【少女に何が起ったか】キョンキョンが弾いた!?ドラマで実際に使われたピアノ曲集
2022年9月26日 更新

【少女に何が起ったか】キョンキョンが弾いた!?ドラマで実際に使われたピアノ曲集

『少女に何が起ったか』は1985年の大映ドラマで、当時トップアイドルだった小泉今日子が主演し、話題になりました。ドラマの舞台は音楽大学のピアノ科。劇中では、レッスンや練習のシーンで、多くの有名ピアノ曲が演奏されています。今回は、実際に演奏シーンのあったピアノ曲全9曲を紹介し、それにまつわるエピソードを振り返ります。

927 view

華麗なる大円舞曲(ショパン)

華麗なる大円舞曲 変ホ長調 (作曲:フレデリック・ショパン)

野川雪(演:小泉今日子)が上京して、初めて東音楽大学を訪れた時、練習室で大津助教授(演:辰巳琢郎)が演奏していたのがこの曲です。雪と大津は、この時が初対面。大津の華麗な指さばきに見とれる雪ですが、最初は大津に邪魔者扱いされます。そのすぐ後に、東美津子(演:賀来千香子)とその取り巻きが登場。ここから、"雪と大津の関係に嫉妬する美津子" という構図が始まります。

華麗なる大円舞曲 - ショパン- Grande Valse brillante Op.18-Chopin-クラシックピアノ-Classic Piano-CANACANA

トルコ行進曲(モーツァルト)

ピアノソナタ第11番 イ長調 第3楽章「トルコ行進曲」(作曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト)

大津の提案で、東音楽大学に新設された特待生制度。その編入試験の課題曲となったのがこの曲です。自分は格が違うのよと言わんばかりに、美津子が候補生の目の前で本曲を演奏。その実力を目の当たりにし、雪も他の候補生も自信をなくしますが、大津に鼓舞されて練習に励みます。大津の特訓が奏功し、雪+5人が見事合格。晴れて、東音楽大学の特待生となります。

トルコ行進曲/モーツァルト/Turkish March/Mozart/ピアノ-Piano/CANACANA

ワルツ第7番(ショパン)

ワルツ第7番 嬰ハ短調(作曲:フレデリック・ショパン)

ことごとく雪を目の敵にする美津子。美津子が雪に暴言を吐いたことで、特待生が怒り心頭に発し、美津子と取り巻き連中を引っぱたいてしまいます。雪は手を出さなかったものの、連帯責任で特待生全員が無期停学処分に。これには大津も反発し、自ら休職宣言します。そんな特待生と大津のいなくなった静かな授業で、美津子が弾いていたのがこの曲です。

Chopin - Waltz Op. 64 No. 2 (Rubinstein)

ハンガリー舞曲第5番(ブラームス)

ハンガリー舞曲第5番 嬰ヘ短調(作曲:ヨハネス・ブラームス)

無期停学になった特待生と、休職宣言した大津大津は大学の許可なく寮に乗り込んで、手弁当で特待生にレッスンを行います。その時のレッスン曲がこの曲です。大津は「この曲を弾きこなすには、まずブラームスが魅了された "ジプシーの踊り" を知らないとダメだ」と言って、特待生に踊りを指南します。その様子を見ていたのが美津子。ピアノ科の教授である父、東久之(演:長門裕之)と理事長である叔母、節子(演:辺見マリ)に告げ口します。

Caroline Clipsham - Brahms Hungarian Dance No. 5 for Piano

革命のエチュード(ショパン)

練習曲第12番 ハ短調「革命」(作曲:フレデリック・ショパン)

ドラマ前半のクライマックス、日本ピアノコンクール予選。その課題曲となったのがこの曲「革命」です。ドラマを通して、最も多く演奏されました。雪が自分の父と信じる "東雪彦" が同じコンクールで優勝した時の課題曲でもあり、雪にとって最も思い入れのある曲です。

「革命」は、左手の高速なパッセージが特徴的で、雪はテンポやリズムがうまく取れず苦労します。また、東家の人間からの執拗ないじめで、家のピアノに鍵をかけられたり、病気の学長を一日中看病させられたり、思うように練習ができません。夜中の12時になれば、雪の正体を暴こうとする刑事(演:石立鉄男)がやってきて「薄汚ねぇシンデレラ」と言って邪魔される始末。しかし、大津の特訓、特待生の応援、謎の男(演:宇津井健)の支えのおかげで、なんとかコンクール予選に間に合わせます。

コンクール予選では、雪と美津子が同点の第1位学長(演:松村達雄)は、本戦で雪が勝ったら東雪彦の娘 "東雪" と認める、美津子が勝ったら大津との結婚を許可する、と約束します。本戦は、二人の一騎打ちです。

革命のエチュード - ショパン - 高音質 - Etude Op.10 No.12 - Chopin - ピアノ - piano - CANACANA

結婚行進曲(ワーグナー)

オペラ「ローエングリン」より「結婚行進曲」(作曲:リヒャルト・ワーグナー)

特待生たちは、学長が「美津子と雪でコンクールに勝った方を大津と結婚させる」と言っていたという話を聞きつけ、勝手に大盛り上がり。特待生の一人がピアノでこの曲を演奏し、残りが雪に髪飾りをつけて歌って祝福します。しかし、最後は大津にたしなめられて終了。普段の練習に戻ります。

ワーグナー:結婚行進曲 ピアニスト 近藤由貴/Wagner: Lohengrin "Wedding March" Piano Solo, Yuki Kondo

軍隊行進曲(シューベルト)

軍隊行進曲第1番 ニ長調(作曲:フランツ・シューベルト)

連弾のレッスンで、一般学生の代表特待生の代表一緒に連弾することになります。弾いたのはもちろん、美津子と雪。そのレッスン用の題材となったのが、この有名なピアノ連弾曲です。

ところが、二人が弾き始めると、美津子の弾く低音側にカミソリの刃を発見!その刃を買ったのが雪という目撃証言があり、雪は警察に連行されます。実はこれは美津子の父、久之の仕掛けたワナで、カミソリの刃は久之の依頼で雪が買ったものでした。そのやり取りを見ていた美津子になんとか証言してもらい、事なきを得ます。
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

河合奈保子の名曲「けんかをやめて」が新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』でフィーチャーされ大反響!!

河合奈保子の名曲「けんかをやめて」が新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』でフィーチャーされ大反響!!

80年代にトップアイドルとして活躍した河合奈保子が1982年にリリースした「けんかをやめて」が、新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』内で使用され、大反響となっています。
隣人速報 | 281 view
ミスマガジンがついに40周年!「ミスマガジン2022」にて史上初となる“2人”のグランプリが誕生!!

ミスマガジンがついに40周年!「ミスマガジン2022」にて史上初となる“2人”のグランプリが誕生!!

講談社より、今年で40周年を迎えた「ミスマガジン2022」のグランプリのほか、ミスヤングマガジンやミス週刊少年マガジン、読者特別賞、審査員特別賞の受賞者が発表されました。
隣人速報 | 1,333 view
ミニスカ美脚が眩しい!ピンク・レディーの未唯mie(64)と早見優(56)が「渚のシンドバッド」でコラボ!!

ミニスカ美脚が眩しい!ピンク・レディーの未唯mie(64)と早見優(56)が「渚のシンドバッド」でコラボ!!

70年代後半に絶大な人気を誇ったアイドルデュオ「ピンク・レディー」の未唯mie(64)がこのたび、自身のインスタグラムにて早見優(56)との2ショットを披露し「渚のシンドバッド」でコラボしたことを明かしました。
隣人速報 | 284 view
まるでウェディングドレス!南野陽子(55)が純白のドレス姿で美魔女っぷりを披露!最近の活動もご紹介!!

まるでウェディングドレス!南野陽子(55)が純白のドレス姿で美魔女っぷりを披露!最近の活動もご紹介!!

80年代を代表するアイドルの一人で、現在は女優として活躍する南野陽子(55)がこのたび、自身のインスタグラムにてウェディングドレスのような純白ドレス姿を披露し、ファンを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 1,423 view
「かつて大変お世話になりました」かとうれいこ(53)が20代の頃のグラビアショットを公開!!

「かつて大変お世話になりました」かとうれいこ(53)が20代の頃のグラビアショットを公開!!

かつてグラビアアイドルとして一世を風靡し、現在はタレントとして活動するかとうれいこ(53)がこのたび、自身のインスタグラムにて20代の頃に撮影したグラビアを披露し、ファンを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 7,260 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト