『御法度』大島渚の遺作であり「松田優作の息子」と宣伝された松田龍平デビュー映画!監督自ら熱烈オファーで実現!
2018年6月25日 更新

『御法度』大島渚の遺作であり「松田優作の息子」と宣伝された松田龍平デビュー映画!監督自ら熱烈オファーで実現!

1999年に公開された大島渚監督の『御法度』。松田優作の息子である松田龍平のデビュー作でした。大島渚の遺作となった新選組を扱った時代劇。当時中学3年生だった松田龍平を熱心に俳優の道へと誘ったのは大島渚でした。

1,235 view

大島渚13年ぶりの監督作であり遺作となった『御法度』松田優作の息子・松田龍平のデビュー映画

1999年に公開された『御法度』(読みはごはっと、英題は「Taboo」)。

監督は”松竹ヌーヴェルヴァーグ」の旗手と称され、映画「愛のコリーダ 」(1976年)や「戦場のメリークリスマス」 (1983年)で知られる大島渚監督でした。
「御法度 GOHATTO」 [DVD]

「御法度 GOHATTO」 [DVD]

司馬遼太郎のふたつの短編『前髪の惣三郎』と『三条磧乱刀』が原作となっていて、大島監督が脚色し、映画化しました。

舞台は幕末の京都で、新選組を男色の視点から描いた時代劇となっています。ビートたけしや浅野忠信など個性的な面々を揃えながらも、どこか淡い雰囲気が印象的な映画でした。

また、同作は大島監督の13年ぶりの監督作であると共に遺作となりました。
松田龍平、ビートたけし、武田真治、浅野忠信、崔洋一、大島渚

松田龍平、ビートたけし、武田真治、浅野忠信、崔洋一、大島渚

『御法度』と聞いて思い出されるのは、日本を代表する名優・松田優作の息子である松田龍平がデビューした作品という事。当時、話題となっていたのでご記憶の方も多いのではないでしょうか。
まだあどけなさの残る松田龍平。淡々とした演技や表情が中...

まだあどけなさの残る松田龍平。淡々とした演技や表情が中性的な印象を与えました。

あらすじ

1865年(慶応元年)夏、京都。「局中法度」「軍中法度」という厳しい戒律によって鉄の結束を誇る新撰組に、剣の立つふたりの若者が入隊した。ひとりは下級武士・田代彪蔵。もうひとりは息を飲むような美貌の少年・加納惣三郎である。

入隊早々、惣三郎は総長の近藤勇から御法度を破った隊士の処刑を仰せつかり、みごとその大役を勤めてみせるが、副長の土方歳三は近藤の寵愛を受け未だ前髪を切ろうとしないこの若者に、何か釈然としないものを感じていた。
松田龍平

松田龍平

惣三郎の入隊後、徐々に新選組の猛者たちの空気が徐々に変化していく。

そして、衆道(男色)の気を持つ田代が、惣三郎を衆道に引きずり込もうと試み、他にも言いよる者が現れるなどし、新選組内の秩序を重んじる土方には風紀が乱れているように感じ、危機感を感じていた・・・。

松田龍平 プロフィール

1983年5月9日、東京生まれ。
俳優松田優作と女優松田美由紀の長男で、弟には同じく俳優の松田翔太がいます。ほかに妹も。

1989年の「ブラック・レイン」でハリウッドデビューを飾った父親の優作でしたが、1989年11月龍平が6歳の時に膀胱がんの転移により40歳の若さで亡くなっています。
松田龍平(左)、大島渚(右)2000年、第53回カンヌ...

松田龍平(左)、大島渚(右)2000年、第53回カンヌ国際映画祭にて

龍平は小学校からサッカーを始め、イタリアでサッカー留学も経験するなど、将来はサッカー選手を目指していました。
しかし、大島渚監督からの熱烈オファーを受け、高校受験を理由に一度は断るものの、「受験が終わった後なら出来るか?」と聞かれ、断る理由が無くなってしまったそうです。その後、自ら俳優の道へと進み、中学3年生ながら間接的に男性と絡むシーンを見事に演じました。

2002年には漫画家・松本大洋の短編集を原作にした映画「青い春」で主演。以降もコンスタントに映画や舞台、ドラマに出演しています。
松田龍平

松田龍平

また、2011年には『御法度』から縁があったプロデューサー孫家邦に声を掛けられ、映画「まほろ駅前多田便利軒」に出演して自身の代表作のひとつとなりました。

父親の優作に関しては、記憶は薄いものの父親の話していたことは全て覚えていると語っています。「松田優作の息子」という事実を隠したい気持ちがあった一方で、芸能一家だという意識は無かったそうです。

大島渚監督の遺作となった『御法度』

1996年に10年ぶりの作品となる『御法度』の製作を発表するも。同年に脳出血で倒れ、3年にも及ぶリハビリを経て、1999年に『御法度』を完成させました。

また、同作には土方歳三役で出演したビートたけしや崔洋一といった二人の映画監督が出演しています。これは撮影現場でのサポート役を、大島監督が託したものと言われています。
大島 渚(おおしま なぎさ)監督

大島 渚(おおしま なぎさ)監督

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『あいのり』が地上波にベッキーと共に戻ってくる!1月12日(金)からラブワゴン出発進行~!

『あいのり』が地上波にベッキーと共に戻ってくる!1月12日(金)からラブワゴン出発進行~!

2018年1月12日(金)24時55分より『恋愛観察バラエティー あいのり』の最新シリーズ『あいのり:Asian Journey』が地上波で放送される。90年代後半から放送され、視聴率20%を超えたドキュメンタルバラエティー番組が復活する。
「あいのり」が配信番組で年内に復活!ラブワゴンのメンバー募集がスタート!!

「あいのり」が配信番組で年内に復活!ラブワゴンのメンバー募集がスタート!!

フジテレビで1999年10月から2009年3月まで放送された人気番組『恋愛観察バラエティーあいのり』が、「FOD(フジテレビオンデマンド)」と「Netflix(ネットフリックス)」で、配信番組「あいのり REBOOT」(仮)として復活することがわかった。
red | 972 view
「アウトレイジ 最終章」の公開を記念して北野武の13作品がBlu-ray化!名作パッケージがズラリ!

「アウトレイジ 最終章」の公開を記念して北野武の13作品がBlu-ray化!名作パッケージがズラリ!

北野武監督のバイオレンス映画「アウトレイジ」。シリーズ3作目の「アウトレイジ 最終章」が、10月7日(土)に公開となる。公開を記念し、これまでBlu-ray化されていなかった北野武監督13作品がBlu-ray化される。
奈良・吉野の過疎村を描いた映画『萌の朱雀』尾野真千子の淡い恋が切ない

奈良・吉野の過疎村を描いた映画『萌の朱雀』尾野真千子の淡い恋が切ない

1997年11月に公開された映画『萌の朱雀』。河瀬直美の初商業作品であり、女優・尾野真千子のデビュー作でもある。奈良県の過疎化が進む村のある家族の物語。俳優・國村隼がふるさとを想う父親役を好演している。
ひで語録 | 9,163 view
濡れ場の巨乳は必見!飼育女優は小島聖!愛憎映画・完全なる飼育

濡れ場の巨乳は必見!飼育女優は小島聖!愛憎映画・完全なる飼育

小島聖の豊満なヌード姿が惜しげもなく披露される映画「完全なる飼育」。変態・竹中直人と巨乳・小島聖の濃厚な絡みも見所だが、和田勉が監督、脚本を新藤兼人が務めた映画として非常に見応えのある「完全なる飼育」。女子高生と誘拐犯の愛憎劇をご紹介する。
ひで語録 | 213,776 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト