伝説の大陸はどこにあった?

超古代文明を信じてた!アトランティス大陸やムー大陸、伝説の大陸はどこにあった?

小学生時代、マンガやアニメなどの影響もあってアトランティス大陸やムー大陸、そこで栄えた超古代文明などを信じていた人は多いのではないでしょうか。後に歴史などを学んだ時、四大文明は出てきても、いつまでたってもアトランティスやムーが出てこないことに違和感を感じたり。そんな子供時代のロマンでもあった超古代文明の舞台、幻の大陸について。
青春の握り拳 | 7,456 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

懐かしい!記憶をくすぐる商品

(PR)アマゾンで購入可能