【訃報】「ブルー・シャトウ」の替え歌で親しまれたジャッキー吉川とブルー・コメッツのドラマー、ジャッキー吉川さん死去。
2020年4月22日 更新

【訃報】「ブルー・シャトウ」の替え歌で親しまれたジャッキー吉川とブルー・コメッツのドラマー、ジャッキー吉川さん死去。

60年代に一世を風靡したグループサウンズ「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」のドラマーとして著名なジャッキー吉川さんが19日、自宅で亡くなっていたことが明らかとなりました。81歳でした。

228 view

【訃報】グループサウンズを代表するドラマー・ジャッキー吉川さん死去。

60年代に一世を風靡したグループサウンズ「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」のドラマーとして著名なジャッキー吉川さんが19日、自宅で亡くなっていたことが明らかとなりました。81歳でした。

第一報はこちらです!

吉川さんは1938年、東京都生まれ。高校時代よりドラムを始め、1961年にブルー・コメッツの正式メンバーとなりました。そして1966年には同バンドのリーダーに就任。同年、レコードデビューを飾って以降ヒット曲を連発し、中でも1967年に発表した「ブルー・シャトウ」は売上150万枚を記録する特大ヒットとなり、第9回日本レコード大賞を受賞しています。

「ブルー・シャトウ」だけじゃない!ジャッキー吉川とブルー・コメッツのヒット曲の数々!

60年代後半のグループサウンズを代表する楽曲となった「ブルー・シャトウ」ですが、当時の子供たちの間で「森トンカツ~泉ニンニク~」といった替え歌が流行るなど、世代に関係なくその人気は浸透していました。ミドルエッジ世代としては、替え歌の方が記憶に残っているかもしれません。

その一方で、ジャッキー吉川とブルー・コメッツは他にも多数のヒット曲を輩出しています。ここでは、当時発売されたレコードのジャケットを振り返ってみましょう。

青い瞳

 (2187087)

ブルー・シャトウ

 (2187088)

マリアの泉

 (2187089)

北国の二人

 (2187090)

さよならのあとで

 (2187092)

1966年に発表され、第17回NHK紅白歌合戦に出場を果たした際に披露された「青い瞳」や、1968年、当時アイドル化していたグループサウンズからの脱却を図り“脱GS宣言”を行った直後に発表された「さよならのあとで」など、グループサウンズの歴史を語る上で外せない楽曲の数々を輩出したジャッキー吉川とブルー・コメッツ。そのリーダーとして長年君臨し続けてきた吉川さんの功績は、日本の音楽史の1ページとして語り継がれていくことでしょう。ご冥福をお祈り申し上げます。

かつてのヒット曲を聴きたくなった方はこちら!

24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

昭和を代表する作曲家20名を特集した『歌謡曲が輝いていた時 昭和の作曲家20人100曲』が発売!!

昭和を代表する作曲家20名を特集した『歌謡曲が輝いていた時 昭和の作曲家20人100曲』が発売!!

論創社より、昭和を代表する作曲家20人とその代表曲を紹介した書籍『歌謡曲が輝いていた時 昭和の作曲家20人100曲』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 506 view
【訃報】昭和の大物歌手・梓みちよさん死去。「こんにちは赤ちゃん」「二人でお酒を」など

【訃報】昭和の大物歌手・梓みちよさん死去。「こんにちは赤ちゃん」「二人でお酒を」など

「こんにちは赤ちゃん」などのヒット曲で知られる歌手・梓みちよさんが1月29日、東京都内の自宅で亡くなっていたことが明らかとなりました。76歳でした。
隣人速報 | 692 view
1975年の「さよなら公演」から45年。双子デュオ「ザ・ピーナッツ」の功績と現在!

1975年の「さよなら公演」から45年。双子デュオ「ザ・ピーナッツ」の功績と現在!

皆さんは「ザ・ピーナッツ」というグループをご存知でしょうか?50年代から70年代にかけて活躍した双子デュオで、「名前は聞いたことがある」という方も多いかと思います。実は1975年に2人は引退しており、今年(2020年)は引退から45周年に当たります。
60~80年代にビクターに所属していたマニアなアイドルの激レア音源が「ビクターアイドルレアトラックス」としてCD化!

60~80年代にビクターに所属していたマニアなアイドルの激レア音源が「ビクターアイドルレアトラックス」としてCD化!

昭和の時代に誕生した幾千の女性アイドルたち。そんなアイドルの中で、何故か今までCD化されなかった歌謡曲の名曲を中心にコンパイルしたコンピレーションアルバム「ビクターアイドルレアトラックス」が現在好評発売中です。
隣人速報 | 1,208 view
60年代~70年代の歌謡界を席捲した「ベンチャーズ歌謡」の魅力!!

60年代~70年代の歌謡界を席捲した「ベンチャーズ歌謡」の魅力!!

60年代、日本の音楽界を席巻した「エレキサウンド」。このエレキの波は歌謡曲にも進出し、そんな中生まれたのが「ベンチャーズ歌謡」と呼ばれる楽曲群です。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト