90年代後半流行ったオマケ付きチョコ菓子『キンダーサプライズ』
2017年11月11日 更新

90年代後半流行ったオマケ付きチョコ菓子『キンダーサプライズ』

1997年、お菓子メーカーのカンロより画期的な輸入菓子が販売されました。その名もキンダーサプライズ。たまご型のチョコの中に入ったおまけの種類は100種類以上。夢中になって、何個も購入したという人も多いのではないでしょうか?

2,468 view

時代を彩った食玩たち

今も昔も愛される、オマケ付きのお菓子たち。「食玩」と呼ばれるそれは、古くは1927年、グリコのキャラメルに玩具を封入したことがその起源とされ、以降、ライダーカード目当ての大量購入&大量廃棄が社会問題にまで発展した「仮面ライダースナック」や、80年代にブームとなったビックリマンシール入りの「ビックリマンチョコ」、90年代によく売られていたスーパー戦隊シリーズのソーセージなどなど、さまざまな商品が市場を賑わし、時代ごとで子供たちを夢中にさせてきました。幼少期、お母さんとスーパーに買い物へ行くたびに、これら食玩をこっそり買い物かごに入れていた方も多いのではないでしょうか?
食玩の元祖「グリコのキャラメル」

食玩の元祖「グリコのキャラメル」

1970年代に「チョコたまご」の名前で売られていた『キンダーサプライズ』

そんな国内における食玩マーケットに“黒船”が来航したのは、1997年のこと。黒船の名前は、キンダーサプライズ。イタリアのフェレロ社が製造・販売しているたまご型をしているお菓子です。

キンダーサプライズが販売開始となったのは、古く、今から40年以上前にあたる1974年のこと。たまごを割ると、中からカプセルに入ったおまけが出てくるという、その斬新な仕様が大いにウケて、本国で大ヒットした後、世界各国のスーパーマーケットの棚に並ぶようになります。
この評判は70年代に日本へも波及。“お口の恋人”でお馴染みのロッテが日本での販売権を買い付けて「チョコたまご」の名前で売られていたのですが、当時はあまり売れることなく、一旦は販売を中止しています。

お菓子メーカー・カンロが販売してから、ブームになる

しかし、1997年。ロッテが手放した販売権をお菓子メーカーのカンロが獲得してから状況は一変。積極的にテレビコマーシャルを仕掛けた甲斐もあって、瞬く間に全国的なブームとなります。「チョコにおもちゃが100種類!」というCMのうたい文句の通り、たまご型のチョコ菓子の中に入っていたオモチャは実に多種多様でした。

【CM】キンダーサプライズ(1998年)

先述した、仮面ライダースナックのライダーカードや、ヒーローもののソーセージについているフィギュアのような統一感は皆無。どちらかといえば、グリコのおまけに近いスタンスの無秩序っぷりがキンダーサプライズの特徴でした。
どんなものが入っているか想像がつかないからこそ、カプセルを空けた時の「驚き」がある…。それこそがこの食玩のウリであり、魅力だったのです。
キンダーサプライズのおまけ①

キンダーサプライズのおまけ①

キンダーサプライズのおまけ②

キンダーサプライズのおまけ②

チョコはミルク感たっぷりでクリーミーな味わいだった

オマケの入ったカプセルを包み込むたまご型のチョコレートは、ホワイトチョコを普通のチョコレートでコーティングしている二重構造になっています。ミルク感の強いホワイトチョコがベースとなっているため、ひじょうに甘くてクリーミー。個人的な所感ですが、子供向けお菓子としては、一定水準以上のクオリティだったと記憶しています。

しかし、何回か食べると飽きが来る程度の味だったのも事実。かつて、ライダースナックが、カードだけを抜き取ってスナックはゴミ箱に捨ててしまうという現象が全国で報告され社会問題となったのと同様に、このキンダーサプライズのチョコも、一部の子供たちからこっそり廃棄される憂き目に遭っていたに違いありません。
キンダーサプライズのチョコ

キンダーサプライズのチョコ

オーストラリアのヤウイ、日本のチョコエッグ…世界各国で販売された類似商品

キンダーサプライズは世界30ヶ国以上で展開される国際的なブランドであるがゆえ、その影響力も強く、類似商品も世界各国で発売されています。
代表的なのが、オーストラリアのヤウイ。カプセルには、同国に生息する動物たちが組み立て式のおもちゃとして封入されており、その種類は本家・キンダーサプライズと同じで100種類以上。
ちなみにそのオマケを保護するチョコは、ハワイとかグアムなどの海外土産でありがちなドロッとした甘ったるいテイストになっており、日本人にはちょっと受け入れがたい味かも知れません。
オーストラリアのヤウイ

オーストラリアのヤウイ

ヤウイのおまけ

ヤウイのおまけ

日本では、1999年に販売開始となったフルタ製菓の『チョコエッグ』が有名。キンダーサプライズよりも、むしろ、こちらのほうがなじみ深いという人も多いことでしょう。海洋堂に委託して製作された動物の組み立て式フィギュアは段違いのクオリティであり、同系統のオマケを入れていたヤウイなどとは比較にもならないほどでした。
フィギュアは全24種類。100種類以上のキンダーサプライズに対して「量よりも質」と言わんばかりの差別化が図られたこの商品は売れに売れて、2001年には日経優秀製品・サービス賞 日経MJ優秀賞を受賞しています。
チョコエッグのおまけ

チョコエッグのおまけ

23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

これぞタツノコ×バンダイクオリティ! タツノコプロ55周年記念アニメVer.を再現した食玩が登場

これぞタツノコ×バンダイクオリティ! タツノコプロ55周年記念アニメVer.を再現した食玩が登場

タツノコプロ55周年を記念して制作されたフル3DCGアニメ作品「Infini-T Force」より、《ガッチャマン》《キャシャーン》《テッカマン》《ポリマー》のフィギュアセットの予約受付が開始されました!
ニュースFレン | 3,672 view
女の子の憧れ!バービーとお揃いのスタイルでドレスアップが可能に!!

女の子の憧れ!バービーとお揃いのスタイルでドレスアップが可能に!!

阪急うめだ本店・4階コトコトステージ41にて、永遠のファッションアイコン「バービー」とお揃いのドレスアップスタイルが可能となるアイテムを販売します。期間は11月15日から11月28日まで。
隣人速報 | 494 view
国宝と現代フィギュアの融合!海洋堂が手掛ける「鳥獣戯画」のフレーム切手セットが受注開始!

国宝と現代フィギュアの融合!海洋堂が手掛ける「鳥獣戯画」のフレーム切手セットが受注開始!

株式会社ワキプリントピアが提供する「海洋堂美術作品立体図鑑『鳥獣戯画』フレーム切手セット」が、全国の郵便局及び郵便局のネットショップにて申込み受付を開始!海洋堂の精巧なフィギュアを楽しみたい方は要チェック!
隣人速報 | 667 view
【80年代】ファミコンチョコって憶えてる?【ロッテ】

【80年代】ファミコンチョコって憶えてる?【ロッテ】

すぐにでも家に帰ってファミコンがしたかった80年代ファミコンブーム。キャラクター消しゴムを筆箱に忍ばせて退屈な授業を乗り切った思いの人は少なくないよね
明星のチャルメラとリカちゃんがコラボ!リカちゃんのおばあちゃんから教わった味をカップ麺で再現!

明星のチャルメラとリカちゃんがコラボ!リカちゃんのおばあちゃんから教わった味をカップ麺で再現!

明星食品を代表する即席麺「チャルメラ」とタカラトミーの着せ替え人形「リカちゃん」がコラボすることが分かった。5月1日に「明星 チャルメラカップ リカちゃんヌードル オニオングラタン味」と同「ポトフ味」を発売する。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト