多くの男の子が憧れて夢中になったプラレス3四郎!面白さや魅力について!
2020年2月28日 更新

多くの男の子が憧れて夢中になったプラレス3四郎!面白さや魅力について!

制作したプラモデルを戦わせる「プラレス」という競技や、主人公が操る柔王丸に多く男の子が夢中になりましたよね。時代を先取りしており、現在の科学・技術水準でもプラレスを再現することは不可能でしょう。まだまだ空想の世界の域を出ませんが、プラレス3四郎の面白さを紹介していきます。

2,881 view

プラレス三四郎とは

人気コミックがアニメ化!

人気コミックがアニメ化!

週間少年チャンピオンで1982年~1985年まで連載されていた漫画コンテンツで、それを原作として1983年にはテレビアニメ化されました。
人型のプラモデルにロボットを組み込んだ「プラレスラー」にて、遠隔でのパソコン操作を駆使して戦わせる「プラレス」という未来の空想競技の世界で、主人公3四郎と柔王丸の活躍を描いた物語となります。

男の子なら誰もが口ずさんだオープニング

夢操作P.M.P.1

【作詞】牛次郎
【作曲】謝花義哲
【編曲】槌田靖識
【歌手】片桐圭一

曲タイトルのP.M.Pはプラモデル・マイコン・プロレスの頭文字から命名されています。
主人公3四郎の柔王丸に対する愛情や、プラレスラーとの格闘で熱くなる様子、大きなライバルに小柄な柔王丸が果敢に立ち向かう姿がオープニング曲の中に凝縮されているのが印象的です。
また、アニメ放送当時はまだ技術的に一般的ではなかった光ファイバーという単語が歌詞に入っていて、先進的な言葉を用いていることも大きな特徴といえます。
ただし、光ファイバーとは現在では主にインターネットなどの高速データ通信に活用されている技術で、現在でもプラレスラーのようなロボットの制御に転用されるようなものではありません。将来的には光ファイバーをロボット工学に転用することもあるのかもしれませんが、今の段階だとそれっぽい言葉を取り入れたと考えるのが妥当ではないでしょうか。

プラレス3四郎のあらすじ

玩具メーカーのナカマプラモは先進的な商品として、人型で格闘に特化したプラレスラーの開発を進め、プラレスラー同士を戦わせる競技のプラレスを掲げ、特別会員による試作品による参加を求めました。
そのなかで、3四郎と柔王丸は、凄腕のモデラーとして有名だった笹本が操縦するザ・魔人に勝利を納めます。しかし、対決直後から、3四郎は全国の猛者から対戦を求められてしまい、ついに第1回日本プラレス選手権大会が行なわれることになります。

主人公・3四郎の魅力について

素形 3四郎

素形 3四郎

有名な姿三四郎にもじって命名されており、柔王丸を制作したオーナーにして、外見的には幼く見えますが中学2年生の男子という設定です。
内面的には頑固な直情タイプで、正義感が強いヒーロー的な性格の持ち主といえるでしょう。
プラモデルを作る腕前が凄いうえに、電子工学においても、スバ抜けた知識と技術を持ち合わせていて、プラレスやプラレスラーに対しての思い入れは人一倍強いです。
実力は全国一として名高いのですが、全国大会で優勝した経験はないので「無冠の帝王」と言われてしまっています。
柔王丸やプラレスに対する愛情や、発想力・行動力といったバイタリティーが彼の大きな魅力であり、物語の展開をワクワクするものにしているのかもしれません。

柔王丸の格好良さが堪らない

柔道着が印象的な人型プラレスラー

柔道着が印象的な人型プラレスラー

主人公の3四郎が制作したプラレスラーで、ジュニアヘビー級とサイズ的には小さい印象が強いです。パワー的には優勢に立てないことが多いので、スピードを重視している点や、相手の大きさや重さを利用した投げ技を得意としています
相撲や柔道では「柔よく剛を制す」という言葉もあるように、小柄なファイターが大柄な敵を投げ飛ばすことを格好いいと見る節がありますが、まさに柔王丸はその印象を体現する存在だといえるでしょう。
数々の激戦を経て、大胆なリニューアルや細かい変化をしているところも見逃せないポイントです。3四郎のプラレスセンスが光り、パワーアップしていくのが柔王丸の魅力であり、物語の展開をドキドキさせてくれています。

ライバルのプラレスラーも見逃せない

柔王丸のライバルとして、激しい戦いを繰り広げたプラレスラーも本編の楽しさを語るうえでは大切な要素といえます。
敵役といえども、「格好良い」とファンから人気が高いプラレスラーも紹介していきます。
マッドハリケーン

マッドハリケーン

天才と名高い黒崎玄剛が制作したスーパーヘビー級のプラレスラーで、第1回日本プラレス選手権では、決勝戦で柔王丸と壮絶なる戦いを繰り広げました。
見た目通りで厚い装甲による耐久力が凄く、圧倒的な腕力を持ち、さらには背中のファンと足の底につけられた車輪によって高い機動性も確保されています。そして、腕が伸びることでリーチが変化するギミックも搭載しており、3四郎と柔王丸を苦しめました。

ブラッディーX

黒崎玄剛の兄弟子となる荒巻多作が、打倒・柔王丸を掲げて制作したスーパーヘビー級のプラレスラーとなります。操縦者の荒巻自身は勝つことにこだわっており、平気で卑怯な手段を用いる性格のため、自らの意志のようなものを持つブラディーXは荒巻のことを信用していませんでした。
上半身はティラノサウルスのような形態と、切り離して人型に切り替えることも可能です。
本来の試合公式ルールでは禁じられている爆薬が仕込まれており、ホバー機構をも内臓しているため、短い時間なら飛行することもできます。

エル・ウラカン

24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • おじさん世代 2020/3/1 10:17

    アニメ制作会社がカナメプロで当時流行してた金田伊功風作画のアクションシーンが格好良かったですね。いのまたむつみのキャラクターデザインも特筆すべきところ。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ガンダムの大河原邦男がメカニックデザインの「オモロイド」っていう、プラモデルがあったのを憶えていますか!?

ガンダムの大河原邦男がメカニックデザインの「オモロイド」っていう、プラモデルがあったのを憶えていますか!?

1980年代、「オモロイド」というプラモデルが発売されていました。メカニックデザインは、ガンダム等で有名な大河原邦男でした。当時は、わりと人気があったように思います。憶えていますか!?
よっちゃん | 5,504 view
「機動戦士ガンダム」の隠れキャラ的モビルスーツ!?ジオン軍の「アッグシリーズ」3種と、「ゾゴック」!!

「機動戦士ガンダム」の隠れキャラ的モビルスーツ!?ジオン軍の「アッグシリーズ」3種と、「ゾゴック」!!

ご存知、大人気の「機動戦士ガンダム」。登場ロボットのモビルスーツ、かっこいいですよね!!そのモビルスーツたちの中に、隠れキャラ的な存在のモビルスーツが4種あります。こんなモビルスーツあったの!?
よっちゃん | 34,286 view
【クイズ】ファミコン本体・周辺機器に関するクイズ!

【クイズ】ファミコン本体・周辺機器に関するクイズ!

ファミリーコンピューターが1983年に発売された後、ファミコン用の周辺機器が多く発売されました。懐かしいファミコン本体や周辺機器に関するクイズです。あなたは何問正解できるかな?
「装甲騎兵ボトムズ」手のひらサイズでクエントの闘いを再現!「アクティックギア」第2弾!!

「装甲騎兵ボトムズ」手のひらサイズでクエントの闘いを再現!「アクティックギア」第2弾!!

「アクティックギア装甲騎兵ボトムズ」のシリーズ第2弾が夏に発売するにあたり、予約受付が開始された。今回、TVシリーズの物語のラストを飾る、クエントでの戦闘をイメージしたラビドリードッグ&ベルゼルガDTの新規造形のAT2種に、「レッドショルダーカスタム」を加え、「ツヴァーク」が付属したセットになっている。
red | 2,892 view
東京ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」34年の幕を下ろす。2018年春にリニューアル!!

東京ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」34年の幕を下ろす。2018年春にリニューアル!!

東京ディズニーランドのアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」が2月末に34年の歴史に幕を下ろし、ネット上では惜しむ声が上がっている。
red | 2,773 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト