暴力、エロ、グロ、ナンセンス、下劣なギャグ満載の「嗚呼!!花の応援団」。男の生きざまってやつを見せてくれます!
2017年10月24日 更新

暴力、エロ、グロ、ナンセンス、下劣なギャグ満載の「嗚呼!!花の応援団」。男の生きざまってやつを見せてくれます!

現在ではとても使うことの出来ない表現満載の「嗚呼!!花の応援団」は、70年代後半に大ブームを巻き起こしました。呆れるほどに大ばか者ばかりが登場しますが、今となっては貴重ともいえるバンカラ文化を余すことなく伝えてくれます。

10,417 view

どおくまん

「どおくまん」。変わったペンネームですね。複数のペンネームと勘違いされることもあるようですが、鈴木和明のことです。
「どおくまんプロ」としてスタッフに実弟の太地大介、小池たかし、みわみわがいます。

その「どおくまん」の出世作が「嗚呼!!花の応援団」です。
嗚呼!!花の応援団

嗚呼!!花の応援団

作者:どおくまん
掲載期間:1975年10月16日 - 1979年
「嗚呼!!花の応援団」は、1975年から「週刊漫画アクション」に連載されたギャグ漫画で、そのあまりにも下品極まりないギャグで一世を風靡しました。

登場人物たちの独特な言葉が流行語ともなりました。
主人公である青田赤道(あおた・あかみち)の口癖「オ〇コ」は強烈で、「嗚呼!!花の応援団」で初めてこの言葉を知ったという者は数え切れず、「嗚呼!!花の応援団」がこの言葉をメジャーにしたといっていいでしょう。
当時は規制がゆるかったため伏字ではありませんでした。他にも現在では使えない文言がガンガン飛び出してきます。

青田赤道

青田赤道。日本の漫画史上例を見ない、とにかく強烈なキャラクターです。一見すると、雑とも稚拙ともいえるタッチで描かれている「嗚呼!!花の応援団」ですが、そのことが最大限の効果を発揮して魅力あるものに仕上がっています。

「ちゃんわちょんわ」 「クェックェックェッ」 「シビア~」といった意味不明ともいえるセリフを多数持っています。
青田赤道

青田赤道

南河内大学応援団親衛隊で3回生という設定ですが、年齢は不詳。怪力であり凶暴な性格、そして女好きです。悪知恵は働くものの知能はかなり低いのですが、後輩からは慕われてもいます。

嗚呼!!花の応援団 / 異邦人 (1976)

イメージソングとして3枚シングル盤が発売されていますが、あいさつ代わりとして最初に発売されたのが「嗚呼!!花の応援団 」で、作詞:どおくまんプロ、作曲・編曲:小山恭弘が担当しています。
カップリング曲は「南河内大學応援歌 (南河内大学節) 」で、同じく作詞:どおくまんプロ、作曲・編曲:小山恭弘となっています。

南河内大学応援団

花の応援団というだけに、舞台は南河内大学の応援団です。架空の大学ですが、モデルになっているのは近大か摂南か桃山学院かと様々な憶測が当時飛び交いました。

先輩、後輩、OBと個性的なキャラクターが多数出てくるのですが、中でも人気だったのが、南河内大学応援団OBの薬痴寺(やくちじ)です。
薬痴寺

薬痴寺

妻と子供が二人いる家庭人で、決め台詞は「役者やのう」。
この言葉、当時かなり流行りました。拷問のようなしごきを行い、それに根を上げた団員に向かって言う言葉です。「バテたふりが上手いなぁ」といった意味で使われます。

映画

「嗚呼!!花の応援団」は1976年に最初に映画化され、その後3作も作られています。漫画の連載が始まってから1年後には早くも映画化されていますから、その人気具合がわかりますね。
嗚呼!!花の応援団

嗚呼!!花の応援団

1976年に制作されたのは曽根中生が監督した「嗚呼!!花の応援団」です。

日活映画ということからでしょう。ロマンポルノ巨匠と呼ばれるほど多数のポルノ映画を作成している曽根中生が監督しています。
嗚呼!!花の応援団

嗚呼!!花の応援団

監督:曽根中生
出演:今井均 宮下順子 香田修 他 
脚本:田中陽造
音楽:コスモス・ファクトリー
撮影:山崎善弘
照明:松下文雄
録音:橋本文雄
美術:柳生一夫
編集:山田眞司
助監督:山口友三
青田赤道を演じたのは今井均ですが、実は映画化された4作品とも主役が違います。今井均はそもそも顔が似ているだけに雰囲気があってはまり役だと思うのですけどね。

同じく1976年に公開された2作目「嗚呼!!花の応援団 役者やのォー」は井上治之が青田赤道を演じています。
今井均はとても良く似合っていただけに主役交代は残念でした。が、では井上治之バージョンが良くないかと言えばそんなことはありません。これがまた素晴らしいんです。作品的にも本作が最高かもしれません。
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

最近、注目を集めているのかいないのか、よく分からない杉浦茂のゆるキャラ以前のキャラクターたち

最近、注目を集めているのかいないのか、よく分からない杉浦茂のゆるキャラ以前のキャラクターたち

ゆるキャラがブームになる遥か以前から杉浦茂の作り出すキャラクターは既にゆるかった!あまりにもゆるく、奇想天外。杉浦茂がその想像力の全てを出し切って作り上げた何も考えていないようなキャラクターたち。そのキャラクターが最近人気なんだとか、そうではないのだとか。ゆる~く流行っているみたいですよ。
obladioblada | 1,946 view
80年代、思春期の興奮が蘇る!日活ロマンポルノ生誕45周年!新作の予告映像が公開!

80年代、思春期の興奮が蘇る!日活ロマンポルノ生誕45周年!新作の予告映像が公開!

日活株式会社が1971年に製作を開始した「日活ロマンポルノ」。白川和子や小川節子、美保純、可愛かずみらを輩出した成人映画シリーズだった。今年、生誕45周年を迎えるにあたって始まったロマンポルノリブートプロジェクト。その予告映像が公開されている。
竹田かほりを一躍人気者にした「桃尻娘(ピンク・ヒップ・ガール)」。シリーズで観ると、また楽しめます。

竹田かほりを一躍人気者にした「桃尻娘(ピンク・ヒップ・ガール)」。シリーズで観ると、また楽しめます。

「桃尻娘」と書いて「ピンク・ヒップ・ガール」です。70年代から90年代まで、主役を竹田かほり、相築彰子、植松香と変えながら3シリーズ制作されています。どれもエロ可愛く魅力的です。
obladioblada | 1,059 view
近親相姦をテーマにした「ピンクのカーテン」。ジョージ秋山の問題作を数々のセクシー女優が実に可愛く演じてます。

近親相姦をテーマにした「ピンクのカーテン」。ジョージ秋山の問題作を数々のセクシー女優が実に可愛く演じてます。

美保純をはじめ、安原麗子、小林ひとみ、蒼井そら が主役の奥村野理子を演じ、何度もドラマ化された「ピンクのカーテン」。テーマは重いのですが、実に色っぽく見ごたえ十分に演じています。勿論、原作の漫画も秀逸っ!
obladioblada | 18,527 view
昭和の名作ギャグアニメ「ハクション大魔王」が漫画になってファミリーマートで販売開始!!

昭和の名作ギャグアニメ「ハクション大魔王」が漫画になってファミリーマートで販売開始!!

ゴマブックス株式会社は全国のファミリーマート店舗(※一部取扱いのない店舗があります)にて、昭和を代表する名作ギャグ漫画「ハクション大魔王(タツノコプロ=著)」の販売を開始しました。
隣人速報 | 456 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト