DDTプロレス高木三四郎「90sナイトライフ回想録」第5回-渋谷騒然!?愛ちゃんのバレンタイン企画-
2018年4月22日 更新

DDTプロレス高木三四郎「90sナイトライフ回想録」第5回-渋谷騒然!?愛ちゃんのバレンタイン企画-

本コラムは人気プロレス団体「DDTプロレス」社長兼レスラーとして君臨する高木三四郎がプロレス業界に足を踏み入れる以前、名うてのイベンターとして活躍していた90年代の若き日を赤裸々に語るコラム。回想する風景にはバブル期のTV局や90年代東京のナイトライフを彩ったディスコやクラブ、そして当時の煌びやかな人間模様まで描かれる!90年代に東京のナイトライフを経験した読者のみなさん、もしかしたら高木社長と意外な接点があったかもしれませんよ!?

2,651 view
ええ、まずは僕が「すいませ~ん」って渋谷警察署に行ったんですよね。このイベントは道路使用許可の話だったんで交通課に回されました、渋谷警察署の。
で、担当の方に尋ねたら「公園を起点にして回って、公園を終点にしてもらえばいいです」って。

企画詳細を聞かれたので

「モテない男性たちに女性タレントがチョコレートを配るっていうことをやりたいんです」
「コレ、テレビの企画ですか?」
「いや、違います。ほとんど慈善事業です」

「僕らモテない男なんで、世の中のモテない男性に向けてそういうことをやりたいんですよね!」って。最初はやはり「ムムム~、いやあ~」と言われたんですけどね。

「おまわりさん!わかってくださいよ!」
「やっぱりモテない男の人たちに元気を与えるべきじゃないですか!?」

って、もうメチャクチャ適当なことを言って(笑
ちなみに飯島愛とは一言も言わなかったんです。女性タレントとしか。だってTバックとか言っちゃったらオッケー出ないもん、だから女性タレントで。

で「じゃあ高木君の言う事も分かったから、ちょっと検討しますよ」と。そしてオッケーが出たんですよ。もちろん書類を用意してパレード申請を提出しました。そして「じゃあ当日は警官が付くからね」って。「ああ、ありがとうございます!!」ってなって迎えた当日です(笑

1000人に「愛」のキューピッド

もちろん、すぐに愛ちゃんの事務所社長に許可が出たことを伝えました。
すると社長も大ハリキリで「ちょっとマスコミにリリース出すから!」って。
そしたらナント20社くらい来ることになって、そのうちのひとつがなぜかCNNだった(笑。

愛ちゃんの右に外人カメラマンが写っていますよね、これCNNです。なぜか日本のバレンタインイベントの特集したいって、来たんです。

女性が中心のバレンタインデーイベント!これはもう当時画期的だったんですよね。
ーたしかに、外人カメラマンが愛ちゃんの正面でカメラ構えています(笑

さあ、パレード開始です!

ーオープンカーから直接、愛ちゃんが配って回ったんですか?
そうです、車に乗って。
これも今なら絶対ありえないんですけど、愛ちゃんはチョコを思いっきりバラまいていたんですよ。で、おまわりさんに見つかって「それはダメだよ!ゴミすてちゃ!」って一回怒られて。

でも絵的にはその方がいいじゃないですか。だから、おまわりさんが前を向いているときにこっそり「バ~~ッ!!」とバラまいて。

申請した企画内容では、並走して歩くアシスタントの女の子達が一個一個配るっていう形をとったんです。ロールスロイスに乗っている子が直接渡すことは出来ないといわれてたんで。でも絵的には欲しいんで「バ~~ッ!!」とバラまいてるところを撮っていました。
ーヤ、ヤンチャすぎですね(汗
ええ、メチャクチャでした。しかも途中で止まったんです、たしかマルイの前で。

マルイをバックに愛ちゃんがTバックのナイスポージング!

ーこのポーズ、マルイをバックに撮ってるんですね!
いや、実は複数個所でやったんです。パレード後半、渋谷の交差点辺りになるともうえらい騒ぎになっちゃって…。

でもマルイの前で停車してTバック出したら取材陣もブワッと。それはもうシャッターチャンスですからギャラリーも「何が起きたんだ?」って感じでブワ~~ッと集まって、しかもおかまいなしに撮らせちゃって。

で、警官にココで一回怒られるわけです。

「なんでケツ出してんだよ!?」

「ダメだよ!こんなところで止まっちゃあ!」って。そして次には「なんでケツ出してるんだよ!?」って(苦笑。

「スンマセンスンマセン!」ってもう、そんなノリでしたよ。「スンマセンスンマセン!」って言って「何やってんだよ!ダメだよ!」って言って怒られて、それでも渋谷の交差点に差し掛かる頃には最高潮に達していたのでもう一回交差点で止まろうとしたんですけど、それは流石に察知されて。

「お前、ココで止まったら逮捕するからな!」

おまわりさんに真顔で言われました…。

「スイマセ~~ン!」って「ダメだ、無理無理無理!!」。
もうパレード後半は完全におまわりさんが怒ってて。結局ベストショットはマルイの前だけでした。でもホントこの一瞬に賭けたというか、ハイ。

「高木君、署まで同行願えるかな?」

道路交通法的にはチョコを投げたところと、お尻を出したってところがダメというか怒られるところだったようで…。
あと取材陣の数は事前に伝えてなかったんですよ。だから「単純にモテない男に配るだけって言ってたじゃん!あの取材陣は何だよ!」って言われて。「いやー、来ちゃったんですよ」って(笑

いや、いい時代というかまあ緩かった。いや、緩くはなかったんですけど。
で、事務所の社長はホクホクで愛ちゃんもご機嫌で帰っていった後、おまわりさんが「高木くん、ちょっと言ってることが違いすぎるよ」「署まで同行願えるかな?」って。

その後、交通課に連れていかれておよそ1時間の説教でした。「本来なら君はイベント中止して逮捕されてもおかしくないんだよ?」って。「だけど君はまだ学生だし、5年生だけど学生だし、まあ理解はしているから、厳重注意で終わらせるけど」って…。

痛快だった翌朝の新聞見出し

そりゃもう結局、飯島愛は当時のカリスマ。その愛ちゃんに渋谷のど真ん中で堂々とケツ出してもらいましたからね(笑。

それで翌日の朝刊スポーツ紙系にはブワ~ッと出たんですよ。コレがまた完全にジャニーズを追いやっちゃったんです。サンスポ系からデイリー、日刊、スポニチの全国紙がほとんど半面くらい掲載して、後はジャニーズがこう小さく載る。これはもう痛快で痛快で(笑。

で、もう愛ちゃんのマネージャーも事務所の社長もホクホク顔。この後に電通から愛ちゃんのCMオファーが来たんですから。
45 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

DDTプロレス高木三四郎「90sナイトライフ回想録」第4回-リベンジの舞台はジュリアナ!-

DDTプロレス高木三四郎「90sナイトライフ回想録」第4回-リベンジの舞台はジュリアナ!-

本コラムは人気プロレス団体「DDTプロレス」社長兼レスラーとして君臨する高木三四郎がプロレス業界に足を踏み入れる以前、名うてのイベンターとして活躍していた90年代の若き日を赤裸々に語るコラム。回想する風景にはバブル期のTV局や90年代東京のナイトライフを彩ったディスコやクラブ、そして当時の煌びやかな人間模様まで描かれる!90年代に東京のナイトライフを経験した読者のみなさん、もしかしたら高木社長と意外な接点があったかもしれませんよ!?
高木三四郎 | 2,064 view
DDTプロレス高木三四郎「90sナイトライフ回想録」第3回-芝浦GOLDに華々しくデビュー!?-

DDTプロレス高木三四郎「90sナイトライフ回想録」第3回-芝浦GOLDに華々しくデビュー!?-

本コラムは人気プロレス団体「DDTプロレス」社長兼レスラーとして君臨する高木三四郎がプロレス業界に足を踏み入れる以前、名うてのイベンターとして活躍していた90年代の若き日を赤裸々に語るコラム。回想する風景にはバブル期のTV局や90年代東京のナイトライフを彩ったディスコやクラブ、そして当時の煌びやかな人間模様まで描かれる!90年代に東京のナイトライフを経験した読者のみなさん、もしかしたら高木社長と意外な接点があったかもしれませんよ!?
高木三四郎 | 1,407 view
DDTプロレス高木三四郎「90sナイトライフ回想録」第2回-イベンター高木社長の誕生秘話 part2-

DDTプロレス高木三四郎「90sナイトライフ回想録」第2回-イベンター高木社長の誕生秘話 part2-

本コラムは人気プロレス団体「DDTプロレス」社長兼レスラーとして君臨する高木三四郎がプロレス業界に足を踏み入れる以前、名うてのイベンターとして活躍していた90年代の若き日を赤裸々に語るコラム。回想する風景にはバブル期のTV局や90年代東京のナイトライフを彩ったディスコやクラブ、そして当時の煌びやかな人間模様まで描かれる!90年代に東京のナイトライフを経験した読者のみなさん、もしかしたら高木社長と意外な接点があったかもしれませんよ!?
高木三四郎 | 2,464 view
DDTプロレス高木三四郎「90sナイトライフ回想録」第1回-イベンター高木社長の誕生秘話 part1-

DDTプロレス高木三四郎「90sナイトライフ回想録」第1回-イベンター高木社長の誕生秘話 part1-

本コラムは人気プロレス団体「DDTプロレス」社長兼レスラーとして君臨する高木三四郎がプロレス業界に足を踏み入れる以前、名うてのイベンターとして活躍していた90年代の若き日を赤裸々に語るコラム。回想する風景にはバブル期のTV局や90年代東京のナイトライフを彩ったディスコやクラブ、そして当時の煌びやかな人間模様まで描かれる!90年代に東京のナイトライフを経験した読者のみなさん、もしかしたら高木社長と意外な接点があったかもしれませんよ!?
高木三四郎 | 4,627 view
3月20日、DDTプロレスリング旗揚げ20周年記念大会! 屋台村から始まった高木三四郎のプロレス挑戦、辿り着いたのはさいたまスーパーアリーナ!

3月20日、DDTプロレスリング旗揚げ20周年記念大会! 屋台村から始まった高木三四郎のプロレス挑戦、辿り着いたのはさいたまスーパーアリーナ!

DDTプロレスリング社長兼レスラー、高木三四郎。現在のプロレス界において屈指の経営者、アイデアマンと呼ばれる彼が3月20日、さいたまスーパーアリーナにおいてDDTプロレスリング旗揚げ20周年記念大会を開催する。1990年代、新日、全日、UWF、FMWといった系譜とは異なる「屋台村プロレス」を発祥とする高木三四郎社長率いるDDTプロレスリングの強み、そして観客を魅了する仕掛け。プロレス界の異端児とも称される高木三四郎社長にお話を伺った。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト