OVA版【D-1 DEVASTATOR】5億円もの巨額費用が投じられたSFコンテンツ!セールス的に失敗した理由とは?
2021年9月1日 更新

OVA版【D-1 DEVASTATOR】5億円もの巨額費用が投じられたSFコンテンツ!セールス的に失敗した理由とは?

メディアミックス作品として企画された『D-1 DEVASTATOR』。OVA版においては、当時、映像事業部を立ち上げたばかりのタカラが制作・販売を担当した初のオリジナルビデオです。巨額の制作費用が投じられたものの、セールス的には失敗に終わり、この作品1本のみでタカラは映像事業から撤退を余儀なくされました。そんなOVA版『D-1 DEVASTATOR』の本編動画やストーリー、失敗に終わった理由などを振り返っていきたいと思います。

364 view

『D-1 DEVASTATOR』とは?

OVA版『D-1 DEVASTATOR』

監督:いさみ撤夫
原案:スフィウス・LAB
   吉田俊
制作:タカラ
   ダイナミック企画
発売:1992年~1993年
巻数:全2巻
   『接触編』『激闘編』
当時、ライバル企業のバンダイに対抗して映像事業部を立ち上げたばかりのタカラ。子供向けの記事制作では実績があったスフィウス・LABから原案が持ち込まれ、それが採用されてカタチになったのが『D-1 DEVASTATOR』です。5億円ともいわれる巨額の費用が投じられ、メディアミックス作品として企画されました。
タカラが企画の中心的な役割を担い、サウンドトラックの発売をワーナーミュージック・ジャパン、漫画版の出版をアスキー、ゲームをウルフチーム、ガレージキット発売を海洋堂が担当するというかたちで製作がスタートします。OVA版は、タカラと縁が深いダイナミック企画が請け負うものの、実際には外部のアニメ制作スタジオへ発注されているようです。
スタッフにおいても、若手の注目株が集められました。漫画家として活躍していた幻超二さんをキャラクターデザインに起用し、メカニックデザイン関係では幡池裕之さん、他にもアニメーターとして有名な大張正己さんといった顔ぶれも集結しています。
OVA版『『D-1 DEVASTATOR』はまさに満を持して、万全な体制で制作がスタートしました。
しかし、セールス的には振るわず、タカラはこの作品のみで映像事業から徹底するはめになります。今回の記事では、そんな不遇なOVA作品について振り返っていきます。

OVA版『D-1 DEVASTATOR』の本編動画・ストーリー

『接触編』

『激闘編』

西暦2032年6月。行方不明となった親友マサトの足跡を辿るためにヤエス自動車へ中途入社し、マサトがいた幕張テストコースの所属となったリョウは、常務のグレイ・ギアから「マサトの事が知りたければ深夜テストコースへ来て、テスト中のニューマシンに乗れ」という不可解な示唆を受けた。ギアの言葉通りにニューマシン、ヴェクター・バーサスに乗り込みテスト用のオーバルコースへ躍り出たリョウは、時速300キロを越えた瞬間、謎の空間へとワープする。
謎の空間で、巨大な目に襲われる幻覚に恐怖するリョウ。そこへ異形の怪物が襲い掛かるがロボット兵器に乗った軍人と思しきチームに救われ、そのチームを率いるエティマンと名乗る男の手引きでリョウは元の空間への帰還を果たした。
帰還後、リョウは自分が突入した謎の空間――時速300キロを越えた先に存在する高速空間の存在や、そこに巣食うあの怪物・デバステイターによってマサトが命を落とした事をカオルとの会話で知る。その直後、ギアによってニューマシンの無断使用という濡れ衣を着せられたリョウはギアの部下に身柄を確保され、ヘリによって移送される途中で再び高速空間へ突入してしまう。

OVA版『D-1 DEVASTATOR』が失敗した理由とは?

まずはWikipediaに気になる記載があったので引用しておきたいと思います。
いざ企画が動くと各社の足並みが揃わなかった。特に先行して展開された漫画版とOVA本編で人物描写や設定に明らかな齟齬が生じており、予め漫画版を読んでいないと理解できない設定が存在するといった不備が明らかになった。
https://www.irasutoya.com/2013/09/blog-post_8715.html (2301130)

正味、1話40分ほどの本編が全2話で構成されているOVA版『D-1 DEVASTATOR』。
たしかに視聴していると、時間の関係から省略されているのか、時間経過や急展開に躊躇してしまう場面も多いです。
あっという間に半年の時間が過ぎたり、さらに2~3年経過していたり、一度の視聴ではなかなか理解が追いつきません。ネタバレになってしまいますが、奈美の身体が半分サイボーグになってしまう経緯もなんだか消化不良ですしね。
https://www.irasutoya.com/2019/08/blog-post_735.html (2301132)

さらにタカラが制作に携わっているということで、玩具の商品化を視野に入れているのであろう変形ロボットも登場しますが、ストーリーは子供向けというより完全に大人向けといった印象で、どこの年齢層をターゲットにしているのかも分かりません。
子供向けというなら、SF路線に走るにしても分かりやすい構図にすべきですし、大人向けに舵を切るなら、玩具のような変形ロボットを全面に押し出すべきではないと思います。
結局はどの年齢層にも響かないアニメになってしまっていて、とても残念な印象が拭えません。
こうしてみると残念なOVAといったイメージしか持てないかもしれませんが、声優陣には、関俊彦さん・冬馬由美さん・冨永みーなさん・玄田哲章さん・塩沢兼人さん・大友龍三郎さんといった豪華な顔ぶれが並び、1990年代のアニメとは思えないほど映像クオリティーも高いです。
ストーリー的にも、玄人受けするような内容ともいえます。万人向けのコンテンツではありませんが、一部のコアなファンには刺さりそうですね。

『D-1 DEVASTATOR』の関連商品

コミック版
『空間凶機デバステイター』

『空間凶機デバステイター』

原作:吉田俊
   やぎむら亜樹
出版:アスキー
掲載:月刊アスキーコミック
巻数:全1巻
OVA版の前日譚であり、主人公はリョウやカオルの親友であるケンジョウ・マサト。主役メカとしてバーサス1号ことスティングレイ・バーサスが登場する。
ゲーム版
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【天地無用!】元祖ハーレムアニメとして名高い本作!何故かモテまくる主人公をめぐる美少女達の恋の鞘当てにドキドキ

【天地無用!】元祖ハーレムアニメとして名高い本作!何故かモテまくる主人公をめぐる美少女達の恋の鞘当てにドキドキ

天地無用!は岡山県を舞台にしたSF・ラブコメ作品です。1992年-1994年に「OVA:天地無用!魎皇鬼シリーズ」を始め、ライトノベル小説・漫画・映画など幅広いメディアで公開されていました。平凡な主人公が突然宇宙人達の騒動に巻き込まれ、宇宙の艦隊戦から美少女に囲まれた羨ましい日常生活を送る様子まで、魅力的な内容が詰まった本作をもう一度振り返ってみませんか?
ひろすみ | 544 view
OVA版【ねこひきのオルオラネ】夢枕獏によるファンタジー小説のアニメ化!ほのぼのとした世界観が堪らない!

OVA版【ねこひきのオルオラネ】夢枕獏によるファンタジー小説のアニメ化!ほのぼのとした世界観が堪らない!

『ねこひきのオルオラネ』は小説家として有名な夢枕獏さんが生んだ短編のファンタジー小説です。1979年に発売され、1992年にはオリジナルビデオとしてアニメ化も実現しています。今回の記事ではOVA版『ねこひきのオルオラネ』について、その本編動画やストーリー・魅力などを振り返っていきます。
tsukumo2403 | 145 view
OVA版【東京BABYLON】呪いや怨霊から人々を守る陰陽師の物語!テレビ版は盗作騒ぎで炎上して制作・放送中止に?

OVA版【東京BABYLON】呪いや怨霊から人々を守る陰陽師の物語!テレビ版は盗作騒ぎで炎上して制作・放送中止に?

2021年春から放送開始の予定だった『東京BABYLON2021』。盗作騒ぎが噴出して、制作・放送中止が発表されたのは皆さんの記憶に新しいと思います。今回の記事でご紹介したいのは、1992年に発売されたOVA版『東京BABYLON』のほうです。少し盗作騒ぎに触れつつも、OVA版の本編動画やストーリー・魅力について振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 246 view
【藤子-F-不二雄SF短編シアター】少し不思議なストーリー11作品を全てチェック!

【藤子-F-不二雄SF短編シアター】少し不思議なストーリー11作品を全てチェック!

『ドラえもん』など数々の名作コンテンツを生み出してきた藤子-F-不二雄さん。作風的には子供向けのものが多いですが、OVA版『藤子-F-不二雄SF短編シアター』に収録されている作品は青年・成人層を意識されているようです。個別に11作品全ての記事を書きましたので、それぞれのリンク先を紹介しながら、その内容を振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 1,185 view
【創世機士ガイアース】ビッグウォーによって滅びた文明!殺人マシンが徘徊するようになった世界を描いたOVA作品!

【創世機士ガイアース】ビッグウォーによって滅びた文明!殺人マシンが徘徊するようになった世界を描いたOVA作品!

人気コミックや小説を原作としたアニメ化ではなく、完全オリジナルの作品として制作された『創世機士ガイアース』。大量破壊兵器・AI技術といった要素もリアリティーのあるもので、当時は多くのファンを唸らせました。今回の記事では、そんなOVA『創世機士ガイアース』に改めて焦点を当てて、本編動画やストーリー・魅力など振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 207 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト