OVA版【強殖装甲ガイバー】ActⅡに登場する調整体の種類・能力のまとめ
2020年5月13日 更新

OVA版【強殖装甲ガイバー】ActⅡに登場する調整体の種類・能力のまとめ

前回まではOVA版や劇場版の『強殖装甲ガイバー』について、詳しく紹介させていただきました。今回はOVA版の続編として描かれるOVA版『強殖装甲ガイバー』ActⅡについて、登場する獣化兵(ゾアノイド)やその他の調整体をピックアップしていきますので、ぜひ記事をご覧になってください。

894 view

『強殖装甲ガイバー』とは?

『強殖装甲ガイバー』(きょうしょくそうこうガイバー)は、高屋良樹による日本の漫画作品。およびそれを原作にしたアニメ・小説作品。原作は現在『月刊少年エース』で連載されている。(2016年7月号から長期間休載中)
コミックスは2016年2月現在で第32巻までが発刊されており、(徳間書店版・角川書店版を含む)単行本累計総発行部数は550万部を突破している。

敵役の秘密結社が世界征服に成功したり、アメリカ同時多発テロ事件より2年前にワシントンD.C.での高層ビル崩壊を描くなど、常識・日常を超えてしまうストーリー性も備えている。

映像化としては、劇場公開版アニメ1本、OVAとして2シリーズ、ハリウッドの実写作品(日本の漫画を原作としたものでは初のハリウッド実写作品※ただし日本資本によるもの)として映画が2本。そして、2005年、WOWOWで新作のテレビアニメが放送された。

『強殖装甲ガイバー』のあらすじ

遥かな昔、謎の異星人「降臨者」が地球に残した3つの「ユニット」と呼ばれる物体。高校生の深町晶は偶然その1つを手に入れ、殖装体「ガイバー」となってしまい、降臨者の遺したデータを悪用し世界征服を目論む秘密結社「クロノス」に追われることとなる。

「調製」と呼ばれる遺伝子操作により強大な力を持った怪人「獣化兵(ゾアノイド)」達との激闘。クロノス幹部の殖装体「ガイバーII」の襲撃。そして獣化兵を遥かに凌ぐ力を持つ「超獣化兵(ハイパーゾアノイド)」。晶は苦戦しつつもガイバーの能力でこれらの強敵を撃退する。

「ガイバーIII」巻島顎人の暗躍もあり、クロノス日本支部を壊滅させるが、世界規模の組織であるクロノスには到底太刀打ちできず、次第に追い詰められていく晶たち。
https://aucfree.com/m/items/s693615508 (2188643)

前作のOVA版・強殖装甲ガイバーは、クロノス日本支部を壊滅させるまでの内容となっています。
今回の記事で紹介するOVA版ActⅡでは、日本国内に現存する降臨者たちが残した遺跡基地をめぐって物語が展開されていきます。
さらに降臨者と呼ばれる外宇宙からやってきた知的生命体のことや、さまざまな特殊能力を備える獣化兵、さらには獣化兵にも分類されない調整体なども登場して面白くなります。

『強殖装甲ガイバー』に登場する調整体

獣化兵やその他の調整体は、人間の体をベースにして、その遺伝子を操作して作り出された存在です。調整されると、普段は人間の容姿をしていますが、予め調整された本来の姿に変身することが可能となります。
今回の記事ではOVA版ActⅡで登場した調整体について、スペックや能力など紹介していきます。

損種実験体(ロストナンバーズ)

大きな分類でいえば獣化兵ですが、調整に失敗したことで実験体となった存在。しかし、失敗作と馬鹿にすることはできず、数々の試験的な調整を経て、従来の獣化兵やハイパー獣化兵にもないような特殊能力を備える個体も多いです。
ここではOVA版ActⅡに登場したロストナンバーズたちを紹介していきます。

ゲルぺス

身長:211cm / 体重:105kg

どんな人間にも化けられる特殊能力をもっており、容姿だけではなく、声質も本人と同じように真似られます。スパイ工作など、特殊任務向きとして存在感を発揮しますが、記憶をコピーするまでの能力はなく、戦闘能力自体も高くないところは厳しいです。

ソムルム

身長:222cm / 体重:110kg

カメレオンに似た容姿をもつロストナンバーズで、脚のバネに優れており、驚異的な跳躍力を見せます。
口から射出される粘液は、生体組織と融合して同化する性質があり、相手の体の自由を奪うといった使い方が可能です。そのため、強殖細胞で形成されるガイバーの装甲にも効果を発揮します。

ダイム

身長:不明 / 体重470kg

自らの身体を液状化させ、大地や周囲の植物などとの同化を可能にしたロストナンバーズ。
直接の戦闘には向きませんが、周囲の環境に同化することで自在にコントロールし、味方に有利なバトルフィールドを形成します。
液状化した状態で地中を高速移動することも可能ですが、液状化の時間が長いと、細胞が維持できなくなってしまい、命の危険を伴なうといった欠点があります。

アプトム

最初はガイバーの姿をそっくり真似て登場します。
身長:197cm / 体重:92kg

あらゆるタイプの獣化兵に、その場で自己調整できるといった特殊能力をもつ存在です。外見や能力を簡易的に模写することも可能ですが、オリジナルの強さや能力をそのままに再現するほどではありません。
度重なる調整を受けることで、思念波を受け付けなくなってしまい、己の意志で行動するようになります。さらにはオリジナルの獣化兵の体組織を自身の体内に取り込み、オリジナルの能力をそのまま再現できるまでのパワーアップを果たします。
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

劇場版【強殖装甲ガイバー】初めて映像化を実現した第一弾について!

劇場版【強殖装甲ガイバー】初めて映像化を実現した第一弾について!

これまでにもOVA版『強殖装甲ガイバー』を紹介してきましたが、今回の記事では初めて アニメ化された劇場版をピックアップしていきます。OVA版『強殖装甲ガイバー』が制作 される3年前には劇場公開された作品となります。原作・OVA版との違いや劇場版のみの 魅力なども紹介させていただきます。
tsukumo2403 | 826 view
OVA版【強殖装甲ガイバー】全6話それぞれのエピソードと動画をご紹介!

OVA版【強殖装甲ガイバー】全6話それぞれのエピソードと動画をご紹介!

前回までのOVA版『強殖装甲ガイバー』記事では、ガイバーや獣化兵(ゾアノイド)について記載させていただきましたが、今回はYouTubeで視聴できる本編動画や各エピソードの内容を紹介するといった豪華な内容となっています。ぜひ動画と合わせて記事もご覧になってくださればと思います。
tsukumo2403 | 703 view
OVA版【強殖装甲ガイバー】登場する獣化兵(ゾアノイド)の種類・能力のまとめ

OVA版【強殖装甲ガイバー】登場する獣化兵(ゾアノイド)の種類・能力のまとめ

前回のOVA版『強殖装甲ガイバー』記事では、ガイバーの能力と三人の殖装者など紹介させていただきましたが、今回は敵役となる獣化兵(ゾアノイド)に焦点を当てていきたいと思います。OVA版の本編に登場する獣化兵の種類・能力をまとめていますので、引き続き、記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 559 view
酷評された80年代のOVA:『AKINA オフィスレディー明菜ちゃん』『SEIKO 女子大生聖子ちゃん』ほか

酷評された80年代のOVA:『AKINA オフィスレディー明菜ちゃん』『SEIKO 女子大生聖子ちゃん』ほか

同名の芸能人をモチーフにして製作されているエロパロOVAの『AKINA オフィスレディー明菜ちゃん』(1984年)と『SEIKO 女子大生聖子ちゃん』(1984)などファンの酷評を受けまくったOVA作品を4作まとめました。人によって作品の評価は変わるもの。本当に酷評されるほど酷い内容なのか振り返ってみましょう。
ガンモ | 109 view
あの宇宙企画が総力を結集!!80年代お色気アニメ「リヨン伝説フレア」

あの宇宙企画が総力を結集!!80年代お色気アニメ「リヨン伝説フレア」

ビデオデッキが普及し、おたく文化としてのアニメが全盛を迎えた80年代。あのミドル世代御用達のAVメーカー「宇宙企画」がアニメ業界に参戦していました!その作品とは?
となりきんじょ | 12,090 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト