【Helloween】のアルバム『Keeper Of The Seven Keys Part Ⅰ&Ⅱ』を振り返る
2017年6月15日 更新

【Helloween】のアルバム『Keeper Of The Seven Keys Part Ⅰ&Ⅱ』を振り返る

この記事では、【Helloween】の2nd&3rdアルバム『Keeper Of The Seven Keys Part Ⅰ&Ⅱ』に焦点を当てたいと思います。

821 view

Helloweenについて

Helloween(1988)

Helloween(1988)

Kai Hansen - (Vo,G)
Michael Ingo Joachim Weikath - (G)
Michael "Michi" Kiske - (Vo)
Markus Grosskopf - (B)
Ingo Schwichtenberg - (Ds)
1984年にドイツのハンブルクで結成されたパワーメタルバンド。現在のパワー・メタル(メロディックスピードメタル)のサウンドとイメージを作り上げ、このジャンルの先駆者として知られる。バンド名は、当時メンバーだったインゴ・シュヴィヒテンバーグが映画『ハロウィン』からとったもの。スペルをHalloweenではなくHelloweenにしたのは、メタルっぽくHell(地獄)を入れようとベーシストのマーカス・グロスコフが提案したからだという。
Helloweenはまさにジャーマンメタルの雄。
数々の名曲を残していますが、私にとっては青春時代に聴いたMichael Kiskeがベストボーカルです。

Keeper Of The Seven Keys Part Ⅰ&Ⅱとは

Keeper Of The Seven Keys Pa...

Keeper Of The Seven Keys Part Ⅰ

1. Initiation
2. I'm Alive
3. A Little Time
4. Twilight Of The Gods
5. A Tale That Wasn't Right
6. Future World
7. Halloween
8. Follow The Sign
Keeper Of The Seven Keys Pa...

Keeper Of The Seven Keys Part Ⅱ

1. Invitation
2. Eagle Fly Free
3. You Always Walk Alone
4. Rise and Fall
5. Dr. Stein
6. We Got the Right
7. March of Time
8. I Want Out
9. Keeper of the Seven Keys
10. Save Us
11. Savage
12. Livin' Ain't No Crime
13. Don't Run for Cover
14. Dr. Stein (Remix)
15. Keeper of the Seven Keys (Remix)
ボーカルにマイケル・キスクを迎えて制作された最初のアルバム。キスクのソフトなオペラ風のボーカルにより、元々あった叙情的な音楽性が飛躍的に変化した。キスクは曲作りを行うなど、バンド内での存在感を早くも誇示している
Michael Kiskeの起用で、爆発的に人気を得たアルバム。
多くの方は日本の商業的な問題で、Part Ⅱから入ったのはないでしょうか?
Part ⅠもⅡもかなり力の入った作品が多く、往年のHelloweenファンでなくても魅力的に感じる代表作が盛り沢山のアルバムでしたね!
懐かしいにも程がある(笑)

おすすめ厳選5曲!

盛り沢山のPart ⅠとⅡから、5曲を選曲してみました。
基準は単純に、私が聴きまくっていた曲達です(笑)

それでは「Future World」「Eagle Fly Free」「Rise and Fall」「Dr. Stein」「I Want Out」の5曲を振り返ってみたいと思います(^^)/

Future World

Helloween - Future World

作詞・作曲:Kai Hansen
もうイントロが始まっただけで気が狂いそうになるこの曲!
ソロではちゃんと気が狂いますよね(笑)
もう我を忘れてしまいます。

Eagle Fly Free

Eagle Fly Free - Helloween (Michael Kiske)

作詞・作曲:Michael Ingo Joachim Weikath
壮大な曲調であると当時に、激しさもあり、なんとも名曲だと思いました。
ここまで激しい曲調なのに、聴かせるんだすよねぇ・・・
懐かしいです。ほんとに懐かしい・・・ 散々聴きましたよ(^^)

Rise and Fall

Helloween - Rise and Fall

作詞・作曲:Michael Ingo Joachim Weikath
この曲ははじめ、全然ハマらなかったんですよねぇ
それがアルバムを通して聴いてる内に、なんて良い曲なんだ!って感じ方が変わったのをよく覚えています。

Dr. Stein

Helloween - Dr. Stein

作詞・作曲:Michael Ingo Joachim Weikath
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ルナ先生、やるっきゃ騎士、みんなあげちゃうなども網羅!『ラブコメヒロイン大解剖 80´s 少年マンガ編』が好評発売中!

ルナ先生、やるっきゃ騎士、みんなあげちゃうなども網羅!『ラブコメヒロイン大解剖 80´s 少年マンガ編』が好評発売中!

三栄書房より、80年代に登場したラブコメ漫画のヒロインを特集したムック『ラブコメヒロイン大解剖 80´s 少年マンガ編』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 1,584 view
皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

学校を休まず毎日通い続けることで貰える「皆勤賞」。皆勤賞を目指して毎日頑張る子供たちも多くいるかと思いますが、このたびの新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「皆勤賞って本当に必要か?」という疑問の声が各所から上がっています。
隣人速報 | 2,517 view
X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI(54)が、28年ぶりとなるオール撮りおろし写真集『XY』を発売することが決定しました。
隣人速報 | 211 view
還暦を迎えてもピカピカに光る!宮崎美子(61)が40年ぶりにビキニ姿に挑戦!!

還暦を迎えてもピカピカに光る!宮崎美子(61)が40年ぶりにビキニ姿に挑戦!!

女優・タレントとして活躍する宮崎美子(61)がこのたび、自身の芸能人生初となるカレンダーを発売し、40年ぶりにビキニ姿を披露することが明らかとなりました。
隣人速報 | 12,963 view
【訃報】「きまぐれオレンジ☆ロード」で知られる漫画家・まつもと泉さん死去。

【訃報】「きまぐれオレンジ☆ロード」で知られる漫画家・まつもと泉さん死去。

漫画「きまぐれオレンジ☆ロード」の作者として知られる漫画家・まつもと泉さんが、脳脊髄液減少症のため10月6日に亡くなっていたことが明らかとなりました。61歳でした。
隣人速報 | 3,357 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト