【悲劇のナンバー2】全米シングルチャートで1位になれなかった連続2位記録
2022年8月1日 更新

【悲劇のナンバー2】全米シングルチャートで1位になれなかった連続2位記録

ヒットチャートで、タイミングが悪かったばかりに2位止まりに終わる曲はたくさんあります。しかも、それが何週も連続してとなると、もう不運としか言いようがない。そんな悲劇のナンバー2の中から、今回は、全米シングルチャートで6週以上連続で2位となった曲を、80〜90年代に限定してご紹介します。

579 view

【6週連続】オール・アイ・ワナ・ドゥ

シェリル・クロウ(Sheryl Crow)『オール・アイ・ワナ・ドゥ(All I Wanna Do)』は、1994年10月8日から6週連続で2位を記録しました。

ボーイズIIメン(Boyz II Men)『メイク・ラヴ・トゥ・ユー(I'll Make Love To You)』の14週ナンバーワンと時期が重なり、2位止まりに終わっています。

しかし、チャートの結果とは対照的に、1995年に行われた第37回グラミー賞では、最優秀レコード賞、最優秀新人賞、最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞の計3部門を受賞。新人アーティストながら、いきなりの快挙を果たしました。

Sheryl Crow - All I Wanna Do (Official Music Video)

【6週連続】サムタイムズ・ラヴ・ジャスト・エイント・イナフ

パティ・スマイス&ドン・ヘンリー(Patty Smyth and Don Henley)『サムタイムズ・ラヴ・ジャスト・エイント・イナフ(Sometimes Love Just Ain't Enough)』は、1992年9月26日から6週連続で2位を記録しました。

同年の年間1位となった、ボーイズIIメン(Boyz II Men)『エンド・オブ・ザ・ロード(End Of The Road)』が13週連続でナンバーワンの座に君臨し、結局一度も超えることはできませんでした。

一方、カナダのシングルチャートでは、7週連続ナンバーワンとなり、1992年最も売れたシングル曲に選ばれています。

Patty Smyth ft. Don Henley - Sometimes Love Just Ain't Enough (Official Video)

【6週連続】オープン・アームズ

ジャーニー(Journey)『オープン・アームズ(Open Arms)』は、1982年2月27日から6週連続で2位を記録しました。

J・ガイルズ・バンド(The J. Geils Band)『堕ちた天使(Centerfold)』が6週連続ナンバーワン、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ(Joan Jett and The Blackhearts)『アイ・ラヴ・ロックン・ロール(I Love Rock 'n' Roll)』が7週連続ナンバーワン、この2曲で計13週ものナンバーワンの壁を作られ、2位止まりに終わっています。

しかし、本曲は、"最も美しいバラード"、"最も優れたラブソング"などと称され、後に、バリー・マニロウ(Barry Manilow)ボーイズIIメン(Boyz II Men)セリーヌ・ディオン(Celine Dion)マライア・キャリー(Mariah Carey)など、多くのアーティストによってカバーされています。

Journey - Open Arms (Official Video - 1982)

【8週連続】ノーバディズ・サポーズド・トゥ・ビー・ヒア

デボラ・コックス(Deborah Cox)『ノーバディズ・サポーズド・トゥ・ビー・ヒア(Nobody's Supposed To Be Here)』は、1998年12月5日から8週連続で2位を記録しました。

セリーヌ・ディオン&R・ケリー(Celine Dion and R. Kelly)『アイム・ユア・エンジェル(I'm Your Angel)』に6週間ナンバーワンの座を阻まれた後、さらに、ブランディ(Brandy)『ハヴ・ユー・エヴァー?(Have You Ever?)』に2週連続でトップの座を奪われ、2位止まりに終わっています。

一方、R&B/Hip-Hopチャートでは、14週連続ナンバーワンとなり、当時の新記録を樹立。1999年の年間シングルチャートでは、第9位を記録しています。

Deborah Cox - Nobody's Supposed To Be Here (Official Video)

【9週連続】ラヴ・オールウェイズ

ダナ・ルイス(Donna Lewis)『ラヴ・オールウェイズ(I Love You Always Forever)』は、1996年8月24日から9週連続で2位を記録しました。

世界的に大ブレイクした、あのロス・デル・リオ(Los del Río)『恋のマカレナ(Macarena)』が14週連続でナンバーワンの座に君臨し、結局一度も超えることはできませんでした。

しかし、そのキャッチーなメロディーから大衆に親しまれ、アメリカではオンエア回数が100万回を超えた史上初の楽曲となりました。1996年の年間シングルチャートでは、第8位を記録しています。

英国ウェールズ出身のアーティストとしては、ボニー・タイラー(Bonnie Tyler)以来の大ヒット曲となりました。

Donna Lewis - I Love You Always Forever (Official Music Video)

【10週連続】ガール・ライク・ユー

フォリナー(Foreigner)『ガール・ライク・ユー(Waiting For A Girl Like You)』は、1981年11月28日から10週連続で2位を記録しました。

オリビア・ニュートン=ジョン(Olivia Newton-John)『フィジカル(Physical)』に9週間ナンバーワンの座を阻まれた後、10週目でついに『フィジカル』を追い抜きますが、ホール&オーツ(Hall & Oates)『アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット(I Can't Go For That (No Can Do))』に追い抜かれ、最後のチャンスを逃してしまいます。

その2年後の1984年、フォリナーは『アイ・ウォナ・ノウ(I Want To Know What Love Is)』で悲願のナンバーワンを果たしています。

Waiting for a Girl like You

ナンバーワン曲に負けず劣らずの名曲

今回は、連続2位にこだわってご紹介しましたが、断続的なものも含めると、シャイ(Shai)『イフ・アイ・エヴァー・フォール・イン・ラヴ(If I Ever Fall in Love)』が1992年にトータル8週間シャナイア・トゥエイン(Shania Twain)『スティル・ザ・ワン(You're Still The One)』が1998年にトータル9週間、という記録があります。

冒頭で "悲劇のナンバー2" と表現しましたが、実際にはグラミー賞を受賞していたり、年間チャートで上位にランクインしていたり、多くのアーティストにカバーされていたりと、ナンバーワン曲に負けず劣らずの歴史的名曲になっています。チャートがすべてではありませんが、こんなユニークな記録の中から、名曲探しをするのも楽しいかもしれません。
21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【洋楽編】愛すべきワン・ヒット・ワンダー(一発屋)のその他の曲をまとめてみた

【洋楽編】愛すべきワン・ヒット・ワンダー(一発屋)のその他の曲をまとめてみた

80年代・90年代を彩った個性豊かな愛すべきワン・ヒット・ワンダー(一発屋)の皆さん。それはまるで花火のように一瞬の出来事!今回はそんな彼らの特大ヒット以外のその他の楽曲に注目してみたいと思います。
mm | 673 view
【1996年洋楽】みんな知ってるあの曲も!一発屋アーティストと唯一のヒット曲5選

【1996年洋楽】みんな知ってるあの曲も!一発屋アーティストと唯一のヒット曲5選

ある一時期だけ活躍したアーティスト、一曲だけ売れたアーティストを、日本語では「一発屋」と言いますが、英語でも同じ意味で「ワンヒットワンダー(One Hit Wonder)」という言葉があります。今回は "1996年" にフォーカスして、全米でヒットした一発屋(ワンヒットワンダー)5選をご紹介します。日本でも大ブレイクした "あの曲" も登場します。
izaiza347 | 536 view
【80's洋楽チャート】1986年5月17日付トップ10!1位はホイットニー・ヒューストン!

【80's洋楽チャート】1986年5月17日付トップ10!1位はホイットニー・ヒューストン!

ベストヒットUSAや地上波MTV・・・お茶の間に洋楽が浸透していた80年代半ば頃、全米シングル・チャート上位にランクインした楽曲及びアーティストは、日本でもメジャーな存在でした。聴くと思わず青春時代が蘇ってくる、懐かしいあの頃のチャートを思い出してみましょう!※順位はBillboardのHot100シングル・チャート
Gaffa | 2,709 view
【80's洋楽チャート】1984年4月7日付トップ10!1位は映画フットルースの主題歌!

【80's洋楽チャート】1984年4月7日付トップ10!1位は映画フットルースの主題歌!

ベストヒットUSAや地上波MTV・・・お茶の間に洋楽が浸透していた80年代半ば頃、全米シングル・チャート上位にランクインした楽曲及びアーティストは、日本でもメジャーな存在でした。聴くと思わず青春時代が蘇ってくる、懐かしいあの頃のチャートを思い出してみましょう!※順位はBillboardのHot100シングル・チャート
Gaffa | 9,277 view
【洋楽カバー】80年代は洋楽の日本語カバーがたくさん!オリジナルはどんな曲?第2弾!

【洋楽カバー】80年代は洋楽の日本語カバーがたくさん!オリジナルはどんな曲?第2弾!

日本のポピュラー音楽は、時代とともに多様化し、今日までに様々なジャンルが誕生しました。その一因とも言えるのが、洋楽の日本語カバー。今回は、1980年代のカバー曲ブームにフォーカスして、当時ヒットした洋楽カバーと、その元となった楽曲を8選ご紹介します。2022年の記事に続く第2弾です。
izaiza347 | 816 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト