懐かしい70年代と80年代のロボットアニメヒロイン&テーマ曲のカップリングまとめ【前半】南原ちずる・弓さやか・早乙女ミチル・桜野マリほか18名
2015年9月16日 更新

懐かしい70年代と80年代のロボットアニメヒロイン&テーマ曲のカップリングまとめ【前半】南原ちずる・弓さやか・早乙女ミチル・桜野マリほか18名

コンバトラーVの人気のヒロイン南原ちずるやマジンガーZの弓さやか他合計18ヒロインの紹介とテーマ曲のまとめです。

33,104 view

歴代トップレベルの大人気 超電磁ロボ コン・バトラーV(1976年) 南原ちずる

南原ちずる(なんばらちずる)

南原ちずる(なんばらちずる)

バトルマリンのパイロットで、各バトルマシンの応急修理や後方支援を担当。

南原猛博士の孫娘で、海洋学、医学、ロボット工学の知識を持つ才女。ピアノや水泳、体操なども得意だが、一方で歯軋りが酷いという美少女らしからぬ欠点も持つ。

心臓弁膜症という持病を患っていたが仲間に心配をかけまいと、その事を隠し続けて戦っていた。後に手術を受け、全快した模様。

葵豹馬に想いを寄せており、彼の身代わりにマグマ獣との決闘に臨むなど、物語の要所要所で愛情の深さを示しているのだが、本人が素直になれないのと、豹馬が朴念仁なせいでなかなか進展しなかった。しかし、最終回で一緒に南原コネクションで暮らす事になったようである。また、重症の豹馬に代わって一度だけ超電磁スピンを操作した事がある。
(引用:スーパーロボット大戦Wiki)
主役ロボを構成するチームの一人。当時、アニメヒロインと...

主役ロボを構成するチームの一人。当時、アニメヒロインとして圧倒的な人気を誇っていた。シャワーシーンを披露した点でも評価は高い。

コン・バトラーV [STEREO] - YouTube

『超電磁ロボ コン・バトラーV』(ちょうでんじロボ コン・バトラーブイ)とは、NETの土曜日18:00-18:30枠において、1976年(昭和51年)4月17日から1977年(昭和52年)5月28日にかけて全54話が放送されたテレビシリーズの題名。なお、1977年4月2日放送分からのキー局名は、テレビ朝日に変更されている。ナレーションは山田俊司(現・キートン山田)。
本作は東映テレビ事業部が初めて製作したテレビアニメである。それまでの東映アニメとは違い、東映テレビ事業部が企画、制作を創映社(現・サンライズ)に委託するという手法をとった。
1976年3月26日まで放送されていた『勇者ライディーン』のメインスタッフを招集することで、後に「長浜ロマンロボット3部作」と呼ばれる作品群の第1作目に数えられている。通称は『コンV』。
本作によって開始された東映テレビ事業部企画・八手三郎ロボットアニメシリーズは、その後もキー局・制作会社・代理店などを替えながら、1984-85年放送の『ビデオ戦士レザリオン』まで続くことになる。
ガンダムの安彦良和さんのキャラクターです。ライディーン...

ガンダムの安彦良和さんのキャラクターです。ライディーンの桜野マリを進化させたのが南原ちずるでしょう。

お色気カット:入浴シーン。最後のページに、この続きが9...

お色気カット:入浴シーン。最後のページに、この続きが9枚あります。

「マジンガーZ(1972年)」の元祖ロボットヒロイン 弓さやか

弓さやか(ゆみさやか)

弓さやか(ゆみさやか)

お転婆かつ勝気な性格で、兜甲児に好意を寄せるが、素直になれず喧嘩することが多い。嫉妬心も強く、ロボットであるミネルバXにも向けられるほど。地元の高校に進学せず、光子力研究所で働いている。

スパロボでは同じ甲児に好意を持つUFOロボ グレンダイザーのマリア・フリードとよく喧嘩している。
(引用:スーパーロボット大戦Wiki)
http://ekizo.mandarake.co.jp/aucimg/3/4/0/7/0000733407.jpeg (1180596)

アニソン マジンガーZ OP - YouTube

http://image01w.seesaawiki.jp/e/3/ebatan3/6746c0d9.jpg (1180598)

http://thumbnail.image.shashinkan.rakuten.co.jp/shashinkan-core/showPhoto/?pkey=19d0515c09400b3a9430d50337f9c2f9ee1582dd.79.2.2.2a1.jpg (1180599)

http://blog-imgs-54.fc2.com/a/n/i/animechuninow/poverty109941.jpg (1180600)

http://i.ytimg.com/vi/if5ueob8LhA/maxresdefault.jpg (1180601)

ゲッターシリーズ(1976年)のヒロイン、早乙女ミチル

ゲッターロボ 早乙女ミチル(さおとめみちる)

ゲッターロボ 早乙女ミチル(さおとめみちる)

ゲッターチームの一人で、早乙女博士の娘。作中ではコマンドマシンやレディコマンドを操縦してゲッターロボの支援に回っている。勝ち気な性格で、支援というよりは「共に戦う仲間」である。最終的には隼人といい関係になっていた。
(引用:スーパーロボット大戦Wiki)
http://blog-imgs-54.fc2.com/a/n/i/animechuninow/poverty109945s.jpg (1180604)

http://ekizo.mandarake.co.jp/aucimg/1/8/9/6/0000791896.jpeg (1180605)

ゲッターロボ OP [STEREO] - YouTube

http://thumbnail.image.shashinkan.rakuten.co.jp/shashinkan-core/showPhoto/?pkey=3f525a09086fcb05c3de5ce50fd13cf3e93012b9.79.2.2.2a1.jpg (1180607)

101 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

タカラ(現タカラトミー)のマグネモシリーズ『鋼鉄ジーグ』『ゴワッパー5 ゴーダム』『マグネロボ ガ・キーン』『超人戦隊バラタック』

タカラ(現タカラトミー)のマグネモシリーズ『鋼鉄ジーグ』『ゴワッパー5 ゴーダム』『マグネロボ ガ・キーン』『超人戦隊バラタック』

1970年代にタカラ(現タカラトミー)がスポンサーとなって放送したマグネモ規格のロボットアニメシリーズ「マグネロボシリーズ」。タカラのマグネロボシリーズの中でも、『鋼鉄ジーグ』は特に人気があり、超合金のマジンガーZをも凌ぐ大ヒットとなりました。タカラ「マグネモシリーズ」をおさらいしてみましょう。
トントン | 12,996 view
マグネロボ路線第3弾。今度のヒーロー達は超能力でメカを操作!!敵とのドタバタ劇を繰り広げるアニメ『超人戦隊バラタック』

マグネロボ路線第3弾。今度のヒーロー達は超能力でメカを操作!!敵とのドタバタ劇を繰り広げるアニメ『超人戦隊バラタック』

マグネロボ路線第3弾。ロボットもので初のコメディに挑戦した意欲作です。5人のバラタック・シークレットが悪の組織シャイザック一味と戦います。
星ゾラ | 5,746 view
 『超電磁ロボ コン・バトラーV』 合体ロボは男子のロマン!

 『超電磁ロボ コン・バトラーV』 合体ロボは男子のロマン!

身長57メートル、体重550トン。ここまで身長体重が知れ渡っているロボットは日本で随一と言ってもいいでしょう。アニメ初となる5台合体ロボットで男子のハートを鷲掴みにした『超電磁ロボ コン・バトラーV』の魅力に迫ります。
トムキャット | 10,726 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト