2017年11月9日 更新

DDTプロレス高木三四郎「90sナイトライフ回想録」第2回-イベンター高木社長の誕生秘話 part2-

本コラムは人気プロレス団体「DDTプロレス」社長兼レスラーとして君臨する高木三四郎がプロレス業界に足を踏み入れる以前、名うてのイベンターとして活躍していた90年代の若き日を赤裸々に語るコラム。回想する風景にはバブル期のTV局や90年代東京のナイトライフを彩ったディスコやクラブ、そして当時の煌びやかな人間模様まで描かれる!90年代に東京のナイトライフを経験した読者のみなさん、もしかしたら高木社長と意外な接点があったかもしれませんよ!?

1,615 view

DDTプロレス高木三四郎「90sナイトライフ回想録」

 (1935033)

このコラムは人気プロレス団体「DDTプロレス」社長兼レスラーとして君臨する高木三四郎がプロレス業界に足を踏み入れる以前、90年代東京のディスコやクラブ界隈で名うてのイベンターとしてキラキラ輝いていた若き日を回想するコラム。

その風景にはバブル期のTV局から90年代東京のナイトライフを彩ったディスコやクラブ、そして当時の煌びやかな人間模様までが赤裸々に描かれます。

ミドルエッジ読者のみなさんで90年代の若かりし頃を東京で過ごした方、もしかしたら当時の高木社長と意外な接点があったかもしれませんよ!?

本邦初公開のネタが次々に明かされる、コラム第2回は「イベンター高木社長の誕生秘話 part2」をお届けします。
(聞き手:ミドルエッジ編集部)

イベンター高木社長の誕生秘話 part2

-さて、前回のコラムでは高木社長の大阪での高校時代、ディスコとの出会いから大学時代、TV局との接点が生まれるまでを振り返っていただきました。第2回となる今回は、TV局の制作から「学生仕出し」として信頼を得て知名度を上げていった高木社長が「学生イベンター」に進んでいった過程を振り返っていただこうと思います。
「学生仕出し」として活躍

「学生仕出し」として活躍

フジテレビのバラエティ班”第2制作”からの安定受注、「学生仕出し」として引っ張りだこだった高木社長が次に選択した道は?

学生仕出し -中間業者を挟まずに直契約に切り替え-

-高木社長が手広く取り組むようになる前からTV番組への学生の「仕出し」はビジネスになっていたのですか?
僕らが勢いよく取り組むようになる前からTV番組の観覧などでは専門の業者さんが動いていましたね。僕らにはそこから声がかかるという構造だったと思います。

TV局と直接の取組に

そこを僕らはTV局と直でお話していましたから、局側と金銭的な条件面も直接お話させていただいて。「TV番組の観覧でいくら」「エキストラでいくら」といった具合でしたけど、思えば潤った時代でしたよね。

局側からは「高木!安くてゴメン!!」って。僕は「全然OKっすよ~!」なんて世界。もちろん学生の自分には十分過ぎるほどでしたから。

時代はちょうどバブルが崩壊するかしないかの頃だったんじゃないかな。僕らエキストラって現場までの移動は電車やバスですけれど、現場からの帰りは大体タクシーチケットもらってましたし。「高木、家どこ?」「成城です」「じゃあタクチケ渡すから」みたいな(笑。

オバちゃんの「アハハ」よりもいい声で笑う!

学生でそういうことを手掛ける人間があまりいなかったのも幸いしました。もちろん僕自身もTV番組に出演していましたよ。フジテレビの「いたずらウォッチング!!」では一般人をいたずらで驚かす設定の役とか(笑。

その他、先ほどお話したスタミナ天国やフジテレビが直接制作している番組では観覧で毎回10~20人集めていましたね。僕らはけっこう声が出たので、オバちゃんの「アハハ」よりもいい声で笑うんです。これがまた重宝されまして(笑。

TV局の他に出版社からの仕出し依頼もありましたね。CanCanやJJなどの有名誌が多かったのですが、結局はTV番組の比率が断然高かったです。

高木に声をかければどんな人材も集まる

その頃はもう、色んな会社から連絡が来るようになっていましたよ。「高木さんにお願いすれば学生を集めてくれると聞きまして!」って調子で。
-すでに有名人になっていたのですね。
仕出し業界ではそれなりに有名だったかもしれませんね。学生だったことに加えて、けっこう無茶なオーダーにも応えていたと自負しています(笑。

「明後日までに黒人さんを2人集めて」と言われればクラブに足を運んで直接声をかけましたし、前回お話した「包茎手術したがってる男いない?」なんてのもハードル高いですよね。

そうそう、仕事の依頼は大体が「明後日までに」なんですよ(笑。明後日までに女子大生50人集めてくれ、なんてこともありました。しかも平日のお昼1時集合。
-え、学校あるじゃないですか(笑
そう!でもそんなオーダーでも人脈を使って30~35人はすぐに集める。そして足りない15人は都内の女子大や短大のキャンパス近くに行って直接声掛け!「ちょっとこういう撮影があってさ。来てくれない?」みたいな(笑。
-ナンパですよね(笑
ええ、ナンパです。公の場でこの話するのって多分初めてじゃないかな(笑。

※余談※ プロレスの世界への誘い

これは余談ですが、当時EXテレビという番組でブレーメン大島という人が前説をやっていました。彼は仕出し系の人材として有名で、元々は夕やけニャンニャンで「北区から来たブレーメン音楽隊のブレーメン大島!」という名前で、素っ裸に葉っぱだけ被せてラッパを吹くというネタをしていました。

後に彼から「高木、屋台村プロレスってのを始めたんだけど、一緒にこない?」って言われたのが、プロレスのきっかけです(笑。

パーティーイベントとの出会い -麻布十番のマハラジャ-

-TV業界の華やかさを身にまとった高木社長、そこからイベントに転じるきっかけは一体何だったのでしょうか。
大学3年の頃、当時は学生ツアーが流行っていました。夏の初島や冬の菅平、それに沖縄とか。
-いわゆる軟派なテニス、スキーを目的としたツアー(笑
そうそう(笑。で、学生ツアーを企画するサークルも人気がありました。彼らは春の入学シーズンに様々な大学で男子を片っ端から勧誘するんです、それこそ100人規模で。そして今度は、部員になった男子たちが5、6月になると一斉に女子大や短大にビラ配りに駆り出される、ほぼ毎日(笑。

というのも7~8月にはツアーが組まれているんです。初島、白浜、沖縄など。それらのツアーは女の子100人くらいに男子スタッフが10~20人で帯同するのですが、道中は宴会などのコーディネートでとにかく楽しく盛り上げる。これがなかなかハードなんですけどね(笑。
初島、白浜、沖縄への学生ツアー…

初島、白浜、沖縄への学生ツアー…

実にアバンチュールな香りが漂いまくります…。
そんな彼らツアーサークルの飲み会に誘われたことがありましてね。そこで彼らがパーティーイベントをやる話を聞き、スタッフではないのですが少し集客を手伝ってあげました。

正直「こんなのもあるんだ~」って楽しい経験でしたよ。パーティーイベント自体はもちろん知っていましたが、それまではテレビの方が忙しくて疎遠でしたから。すぐ100人くらいの女の子に声かけてイベントのチケットを買ってもらいましたよ。

イベンター魂に火が付いた!?パーティーイベントとの接点

-パーティーを主催する側も、高木社長の集客力を知っていたんですね?
いや、実はそこまで知られてはいなかったです。それは後々お話しますけど(笑。

ただツアーサークルの連中も僕の手掛けていることには興味があったようで、最初の接点では「何やってるの?」「僕はテレビサークルで人集めやってるよ」「うちらはツアーサークルやってて、今度パーティーやるからよかったら協力してよ」って。そこで初めてパーティーイベントとの絡みが出来ました。

最初の頃は麻布十番のマハラジャが多かったですね。当時は「マハラジャ、東京にもあるんだ!?」って。そんな訳でパーティーイベントに絡んでいくうちに目覚めてしまいました、これは面白いってね(笑。でもそのころ僕はすでに就職を考えなきゃいけない時期で…。
-高校生の頃に通った大阪のマハラジャも、受験を機に卒業となりました。
そうそう。でもパーティー、これは面白いなと思って。もう少し遊んでいたいなって思って休学しちゃいました(笑。

休学 -芝浦GOLDで初の主催パーティー-

就職活動の時期が近づくと、僕は卒業したらTV局に入るつもりだったんですよ。もしTV局に入れなくても、フジの第2制作が採用するからって言われていましたし。でもパーティーイベントに出会ってしまった(笑。
-遊びたくて休学!!
そう、僕は1年休学して1年留学しているので大学に6年通っているんです。

休学した大学3年の頃といえば、当時僕らのようなテレビ観覧をするサークルが集まって「関東テレビ番組サークル連盟」を立ち上げていました。明治、東洋、駒沢、早稲田の落研などを集めて協定を結び、テレビの仕事が来たらお互いに情報を共有し合って上手く回していこうと。この連盟自体は名前だけで大して機能しなかったのですが、その縁で東洋や明治の人と仲良くなった。で、彼らに加えて駒沢から僕が2人を引き連れて新たにサークルを作ったんです。その名は「クリエイティブ21」。これが後にパーティーイベントを企画するサークルの誕生でした(笑。
-「仕出し」をこなしながら、という感じですか?
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

DDTプロレス高木三四郎「90sナイトライフ回想録」第1回-イベンター高木社長の誕生秘話 part1-

DDTプロレス高木三四郎「90sナイトライフ回想録」第1回-イベンター高木社長の誕生秘話 part1-

本コラムは人気プロレス団体「DDTプロレス」社長兼レスラーとして君臨する高木三四郎がプロレス業界に足を踏み入れる以前、名うてのイベンターとして活躍していた90年代の若き日を赤裸々に語るコラム。回想する風景にはバブル期のTV局や90年代東京のナイトライフを彩ったディスコやクラブ、そして当時の煌びやかな人間模様まで描かれる!90年代に東京のナイトライフを経験した読者のみなさん、もしかしたら高木社長と意外な接点があったかもしれませんよ!?
高木三四郎 | 3,500 view
3月20日、DDTプロレスリング旗揚げ20周年記念大会! 屋台村から始まった高木三四郎のプロレス挑戦、辿り着いたのはさいたまスーパーアリーナ!

3月20日、DDTプロレスリング旗揚げ20周年記念大会! 屋台村から始まった高木三四郎のプロレス挑戦、辿り着いたのはさいたまスーパーアリーナ!

DDTプロレスリング社長兼レスラー、高木三四郎。現在のプロレス界において屈指の経営者、アイデアマンと呼ばれる彼が3月20日、さいたまスーパーアリーナにおいてDDTプロレスリング旗揚げ20周年記念大会を開催する。1990年代、新日、全日、UWF、FMWといった系譜とは異なる「屋台村プロレス」を発祥とする高木三四郎社長率いるDDTプロレスリングの強み、そして観客を魅了する仕掛け。プロレス界の異端児とも称される高木三四郎社長にお話を伺った。
ソウルとんねるず!!是非復活を!!

ソウルとんねるず!!是非復活を!!

フジテレビの『とんねるずのみなさんのおかげです』コーナーの1つで1994年11月7日第1回放送『ソウルとんねるず』毎回楽しみに見ていたコーナーを懐かしく思いまとめてみました。
ギャング | 4,279 view
バブル絶頂期ワイハに進出した『マハラジャ・ハワイ店』!!

バブル絶頂期ワイハに進出した『マハラジャ・ハワイ店』!!

日本でも大ブームになったマハラジャがハワイにも進出しブイブイ言わせた時代が懐かしく思い、エピソードなど色々まとめてみました。
ギャング | 2,125 view
歌舞伎町のど真ん中に昭和レトロな居酒屋、仕切るのはインディーレスラー「KUDO」!

歌舞伎町のど真ん中に昭和レトロな居酒屋、仕切るのはインディーレスラー「KUDO」!

東京・新宿歌舞伎町のど真ん中に昭和レトロ風居酒屋「エビスコ酒場」あり。プロレスファンならお馴染みのこの居酒屋を仕切るのは、DDTプロレスリングのトップレスラーKUDO選手。プロレスキャリア16年、今なおレスラーとして第一線で活躍を続ける一方、この土地で8年間飲食業を営むKUDO選手が淡々と語る、インディーレスラーとしての覚悟、そしてプロレス愛。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト