元号が平成じゃなかった可能性も!他の候補だった『修文』と『正化』について
2019年4月1日 更新

元号が平成じゃなかった可能性も!他の候補だった『修文』と『正化』について

外国を含めても歴史上で最も長く続いた元号である昭和から平成へ。1989年に当時官房長官だった故・小渕恵三さんが「平成」と書かれた色紙を掲げてから30年近くが経つ。当時他に2つの元号候補が存在したのをご存知だろうか。

21,152 view

平成の元号は平成31年4月30日まで

1989年1月8日から始まった平成の歴史。2019年(平成31年)4月30日に天皇陛下が譲位され、終了する予定となり、30年113日間(=11,070日間)が経過した時点で一時代に区切りがつけられる。
 (1955312)

《天皇陛下の譲位の日程に関する記事》

天皇陛下の譲位の日程等を決める皇室会議が1日午前、宮内庁で開かれ、平成31年4月30日に譲位して5月1日に改元することが決まった。

政府は5日の閣議で結果を報告し、8日の閣議で譲位日を定める政令を決定する方針。天皇の譲位は、江戸後期の119代光格天皇(1771~1840)以来、約200年ぶりとなる。
 (1955329)

新たな元号「平成」を世間に発表したシーン

激動の昭和から平成へ。外国を含めても歴史上で最も長く続いた元号である昭和。
メディアは昭和天皇の崩御、昭和の歴史を連日伝えていた。

その時代の移ろいにおいて象徴的なシーンと言えば、当時官房長官だった故・小渕恵三さんが掲げた「平成」の色紙だろう。「新しい元号は『平成』であります」とのコメントを発した小渕さんは”平成おじさん”と呼ばれた。
色紙を掲げるアイデアは、小渕さん自身によるものとのこと。
また、この日本中が注目した二文字を書いたのは、総理府人事課(当時)の職員で書道家でもあった河東純一さん。発表の20分前にメモを見せられ、そこから筆を執ったという。
河東さんによれば、平成の文字は画数が少なくて書きにくいそう。

平成10年(1998年)に小渕さんが第84代内閣総理大臣に就任した際、「あ!平成おじさん」と思った方も多いのではないだろうか。

昭和から平成 小渕恵三

嵐の”年賀はがきのCM”が懐かしい

「そうか、平成30年か!」と嵐の台詞で始まる日本郵便の年賀はがきCM。30秒のCMの中で、29年間の出来事がスライドショーのように流れ、何かと振り返る事の多い年末らしい内容となっている。

年賀はがき 【そうか、平成30年か!篇(30秒)】

このウェブサイト・ミドルエッジで主に扱っている1970年~2000年内で、1989年から始まる平成は12年間ある。

同CMでいえば、平成元年の「ベルリンの壁崩壊」、平成3年の「初のケータイ発表(デジタル方式)」、平成5年の「ルーズソックス流行」、平成9年の「きんさん ぎんさん」、平成10年の「ガングロブーム」、平成11年「嵐、結成」、平成12年の「2000年ミレニアムイヤー」など、懐かしい出来事が並び、当時を知る方なら「あれが平成〇〇か」と時間の経過に感慨を覚えたのではないだろうか。

”平成生まれ”も来年で「そうか、三十路か!」。若さの象徴だった彼らも立派なアラサーという事実に改めて驚かされる。

平成以外の候補は「修文」と「正化」だった

政府は昭和天皇崩御の当日の午後には「平成」「修文」「正化」という3つの候補を提示している。

その際、「元号に関する懇談会」や衆参両院正副議長委員から、ローマ字表記の頭文字が昭和と同じく「S」となる「修文(しゅうぶん)」(Shubun)・「正化(せいか)」(Seika)の2候補は不都合ではないかという意見が出たため、ローマ字の頭文字が「H」である「平成(へいせい)」(Heisei)に全員一致で決まった経緯がある。
 (1956947)

平成は「国の内外、天地とも平和が達成される」という意味であり、真偽は定かではないが幕末の「慶応」改元の際も候補に上がっていたともされている。

「修文」は古典中国文学者の目加田 誠(めかだ まこと)が、「正化」は儒学者、国語学者の宇野精一が提案した。

「正化」については「先代の天子も明らかな徳を持っており、今の天子も明らかな徳を持っておられる。重なる明るさが正しいことについてこそ、天下の万物を成育させ成長させることができる」という意味があるという。

前述の河東さんによれば、事前に候補は3つあるのではと聞いていたので、発表当日は紙を4枚用意していたそう。しかし、伝えられたのは「平成」のみ。結局4枚目が丁重に運び出されたそう(ちなみに最初から4枚目を提出しようとしていたらしい)。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 870 view
昔懐かし!あなたのグラビアが居酒屋のポスター&週刊大衆の誌面に!

昔懐かし!あなたのグラビアが居酒屋のポスター&週刊大衆の誌面に!

ネットサービス「マシェバラ」は、双葉社発行「週刊大衆」とのコラボ企画「4代目 大衆居酒屋ポスター・グラビア誌面イメージガール選考オーディション」の参加者を現在募集中です。
隣人速報 | 9,889 view
これは昭和か平成か、二つの時代を満喫したミドルエッジ世代に贈る挑戦状10問!

これは昭和か平成か、二つの時代を満喫したミドルエッジ世代に贈る挑戦状10問!

昭和と平成。いずれも去り行く元号となる2つの時代を満喫した(?)ミドルエッジ世代。ついアバウトになりがちな当時の記憶を思い出す、脳みそライザップ的なクイズを10問どうぞ!!
平成の「聖子ちゃん」を探せ!あの「実話ナックルズ」がグラビアオーディションを開催中!!

平成の「聖子ちゃん」を探せ!あの「実話ナックルズ」がグラビアオーディションを開催中!!

「実話ナックルズ極ベスト 平成の聖子ちゃんを探せグラビアオーディション」が現在開催中!グランプリに輝くと「ナックルズ極ベスト」の表紙を飾れます!参加するなら今しかない!!
隣人速報 | 19,830 view
少女漫画の元祖「キャンディ・キャンディ」の漫画家・いがらしゆみこが期間限定カフェをオープン!!

少女漫画の元祖「キャンディ・キャンディ」の漫画家・いがらしゆみこが期間限定カフェをオープン!!

少女漫画の元祖「キャンディ・キャンディ」の漫画家で知られるいがらしゆみこが、銀座のランドマークのひとつ「GINZA SIX」6Fのプレミアムフードホール「銀座大食堂- GINZA GRAND Premium Food Hall -」にて、期間限定カフェをオープンしました。
隣人速報 | 466 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト