カラパナ  (Kalapana) ハワイ生まれのAOR音楽・サーファーに憧れた青春の一時期を思い出そう!
2017年3月30日 更新

カラパナ (Kalapana) ハワイ生まれのAOR音楽・サーファーに憧れた青春の一時期を思い出そう!

70年代から80年代に聴いた、ハワイ生まれのAOR音楽「カラパナ」。サーファーにあこがれていた頃のライトでメロウなサウンドが懐かしい。いま当時のレコードがCD化されている。カラパナのライブ動画観ながら過ぎていった青春の一時期を思い出そう。

2,810 view

ハワイ生まれのAORバンド「カラパナ」

Instagram (1840311)

ハワイ出身のメンバーによるAORバンド。
カラパナの初期メンバーは、マッキー・フェアリー、カーク・トンプソン、マラニ・ビリュ―、
D・J・プラットの4人。

カラパナの4人のヒゲが密かにビジュアル的なトレンドになっていた。
昔サファーだった、あの頃のお兄さんは、一時期ヒゲを生やしたことがあるのではないか?

画像の左のマッキー・フェアリーの髪型とヒゲは当時のサファーのトレンドだ。
1973年、マラニとDJが組んでいたバンドにマッキーとカークが加入し、カラパナとなる。1975年に、デビュー・アルバム『Kalapana(邦題:「ワイキキの青い空」)』からのリカット・シングル「Nightbird」がヒットを放ち、カラパナの存在はアメリカ本土でも知られることとなる。
カラパナの「 愛しのジュリエット 」

カラパナの「 愛しのジュリエット 」

1974年には、日本で発売された2作目のアルバム『Juliette(邦題:愛しのジュリエット)』もヒットする。

当時のサーファーブームもともないカラパナは日本でも広く知られるようになる。


日本で発売されたレコードのジャケットに写るカラパナのメンバー姿はサーファーより、70年代のヒッピーのテイストを残している。
1976年6月にカラパナはワイキキ・シェルで コンサートを3回行った。
そして、25,000人の観客を動員した。
マッキー・フェアリー亡き後のカラパナ

マッキー・フェアリー亡き後のカラパナ

マッキー・フェアリーは、カラパナ脱退後の1978年にソロアルバム「Mackey Feary Band」(マッキー・フェアリー・バンド)を発表している。

カラパナのサーフ・ロックからさらに進化したマッキー・フェアリーのファースロアルバム。
ジャズやソウル、ラテン調のメロウな名曲が揃った幻のCD。
1999年にマッキーがドラッグの乱用により獄中で自殺してしまう。マッキーの死は残されたマラニ、DJ、ケンジ、ゲイロードの4人にとって衝撃的なものであったが、現在も精力的に活動している。

カラパナの由来とAOR音楽

Sarah Bromke(@Sarizonah)さん | Twitter (1840428)

バンド名「カラパナ」(Kalapana)の由来は、sprouting money(萌える芽吹き) 。

カークトンプソンはその意味を「音楽の鼓動」だと言い、DJは 「Black Sand」と感じていた。
そして、結論は「カラパナ」に決まった。
Amazon.co.jp: オムニバス, サマー, カラパナ, マッキー・フェアリー・バンド, レムリア, テンダー・リーフ, パシフィック・コースト・ジャム : ソフト・アンド・メロウ~ハワイアンAORクラシックス - ミュージック (1840431)

「AOR」とは、「Audio-Oriented Rock」の意味。

1970年代から1980年代初めにかけて、米国で使われた。ボーカルを聴かせるクロスオーバー的な大人のサウンドがロック音楽とは一線を画す。

1980年代にはレコードアルバムを主流にした「Album-Oriented Rock」が生まれた。

80年代以降の日本では、大人向けのメロウなロック「Adult-oriented Rock」として解釈されている。
1980年に田中康夫が発表した小説『なんとなく、クリスタル』。翌年の81年には芥川賞の候補になり、女優の「かとうかずこ」主演で映画化された。この映画のサントラに使われた「ボズ・スキャッグス」も80年代の有名なAOR音楽と言える。

カラパナのユーチューブ動画 ・ライブ

Kalapana- What Do I Do (Live)

カラパナのライブ動画「What Do I Do 」
1975年発売、カラパナのファーストアルバム「 KALAPANA / ワイキキの青い空」に「What Do I Do 」は収録されている。

Kalapana- Moon & Stars (Live At The Waikiki Shell 1984)

カッコいい!

1984年ハワイ・ワイキキでのカラパナのライブ動画「Moon & Stars」

Kalapana- Juliette (Live At The Waikiki Shell 1984)

1984年ハワイ・ワイキキでのカラパナのライブ動画「Juliette」名曲「愛しのジュリエット」

Kalapana - Nightbird

カラパナのライブ動画「Nightbird」1978年発売。

Many Classic Moments (Kalapana)

カラパナ「 メニークラシックモーメンツ」ライブ動画
1977年 のサーフィン映画「Many Classic Moments」より。

ハワイのカラパナ

ハワイのカラパナ

ハワイのカラパナ

ハワイ島のハワイ火山国立公園では、世界遺産キラウエア火山から流れる溶岩流を観測できる、カラパナ溶岩ウォークが楽しめる。
47 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1993年に死去したフランク・ザッパが「ホログラム映像」になってツアーを開催すると話題に!!

1993年に死去したフランク・ザッパが「ホログラム映像」になってツアーを開催すると話題に!!

60年代から90年代にかけて前衛的なロックを展開し、今なお多くのミュージシャンに影響を与え続けているフランク・ザッパ(1993年死去)が、「ホログラムツアー」の開催に向けて準備をしていることが明らかとなりました。
隣人速報 | 293 view
マライア・キャリーが東京・大阪で来日公演!ベスト盤&新作アルバムリリース、北米ツアーも決定で絶好調!

マライア・キャリーが東京・大阪で来日公演!ベスト盤&新作アルバムリリース、北米ツアーも決定で絶好調!

世界を代表する歌姫、マライア・キャリーの来日公演「MARIAH CAREY Live in Concert Japan Tour 2018」の追加公演が、東京・日本武道館と大阪・大阪市中央体育館で開催されることが決定しました。ベスト盤や新作アルバムのリリースなどもあり、マライア旋風が吹き荒れますよ!
隣人速報 | 316 view
「ネイティブ・サン」日本のフュージョンバンド

「ネイティブ・サン」日本のフュージョンバンド

1970年代から80年代の日本のフュージョンブームに活躍したバンド「ネイティブ・サン」。懐かしいマクセルカセットのCMや与論島ライブ動画。「ネイティブ・サン」のメンバーやバンド名の意味。そして、フュージョンバンドゆえの迷走、解散にいたるまで。
70年代にディスコで踊った! 『悲しき願い』サンタ・エスメラルダ

70年代にディスコで踊った! 『悲しき願い』サンタ・エスメラルダ

70年代のディスコミュージックの名曲『悲しき願い』は、ディスコグループ「サンタ・エスメラルダ」によるバージョンが1978年にヒットしました。原曲『Don't Let Me Be Misunderstood』やカバー曲、ボーカルのリロイ・ゴメスの活動。
強烈なアイドル!能瀬慶子&アテンションプリーズ(引退後の動画あり)

強烈なアイドル!能瀬慶子&アテンションプリーズ(引退後の動画あり)

昭和の記憶に残っている能瀬慶子あの歌声と、個性的な演技。強烈な印象を残したアイドル能瀬慶子の当時の動画や水着画像。引退後の動画。浜田省吾が提供した曲など。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト