世界初はハリボー!日本初は?グミの歴史と人気商品をまとめてみた!
2023年8月28日 更新

世界初はハリボー!日本初は?グミの歴史と人気商品をまとめてみた!

今ではコンビニお菓子の主役の1つともいわれているグミ。今では大人でも好きな人が多いですよね。日本にグミが浸透するまでの歴史をまとめてみました。

417 view

世界最初のグミはハリボー!

 (2542619)

グミが誕生したのはドイツ。歴史は古く1922年(大正11年)に登場しました。誕生から100年も経っているんですね。

当時、ドイツで母の病気にかかる子どもが多く、社会問題になっていました。子どもたちの健康のために、「嚙む力を強くしよう」ということで開発されたお菓子がグミなのです。ドイツ語で「噛む(gummi)」という意味です。グミは体に良くないイメージを持っている人もいるかもしれませんが、最初は健康のために作られたお菓子だったのですね。

世界には色々なグミがありますが、ハリボーには果汁も入っていますし考えてみれば健康のため、というのも納得です。そして今でも世界中の人に愛されているというのがすごいですね。ハリボー社は色々なグミを発売していますが、やはりクマの形をしたゴールドベアが一番人気ですよね。

ドイツで生まれたグミは、世界中に広まり愛されるようになります。果汁や砂糖などをゼラチンで固めたお菓子ですので、バリエーションも様々。ハリボーのように硬いタイプから柔らかいタイプ、形やフレーバーも様々ですよね。

国によってはかなりどぎつい色で体にはあまりよくなさそうなものもありますが、それも各国の文化の違いで特徴が出ていると思います。

日本最初のグミは「コーラアップ」!

日本で最初にグミが発売されたのは1980年。グミが誕生してから60年近く経っていたんですね。

1979年に明治製菓が世界のお菓子を視察に行き、目を付けたのがグミでした。これは日本でもヒットするに違いない!と研究を始め、1980年に「コーラアップ」が発売されます。

ドイツのグミは硬かったので、日本人になじむように柔らかさ、弾力、歯切れの良さなどを研究したそうです。

発売当初のコーラアップは型についたまま販売されていて表面にべたつき防止のオブラートが付いていたのが特徴でしたね。自分で型から外して食べるのがなんだかワクワクした思い出があります。

そして余談ですが小さい頃近所のお姉さんとコーラアップの型を集めていたのを思い出します。型もいくつかバリエーションがあったんですよね。

グミという言葉になじみがなかったので、コーラアップははじめ「ゼリーキャンディ」として発売されていたのですが、すぐに人気となりグミの歴史を作っていくことになります。

コーラアップは1997年に一度販売終了しているのですが、2008年にリニューアルして復活。ですが型もオブラートもなくなっていて初期のコーラアップを知っている人にはちょっと物足りないですよね。

今でも人気!グミ界の立役者たち!

「コーラアップ」の発売から各社で様々なグミが発売され、指示されるようになりました。人気のグミを見ていきましょう。

「果汁グミ」

 (2542628)

1988年に明治から発売されたのが「果汁グミ」。果汁たっぷりというのをコンセプトにしたグミで、子どもから大人まで愛されるようにと作られたグミです。

「グミ」という名前のついた商品でもありますし、日本のグミのパイオニアというイメージがありますよね。久しぶりに食べるとやっぱりおいしいです。果物の形をしているのもかわいいですよね。

様々な限定フレーバーなども発売されつつ、やはりぶどうやみかんが定番人気ですよね。

発売当初から果汁の多さを売りにしていましたが、最近では無着色やコラーゲンの多さなども売りにしています。

「シゲキックス」

 (2542631)

1992年に味覚糖から発売されたのは「シゲキックス」。名前の通り強い酸味が特徴ですが、噛んで行くとだんだん甘くなるというグミでした。グミは結構固めでしたね。

開発当初は社内でも賛否両論だったそうですが「すっぱいものは病みつきになる」ということで発売に至ったそうです。

このグミは最初は子どもが物珍しさで買うのですが大人ではまる人も多かったと思います。グミが子どもだけでなく、大人も愛するお菓子になったのはシゲキックスの存在も大きいのではないでしょうか。眠気覚ましなどに常備しているという人もいると思います。

「ポイフル」

 (2542634)

「ポイフル」は明治から1993年に発売されたグミです。ゼリービーンズのように表面が糖衣タイプで今までにないグミでした。ひと箱に複数のフレーバーが入っているのもうれしいですね。

グミのパッケージは袋が多いですが、この商品は昔から箱ですね(袋入りもあります)。そういう面から見ても今までのグミとは違う感じがしました。

ジュディアンドマリーの可愛らしいCMも印象的です。この商品は中高生向けという感じでしたね。

「ひもQ」

明治は1993年には「ひもQ」も発売しています。こちらは名前の通り、ひものように長いグミでした。コーラとソーダで途中から味が変わるというのが楽しかったですね。

細長く弾力があり、ハリボーに近い食感だったと思います。こちらは逆に小学生など天年齢層向けのグミですよね。食感は好きだったのですがさすがに大人になると買いにくいグミでした。

人気商品ですが2019年に販売終了しています。また復刻することもありそうなので期待したいですね!
23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

昭和の時代の懐かしのガム!ロッテ「コーヒーガム」「ジューシー&フレッシュガム」がついに復活!!

昭和の時代の懐かしのガム!ロッテ「コーヒーガム」「ジューシー&フレッシュガム」がついに復活!!

ロッテより、昭和の時代に販売されていた懐かしのガム「コーヒーガム」および「ジューシー&フレッシュガム」が発売されます。発売予定日は3月5日、価格はオープン。
隣人速報 | 302 view
発売40周年!「パックンチョ」が発売当時の復刻デザイン&レトロデザインパッケージで発売決定!!

発売40周年!「パックンチョ」が発売当時の復刻デザイン&レトロデザインパッケージで発売決定!!

森永製菓より、丸い一口サイズのビスケットにチョコクリームを入れ、お菓子の表面にディズニーキャラクターを印刷した「パックンチョ」が発売40周年を迎えるのを記念し、発売当時の復刻デザイン「パックンチョ」が10月下旬より発売されます。
隣人速報 | 277 view
昭和〜平成のおやつタイムを彩ってきた日本のお菓子を特集!『日本お菓子クロニクル』が好評発売中!!

昭和〜平成のおやつタイムを彩ってきた日本のお菓子を特集!『日本お菓子クロニクル』が好評発売中!!

辰巳出版より、昭和から平成における日本のお菓子文化を特集した書籍『日本お菓子クロニクル』が現在好評発売中となっています。
隣人速報 | 303 view
誕生から45年!「たべっ子どうぶつ」の人気の秘密!

誕生から45年!「たべっ子どうぶつ」の人気の秘密!

子どもの頃、誰もが一度は食べたことがあるだろうおやつ「たべっ子どうぶつ」は今年で誕生から45年を迎えます。その歴史を振り返ってみましょう。
saiko | 180 view
亀田製菓「ぽたぽた焼」の“おばあちゃん”がリニューアル!ヨシタケシンスケによる新イラストに注目!!

亀田製菓「ぽたぽた焼」の“おばあちゃん”がリニューアル!ヨシタケシンスケによる新イラストに注目!!

亀田製菓が1986年に発売を開始した『ぽたぽた焼』が、8月上旬から順次リニューアル販売されます。
隣人速報 | 248 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト