【訃報】ラジオパーソナリティー・くず哲也さん死去。ザ・パンチ・パンチ・パンチ、日曜はダメよ、オレたちひょうきん族など
2021年2月3日 更新

【訃報】ラジオパーソナリティー・くず哲也さん死去。ザ・パンチ・パンチ・パンチ、日曜はダメよ、オレたちひょうきん族など

70年代より、ラジオパーソナリティー・タレントとして活躍したくず哲也さん(くず てつや、本名:野村哲也)が、1月31日に急性骨髄性白血病のため亡くなっていたことが明らかとなりました。73歳でした。

385 view

【訃報】ラジオパーソナリティーとして活躍した、くず哲也さん死去。

70年代より、ラジオパーソナリティー・タレントとして活躍したくず哲也さん(くず てつや、本名:野村哲也)が、1月31日に急性骨髄性白血病のため亡くなっていたことが明らかとなりました。73歳でした。

第一報はこちらです!

くず哲也さんは1947年、東京都出身。武蔵野美術大学を卒業後、音楽活動や男性向け雑誌「平凡パンチ」のライターなどの活動を経て、ニッポン放送のプロデューサー・上野修に見出され、1973年より同局のラジオ番組「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」の3代目パーソナリティーとして1975年まで同番組で活躍しました。その後も「くず哲也の日曜はダメよ」「くず哲のヤンヤン大学」といった番組で人気を博しました。その一方でテレビにも進出し、フジテレビ系列で放送されていた「オレたちひょうきん族」にも出演。歌手の上田正樹に風貌が似ていることから、上田役で出演し視聴者の笑いを誘っていました。

くず哲也さんがパーソナリティーを務めたラジオ番組の数々!

昭和~平成にかけて、数多くのラジオ番組に出演してきたくず哲也さん。その出演番組は非常に多岐に渡るため、そのすべてをご紹介することはとても出来ないのですが、ここでは中でも特筆すべき番組をいくつか振り返って観ましょう。

ザ・パンチ・パンチ・パンチ

まずご紹介するのは、くず哲也さんが一躍人気者になるきっかけとなった、ニッポン放送「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」。3代目パーソナリティーとして、1973年から1975年にかけて同番組に出演していました。「覆面パンチガール」という7名の女性を従える構成で、中でも「グッバイ・バージン」というコーナーではリスナーの初体験のエピソードを紹介し、時には放送禁止用語が飛び出す過激っぷりが話題となりました。
 (2257680)

1973年の「平凡パンチ」の一例。

くず哲也の日曜はダメよ

1975年から1985年にかけてニッポン放送で放送されていた「NEVER ON SUNDAY くず哲也の日曜はダメよ」。視聴者から「人には言えないような話」「ダメ人間エピソード」などを募集し、毎週およそ800通に及ぶはがきが番組には届いたと言います。この番組の成功により、同様の企画が他の番組でも採用されるようになりました。
 (2257694)

アシスタントを務めていた相本久美子。

SUPER FREAK SUNDAY

FM-FUJIで1991年から2001年にかけて放送されていた「SUPER FREAK SUNDAY(スーパー・フリーク・サンデー)」。最新の音楽やトレンドの紹介や、ゲストとのトークが繰り広げられる番組で、男女二人のDJによる掛け合いが人気を博しました。くず哲也さんは、その初代男性DJを務めています。
 (2257685)

広済堂より出版されたくず哲也「初体験レポート」

オレたちひょうきん族

ラジオ番組ではないのですが、1981年から1989年にかけてフジテレビ系列で放送されていた「オレたちひょうきん族」もご紹介します。くず哲也さんは同番組内の人気コーナー「ひょうきんベストテン」に出演し、前述の通り「悲しい色やね」などのヒットを持つ歌手・上田正樹と風貌が似ていることを活かし、視聴者に笑いを届けていました。
 (2257702)

これら以外にも、「くず哲のヤンヤン大学」「くず哲也のほいきた!土曜日一番のり」「僕も私もジャイアンツナイター」など、昭和から平成期かけての人気ラジオ番組を多数担当してきたくず哲也さん。彼の功績は、日本全国のラジオ愛好家の記憶に残り続けていくことでしょう。ご冥福をお祈り申し上げます。
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【訃報】ポルノ雑誌「ハスラー(HUSTLER)」を創刊した実業家、ラリー・フリントさん死去。

【訃報】ポルノ雑誌「ハスラー(HUSTLER)」を創刊した実業家、ラリー・フリントさん死去。

ポルノ雑誌「ハスラー」の創刊者として著名な実業家・雑誌編集者であるラリー・フリントさんが現地時間の10日、アメリカ・ロサンゼルスの自宅で亡くなっていたことが明らかとなりました。
隣人速報 | 694 view
篠山紀信が撮影!女優・水沢アキが65歳にしてヌード写真集に挑戦!!

篠山紀信が撮影!女優・水沢アキが65歳にしてヌード写真集に挑戦!!

小学館より、女優・水沢アキ(66)の45年間にわたるグラビアアイドルとしての軌跡をまとめた写真集『AKI MIZUSAWA 1975-2020』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 18,703 view
皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

学校を休まず毎日通い続けることで貰える「皆勤賞」。皆勤賞を目指して毎日頑張る子供たちも多くいるかと思いますが、このたびの新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「皆勤賞って本当に必要か?」という疑問の声が各所から上がっています。
隣人速報 | 4,287 view
青春パートII、卑弥呼、正午なり、西陣心中…伝説の映画製作会社「ATG」の作品群がDVDになって登場!!

青春パートII、卑弥呼、正午なり、西陣心中…伝説の映画製作会社「ATG」の作品群がDVDになって登場!!

キングレコードより、60年代から80年代にかけて活動し、既存の日本映画とは一線を画した傑作の数々を世に送り出した伝説の映画会社「日本アート・シアター・ギルド(ATG)」の作品群が、DVDで一挙に発売されることが決定しました。
隣人速報 | 1,973 view
【訃報】斬られ役として「5万回斬られた」俳優・福本清三さん死去。ラストサムライ、仁義なき戦いなど

【訃報】斬られ役として「5万回斬られた」俳優・福本清三さん死去。ラストサムライ、仁義なき戦いなど

映画・ドラマの「斬られ役」として長年活動を続けてきた俳優・福本清三(ふくもと せいぞう)さんが1月1日、肺がんのため亡くなっていたことが明らかとなりました。77歳でした。
隣人速報 | 2,432 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト