思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第14回 ポルノ映画出演から大スターへ、『シルベスター・スタローン物語』!
2018年7月31日 更新

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第14回 ポルノ映画出演から大スターへ、『シルベスター・スタローン物語』!

年齢を重ねてもなお、我々ミドルエッジ世代の男たちの心を燃え立たせる映画を作り続けてくれている男、シルベスター・スタローン。実はロッキーを越える数奇な人生を送ってきたスタローン。果たして、この伝記マンガに描かれたその苦労と挑戦の歴史とは?

2,047 view
ミドルエッジ世代にとって、シュワちゃんと肩を並べる大スターと言えば、そう、シルベスター・スタローン!
シルベスター・スタローン

シルベスター・スタローン

芳賀書店 デラックスカラーシネアルバム 表紙
アカデミー賞受賞作『ロッキー』はもちろん、その後に続く『ランボー』シリーズや、近年においても人気シリーズ『エクスペンダブルズ』に出演するなど、年齢を重ねてもなお、我々ミドルエッジ世代の男たちの心を燃え立たせる映画を作り続けてくれている男、シルベスター・スタローン。
『ランボー』ブルーレイ

『ランボー』ブルーレイ

あまりに多いその出演作品の中には、確かに興業成績や評価的には不発に終わった物も数多く存在する。
だが、彼の下積み時代の苦労が正にロッキーそのものであるなど、映画スターや映画監督の分野だけでなく、もはや彼の生き方そのものが、我々ミドルエッジ世代の男にとっての手本となっているのは間違いない。
そこで今回紹介するのは、比較的最近になって発表された彼の伝記漫画、『シルベスター・スタローン物語』だ。
『ロッキー』誕生にまつわるエピソードは良く知られているスタローンだが、彼の出生にまつわるエピソードや子供時代、そして映画界に入るまでの経緯や彼の女性関係など、プライベートな部分に関してはあまり知られていないのではないだろうか。実はロッキーを越える数奇な人生を送ってきたスタローン。果たして、この伝記マンガに描かれたその苦労と挑戦の歴史とは?

『シルベスター・スタローン物語』概略

コミックスの表紙

コミックスの表紙

実は本作は雑誌に掲載された物ではなく、2012年に単行本として出版された。作者は水木繁先生。単行本一冊分の濃い内容でスタローンの人生を描き出した本作の他にも、ブルース・リーやジャッキー・チェンなどのアクションスターの伝記漫画が同じシリーズで刊行されている。
ただ、主にコンビニで販売されていた単行本のため、販売期間自体が短く店頭から消えた後は入手が困難になる物が多い。そのため、入手するなら古書店よりもアマゾンの出品をチェックするのがオススメだ。

『シルベスター・スタローン物語』内容紹介

本作の扉絵

本作の扉絵

出生時の知られざる秘密!

出生時の知られざる秘密!

後遺症のために、イジメられていたスタローン。

後遺症のために、イジメられていたスタローン。

実はこの伝記マンガは、いきなり衝撃的な事実で幕を開ける。
出産時の医師のミスにより顔面神経を傷つけられてしまったため、生まれた時には既に左の顔面がマヒ状態だったスタローン。あの特徴的な喋り方と口元には、こんな悲しい事件が隠されていたのだった。
役者としては致命的な欠点を持ちながら、それでも若き日のスタローンは役者への夢を追って単身ニューヨークへと旅立つことになるのだが・・・。
自身の夢である俳優になるため、単身ニューヨークへ!

自身の夢である俳優になるため、単身ニューヨークへ!

生活のためにポルノ映画に出演!

生活のためにポルノ映画に出演!

ニューヨークの場末のアパートで厳しい生活をしながらも、僅かに残ったお金で脚本執筆用のノートと筆記具を買ったスタローン。生活のために選んだ仕事は、なんとポルノ映画の男優!後に彼がロッキーでブレイクしてから、この彼にとっての黒歴史作品は「イタリアの種馬」のタイトルで再発売されてしまうことに・・・。
『ロッキー』の脚本を書き上げる!

『ロッキー』の脚本を書き上げる!

自分を安売りしなかった、スタローン!

自分を安売りしなかった、スタローン!

どん底の暮らしの中でも、決して夢を諦めなかったスタローン。
ある日見に行った(テレビで見ていたとの説もあり)ボクシングのタイトルマッチ、モハメド・アリVSチャック・ウェプナー戦に感動した彼は、三日間寝ずに脚本を書き上げる。その脚本こそ、後に彼を大スターへと導くあの『ロッキー』の脚本だったのだ。
早速、完成した脚本をエージェントに持ち込んだスタローン。ところが映画会社側は脚本には興味を示したものの、主演に有名スターを起用する方針だった。高額の脚本料を提示されても、自身が主役を演じる要求を決して曲げなかったスタローン。結果的に高額の脚本料は得られなかったが、見事に主役をゲット!目先の金銭よりも将来の希望に賭けた彼の選択が正しかったことは、後の大ヒットが証明してくれている。
中々『ロッキー』のイメージから抜け出せないスタローン。

中々『ロッキー』のイメージから抜け出せないスタローン。

28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第15回 路上からVシネの帝王へ!『実録・哀川翔物語』

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第15回 路上からVシネの帝王へ!『実録・哀川翔物語』

"Vシネマの帝王"と言えば、やはり哀川翔。一世風靡セピアでデビューしながらも、紆余曲折ありながらたどり着いた生きる場所としてのVシネマ。現在のバラエティ番組では見られない哀川翔の伝説をコミカライズで堪能しよう!
滝口アキラ | 2,589 view
思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第13回  ローリング・ドリーマー!『ジャンボ鶴田物語』

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第13回 ローリング・ドリーマー!『ジャンボ鶴田物語』

プロレスファンの中で今でも最強レスラーの呼び声が一番高いのは、やはりこの人「ジャンボ鶴田」。ジャンボ鶴田が生きていれば、プロレス界の構図も今とはガラッと違っていたのではと思わせるほどの逸材でした。豪快でありながら華麗なファイトで一時代を築いた正統派レスラー、「ジャンボ鶴田物語」を紹介します!
滝口アキラ | 2,229 view
思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第12回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』80年代編

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第12回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』80年代編

プロレスラーの象徴ともいえる「アントニオ猪木」前回は、新日本プロレス旗揚げ直後の1974年に、「別冊少年チャンピオン」に掲載された伝記漫画をとりあげたが、今回はタイガーマスクの登場に沸いた1980年代のプロレスブーム期に発表された、『実録まんが・アントニオ猪木』を振り返ってみよう。
滝口アキラ | 1,585 view
思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第11回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』70年代編

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第11回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』70年代編

金曜夜8時「ワールド・プロレスリング」で繰り広げられた、数々の名勝負が記憶に刻み込まれているプロレス、そしてアントニオ猪木。過去に何度も発表されているアントニオ猪木の自伝漫画化の中から、70年代に発表された漫画『アントニオ猪木物語』をご紹介。
滝口アキラ | 1,452 view
思い出の「昭和有名人マンガ劇場」:第10回 ルーマニアの白い妖精『コマネチ物語』!

思い出の「昭和有名人マンガ劇場」:第10回 ルーマニアの白い妖精『コマネチ物語』!

僅か14歳ながら、モントリオール・オリンピックの大舞台で次々と10点満点を連発し、最年少での個人総合優勝を果たしたナディア・コマネチ。「白い妖精」と呼ばれたその姿は、今でも覚えている人は多いでしょう。今回はそのナディア・コマネチの伝記漫画である『コマネチ物語』を紹介します!
滝口アキラ | 1,050 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト