映画愛が止まらない!1980年の配給収入でみる邦画ランキング、ベスト10がこれだっ!
2019年4月5日 更新

映画愛が止まらない!1980年の配給収入でみる邦画ランキング、ベスト10がこれだっ!

映画っていいものです。レンタルビデオやネットで簡単に観ることができますが、あえて言いたい。「映画館に行けっ!」と。1980年の邦画ランキングです。1980年には多くの人がこの映画を観たんですね。

2,809 view

1980年

1980年というと、竹の子族、なめ猫が流行り、松田聖子やシャネルズがデビューし、漫才ブームが起こるという何とも景気の良い年です。しかし、日本の映画産業はというと、斜陽が叫ばれて久しく上質と言われる作品が日の目を見ることは余りないという時代です。

因みにキネマ旬報の1980年のベスト10を見てみましょう。
キネマ旬報 1981年2月下旬決算特別号

キネマ旬報 1981年2月下旬決算特別号

1980年度ベスト・テン発表
1位「ツィゴイネルワイゼン」
2位「影武者」
3位「ヒポクラテスたち」
4位「神様のくれた赤ん坊」
5位「遥かなる山の叫び声」
6位父よ母よ」
7位「四季・奈津子」
8位「海潮音」
9位「狂い咲きサンダーロード」
10位「太陽の子 てだのふあ」

さすがキネマ旬報、良い映画選んでます。では、この年、実際にはどのような映画がヒットしたのでしょうか?配給収入による邦画ベスト10、いってみましょう!

10位 動乱

配給収入9.5億円、10位は「動乱」です。高倉健と吉永小百合のダブル主演にして初共演作。もう、それだけで話題独占です。高倉健が男の中の男ってやつを思い知らせてくれます。

映画「動乱」特報・劇場予告

監督:森谷司郎(聖職の碑など)、脚本:山田信夫(英霊たちの応援歌 最後の早慶戦など)、撮影:仲沢半次郎(天使の欲望など)、そして主題歌を小椋佳が担当しています。

9位 天平の甍

9位になると配給収入も大台を超えてきます。大台。そうは言っても10億ですけどね。少ないです。とは言え11.5億円の配給収入で9位となったのは「天平の甍」です。
天平の甍

天平の甍

監督:熊井啓
脚本:依田義賢
原作:井上靖
ナレーター:城達也
出演者:中村嘉葎雄、大門正明、田村高廣
音楽:武満徹
撮影:姫田真佐久
編集:小川信夫
配給:東宝
公開:1980年1月26日
上映時間:152分
地味ですよね。9位になったことが不思議なほどに地味。今となっては、このタイトル読めないヒト多いんじゃないでしょうか?因みに「てんぴょうのいらか」と読みます。ただ、この作品は戦後最初の中国ロケを行ったことで知られています。

7-8位 男はつらいよ

8位「男はつらいよ 寅次郎春の夢」12.2億円、7位「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」12.5億円。なんとも安定した配給収入ですね。さすが国民的映画。
男はつらいよ 寅次郎春の夢

男はつらいよ 寅次郎春の夢

監督:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆、栗山富夫、レナード・シュレイダー
出演者:渥美清、倍賞千恵子、林寛子、前田吟、笠智衆、香川京子
音楽:山本直純
撮影:高羽哲夫
編集:石井巌
配給:松竹
公開:1979年12月28日
上映時間:104分
もう寅さんはですね、どれを見ても面白いんです。外れがないんですね。8位の「男はつらいよ 寅次郎春の夢」の時点で既に24作目ですからね。特に目新しいストーリーがあるというわけでもないのですが、まぁ、お約束と言うか、水戸黄門みたいなものですかね。
7位の「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」は、浅丘ルリ子が演じるリリーというヒロイン三部作の完結篇にあたります。

車寅次郎らしさ 第25作 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花

浅丘ルリ子人気もあったのでしょうが、3回も登場するヒロインというのは珍しいです。
本作は第4回日本アカデミー賞最優秀脚本賞(山田洋次、朝間義隆)、最優秀主演女優賞(倍賞千恵子)、特別賞(渥美清)を受賞しています。

6位 ヤマトよ永遠に

配給収入が13.5億円というと、多いような少ないような、よく分からんというのが正直なところではないでしょうか?アメリカ映画などと比べてしまうとヒットとは呼べないのではないかという気さえします。しかし、観客動員は 220万人です。多いように思えますよね。大ヒットではないかと思えますよね。ようやくアニメの登場です。「ヤマトよ永遠に」、配給収入13.5億円で第6位にランクイン。
48 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1980年代を代表する超大作邦画

1980年代を代表する超大作邦画

1980年代、デートの大定番といえば、やはり映画だった。インターネットもない時代、娯楽の中心が映画と言っても過言でない時代の大ヒットしたスケールの大きい超大作邦画を紹介します。
yt-united | 6,321 view
昭和の歌姫「山口百恵」の影武者が存在していた!その女性達とは?!

昭和の歌姫「山口百恵」の影武者が存在していた!その女性達とは?!

1970年代後半、映画やドラマ・CM・メディア・雑誌の撮影など超多忙だった山口百恵さんには何人かの影武者が存在していました。そんな影武者を演じた方々を追ってみました。
ギャング | 6,408 view
「男はつらいよ」の新作映画やデジタル修正版の公開記念!?コミケで寅さんのコスプレを20年以上続けている方が登場!

「男はつらいよ」の新作映画やデジタル修正版の公開記念!?コミケで寅さんのコスプレを20年以上続けている方が登場!

昭和を代表する映画「男はつらいよ」の主人公、寅さん。ミドルエッジ世代にはお馴染みのキャラクターの一人ですが、先日開催されたコミックマーケット96(コミケ)にて、寅さんのコスプレをする方が出没したとSNS上で話題となっています。
隣人速報 | 559 view
`80年代を引っ張った少女マンガ家をご紹介!(1)萩尾望都編

`80年代を引っ張った少女マンガ家をご紹介!(1)萩尾望都編

今では大御所と呼ばれるような漫画家たちの若かりし頃の脂ののった仕事を見つめてみました。今読んでも確かに面白いし、名作(迷作?)が多かったのもこの時期ではないでしょうか?
yakushakowai | 23 view
『満男を、私はむしろ よくやったと褒めてやりたいと思います』寅さんが満男の恋を応援する『男はつらいよ ぼくの叔父さん』

『満男を、私はむしろ よくやったと褒めてやりたいと思います』寅さんが満男の恋を応援する『男はつらいよ ぼくの叔父さん』

男はつらいよ第42作目『ぼくの伯父さん』は、寅さんが恋愛OBになるターニングポイントともいえる作品です。さくらの息子、満男が恋をし、不器用ながらも真っ直ぐに進む姿に心打たれたのは寅さんだけではありませんでした。
navel cat. | 11 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト