奈良・吉野の過疎村を描いた映画『萌の朱雀』尾野真千子の淡い恋が切ない
2017年2月13日 更新

奈良・吉野の過疎村を描いた映画『萌の朱雀』尾野真千子の淡い恋が切ない

1997年11月に公開された映画『萌の朱雀』。河瀬直美の初商業作品であり、女優・尾野真千子のデビュー作でもある。奈良県の過疎化が進む村のある家族の物語。俳優・國村隼がふるさとを想う父親役を好演している。

10,377 view

河瀬直美監督、初の35mm作品『萌の朱雀』

1997年11月に公開された映画『萌の朱雀』。
本作で監督を務めた河瀬直美は、それまで8mm作品『につつまれて』や『かたつもり)』を制作し、山形国際ドキュメンタリー映画祭で各賞を受賞するなど、若手映画監督として注目されていた。

そんな中、35mm作品であり、初の商業作品である本作が制作された。
河瀬直美(かわせ なおみ)

河瀬直美(かわせ なおみ)

1969年5月30日生まれ。奈良県出身。

【主な作品】
・『殯の森』
・『2つ目の窓』
・『あん』
河瀬直美の出身県である奈良を舞台に、ある一家のうつろいゆく日常を丁寧な人物描写で切り取り、そこに登場人物たちのふるさとへの想いや恋心を絡め、味わい深い作品に仕上げた。

柔らかな日差しや生い茂る木々に囲まれた奈良・西吉野村(現・五條市)の自然と、物語が相互に響きあい、登場人物の「死」を尊く、より喪失感を伴った感情表現に至らせている。家族との触れ合いを通して、それぞれに「死」を乗り越え、人生を進んでいかなくてはならない迷いや覚悟が描かれる。
『萌の朱雀』 [DVD]

『萌の朱雀』 [DVD]

カンヌで高い評価を受けた『萌の朱雀』

本作は1997年に行われた「第50回カンヌ国際映画祭」で新人監督賞にあたる「カメラ・ドール」を受賞した。これは史上最年少での受賞であり、日本映画界にとっても初の快挙であった。

カンヌ以外にも「第26回ロッテルダム国際映画祭」での「国際批評家連盟賞」 や「芸術選奨文部大臣新人賞」など、数多くの賞を獲得している。また、1997年度の「キネマ旬報ベスト・テン」では第10位にランクインした。

映画「萌の朱雀」劇場予告

≪動画内の文章≫
”みどり深い吉野の里
静かに暮らす家族がいた

十五年の歳月は家族の姿を変えていく

離散する家族を描いた 壮大な抒情詩”
上記の予告動画内で登場する紹介文を下記に記してみる。非常に高い評価を受けていたことが分かる。

≪各文言≫
・27歳の劇場用長篇デビュー作にして史上最年少・日本映画初1997年カンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)受賞!

・カンヌで見いだされた大きな新しい才能 <ル・モンド>
・情感を重視した演出が、観る者を魅了する <ヴァラエティ>
・妥協を一切排し、賞賛すべき作品 <ヘラルド・トリビューン>

あらすじ

過疎化が進む奈良県吉野村、この山間の村にある田原家には、当主の孝三とその妻の泰代、母の幸子、そして孝三の姉が残していった栄介と、孝三と泰代の子・みちるの5人が暮らしている。

村に鉄道を通す計画が持ち上がって15年になるが、トンネル工事に携わっていた孝三は、計画の中止を知らされすっかり気力を失っていた。
タイトルバック『萌の朱雀』

タイトルバック『萌の朱雀』

山間の村。家族5人で食卓を囲む

山間の村。家族5人で食卓を囲む

幼き頃のみちると栄介

幼き頃のみちると栄介

一人娘のみちると栄介は幼い頃から、本当の兄弟のように仲良く、何をするにもいつも一緒であった。
時が過ぎ、中学生になったみちるは、栄介に恋心を抱くようになっていた。しかし、その栄介は孝三の妻である泰代に叶わぬ想いを寄せていた。

そんな時、鉄道の計画中止で落ち込みを隠せない孝三は、8mmフィルムに村の人々を映した。ふるさとから離れていく人々。鉄道を通す夢が途絶えても笑顔を絶やさない人々。そういった吉野で生まれ育った人々を映した8mmフィルムを残して、孝三はこの世を去ってしまう。
成長した栄介(柴田浩太郎)とみちる(尾野真千子)

成長した栄介(柴田浩太郎)とみちる(尾野真千子)

学校の授業中。ノートにウェディングドレス姿の新郎新婦の...

学校の授業中。ノートにウェディングドレス姿の新郎新婦のイラストを描いていた

村を離れていく人々。見送る孝三(國村隼)。

村を離れていく人々。見送る孝三(國村隼)。

電話が鳴り、栄介が受話器を取る。「はい・・・はい・・・はい・・・わかりました、はい」と沈んだ声で答える栄介。皆が集まり、不穏な空気を察する。みちるが「どないしたん?なに?」と栄介をせかし、泰代が「あの人?」と尋ねる。
そして、栄介は警察からの電話だと告げ、「オッチャンの8mmカメラ持った人が見つかって、見に来てくださいって」と力なく言う。
落胆する孝三。時折、音楽を聴き、煙草をくゆらせる

落胆する孝三。時折、音楽を聴き、煙草をくゆらせる

46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が現在大ヒット公開中!青山ひかるの胸元丸出しのニットに注目!!

「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が現在大ヒット公開中!青山ひかるの胸元丸出しのニットに注目!!

ミドル世代であれば誰もが一度は読んだことがあるであろう「ふたりエッチ」の実写映画「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が、東京・シネマート新宿ほかで現在大ヒット公開中です。
隣人速報 | 6,130 view
夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 3,791 view
世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

1996年3月に公開されたディズニー配給のフルCGアニメーション『トイ・ストーリー』。アプリ『ディズニー マイリトルドール』に、同作の人気キャラ、ウッディとバズ・ライトイヤーがリトルドールとなって登場した。
あの「ママレード・ボーイ」が20年の時を経て実写映画化!2018年公開決定!

あの「ママレード・ボーイ」が20年の時を経て実写映画化!2018年公開決定!

吉住渉の人気少女漫画「ママレード・ボーイ」が、このたび実写映画になることが決定しました。原作者も待望していた実写映画化だけに、かつてママレード・ボーイに夢中になった方は必見ですよ!
隣人速報 | 769 view
映画『ラヂオの時間』生放送中なのに内容が二転三転!誰も結末を知らない!

映画『ラヂオの時間』生放送中なのに内容が二転三転!誰も結末を知らない!

1997年公開の脚本家・三谷幸喜初の監督作品映画『ラヂオの時間』。ラジオ局を舞台にした三谷幸喜お得意の密室シチュエーション・コメディ。西村雅彦、鈴木京香、唐沢寿明、戸田恵子らが出演した。90年代を代表するドタバタ劇映画をまとめる。
ひで語録 | 1,887 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト