浅野温子がママハハで石田ひかりが継子だった「ママハハブギ」!美人母娘を演じた二人の現在は?
2022年8月17日 更新

浅野温子がママハハで石田ひかりが継子だった「ママハハブギ」!美人母娘を演じた二人の現在は?

浅野温子と浅野ゆう子と共にW浅野として1980年代後半に大ブレイクしました。数々のドラマに出演していた浅野温子さん。そんな浅野温子さんが石田ひかりさんや織田裕二さんのママハハとして共演していた「ママハハブギ」というドラマがありました。今回は「ママハハブギ」の義理の親子役を演じた浅野温子さんと石田ひかりさんのその後についてご紹介します。

641 view

ドラマ「ママハハブギ」とは?

Amazon.co.jp | ママハハ ブギ 5(第9話 第10話) [レンタル落ち] DVD・ブルーレイ - (2428727)

ママハハブギとはどんなドラマだったか?ドラマの概要についてご紹介します。
放送年月:1989年7月~9月
放映局:TBS
時間帯:月曜21時~
浅野温子さん演じるファッションモデルの蘭子は、仕事先のロサンゼルスで広告代理店の担当部長の水谷博と結婚し、仕事が長引いている夫の博を残し日本に帰国します。

日本にいる博と死別した先妻の間には子供が3人いました。
長男・誠:織田裕二
次男・正雄:的場浩司
長女・恵美:石田ひかり

仕事人間で家庭を顧みない父親に対して冷めた感覚を持っている連れ子たちと、緊張感あふれる同居生活を始めます。

それぞれの問題を一緒に乗り越える中で、絆を深めていった蘭子と連れ子たち。
そしてかけがえのない家族となっていくストーリーです。
題名通りママハハと連れ子の物語で、父親の博が最後まで登場しないのも面白かったですね。

ママハハ・ブギ 1話(1989年)

蘭子役の浅野温子

Amazon | スローなブギにしてくれ 角川映画 THE BEST [DVD] | 映画 (2428808)

生年月日:1961年3月4日
出身地:東京都大田区蒲田
デビュー作:1976年の映画「エデンの海」のオーディションに合格して主演の山口百恵の友達役でデビューしました。

1981年公開の映画「スローなブギにしてくれ」で初主演を果たします。
1980年代後半にはドラマ「あぶない刑事」や「パパはニュースキャスター」に出演し、美人なのに気さくで明るいキャラクターを演じ人気者になりました。

1988年に浅野ゆう子とW主演したドラマ「抱きしめたい!」では、W浅野と呼ばれて大ブレイクを果たします。
1991年のドラマ「101回目のプロポーズ」では、最高視聴率36.7%を記録し、トレンディードラマの女王とも呼べるほどの活躍でした。

101回目のプロポーズ

現在もドラマや映画、舞台などで女優として活躍されています。
最近では2019年の映画「みをつくし料理帖」や2020年のドラマ「悪魔の弁護人・御子柴礼司 〜贖罪の奏鳴曲〜」などに出演されていました。

ただ2003年からは「浅野温子・読み語り」がメインの活動となっています。
古事記の神話や日本各地の昔からある民話・伝説を、現代語で分かりやすく脚色。

生演奏をバックに浅野温子さんが様々な登場人物を全身で表現する一人舞台劇とのこと。

伊勢神宮、出雲大社、熱田神宮など、全国の有名神社などを舞台に公演されてます。
古事記や民話の一人舞台劇、とても面白そうですね。
浅野温子さんというと、ワンレンのロングがとても似合っていてカッコよくて楽しい女優さんでした。
今でも活躍されていてとても嬉しいです。
プライベートでは作詞家の魚住勉(うおずみつとむ)さんと1983年に結婚し、息子さんが一人いました。
息子さんは元NHKアナウンサーの魚住優(うおずみゆう)さんです。
トレンディードラマで大ブレイクしていたときは既に人妻だったのですね。
優さんにとって、美しいお母さまでうらやましいです。
浅野温子さんは、現在もblogで近況を報告されています。

恵美役の石田ひかり

Amazon | rendez-vous | 石田ひかり | J-POP | ミュージック (2428815)

生年月日:1972年5月25日
出身地:東京都
デビューのきっかけ:二子玉川でスカウトされて、芸能活動を開始します。
姉の石田ゆり子さんはひかりさんに先駆けて、1か月前に同じプラダクションにスカウトされていますが、姉妹とは知らなかったそうです。

姉妹揃ってオーラが凄かったのでしょうね。
1986年にドラマ「妻たちの課外授業II」でデビューします。
1988年にはドラマ「花のあすか組!」に出演し、共演の小高恵美、小沢なつきと共に3人組ユニットとして、シングル「悲しげだね」をリリース。

女優だけでなく、歌手としても活躍します。

【HD画質】あすか組 悲しげだね(1988年8月24日)

【花のあすか組!(Eng sub)】 出演者の今昔 小高恵美 小沢なつき 石田ひかり Japanese TV Show Hana no Asuka-gumi! Perforemer's photo

1989年のドラマ「ママハハブギ」出演後は、1992年のNHK連続テレビ小説「ひらり」で相撲好きのヒロインを演じます。

1993年のドラマ「あすなろ白書」では、当時の人気俳優筒井道隆さんや木村拓哉さん、鈴木杏樹さんと共演し、大成功しました。

現在でも女優として活躍を続け。最近では2020年の「極主夫道」や「悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜」に出演しています。
また舞台でも2022年5月~6月に「青空は後悔の証し」に出演しました。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

浅野温子主演!「ママハハ・ブギ」

浅野温子主演!「ママハハ・ブギ」

浅野温子主演!「ママハハ・ブギ」 主人公の蘭子がこぶつき男と再婚したが・・・
うーくん | 11,766 view
欽ドン!の良いOL悪いOL普通のOLを演じたよせなべトリオの現在は?

欽ドン!の良いOL悪いOL普通のOLを演じたよせなべトリオの現在は?

1970年代~1980年代にかけてお茶の間を席巻した「欽ドン!欽ドン!良い子悪い子普通の子」イモ欽トリオなど人気者を輩出しました。そんな「欽ドン!欽ドン!良い子悪い子普通の子」には、良いOL悪いOL普通のOLというコーナーもありましたよね。OL3人組で組んだ「よせなべトリオ」というユニットもありました。そんなよせなべトリオの活躍や現在についてご紹介します。
そうすけ | 18,686 view
1980年代を席巻したマイケル・J・フォックスの活躍と現在は?

1980年代を席巻したマイケル・J・フォックスの活躍と現在は?

バック・トゥ・ザ・フューチャーに主演後、大ブレイクしたマイケル・J・フォックス。その後も「摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に」や、「ドク・ハリウッド」などヒットを連発し一世を風靡しました。一方華やかな栄光の影にパーキンソン病であることを隠しながら、撮影を続けてきたことなど公表しています。そんなマイケル・J・フォックスの活躍や現在についてご紹介します。
そうすけ | 679 view
元祖韓流!チョー・ヨンピルさんの活躍と現在

元祖韓流!チョー・ヨンピルさんの活躍と現在

2002年の韓国ドラマ「冬のソナタ」から始まった韓流ブームですが、ミドルエッジ世代の韓流スターと言えばやはり韓国人歌手として初めて紅白歌合戦への出演を果たしたチョー・ヨンピルさんではないでしょうか?1980年代には日本のテレビ番組でもよく見かけたチョー・ヨンピルさんは今何をしているのでしょうか?今回はチョー・ヨンピルさんの現在と活躍についてご紹介します。
そうすけ | 6,131 view
ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト