映画『潮騒』山口百恵の清純さと三浦友和の伝説のふんどし姿 
2017年6月14日 更新

映画『潮騒』山口百恵の清純さと三浦友和の伝説のふんどし姿 

1975年映画第4作目映画『潮騒』。主役は山口百恵。相手役は無名だった三浦友和。当時は百恵のヌードやラブシーンが話題になった映画だ。二人の若い頃の画像で映画の見所、名場面をご紹介。あまり知られていない、三浦友和の伝説のふんどし姿やネタバレ感想。

10,375 view

1975年の映画『潮騒』

ほうとうひろしさんのツイート: "息が詰まる場面になんとか爽やかさを出そうと孤軍奮闘するBGMがとても恥ずかしい、山口百恵と三浦友和の『潮騒』1975 から「その火を飛び超えて来い」のシーン。 http://t.co/p8bXr7D9wO http://t.co/iz51h2DHKP" (1872957)

『潮騒』という映画は1954年から1985年までに5回も映画化されている。1964年の第2作目は吉永小百合がつとめ、山口百恵は第4作目。
第5作目は、当時山口百恵と同じホリプロに所属していた堀ちえみ。

当時16歳の山口百恵はと三浦友和のゴールデンコンビの2作めの映画作品である。

映画『潮騒』の原作は、三島文学

Amazon.co.jp: 映画パンフレット 「潮騒/お姐ちゃんお手やわらかに」 出演 山口百恵/三浦友和 和田アキ子/森昌子: おもちゃ (1872958)

『潮騒』(しおさい)の原作は三島由紀夫の小説。ギリシャ神話に登場する『ダフニスとクロエの』のエーゲ海の小島を舞台に困難を乗り越え愛を成就させる物語から着想を得たという。
他のアイドルとは一線を画していた山口百恵の清純なイメージ。映画『潮騒』は村の金もち村田照吉の娘の初江(山口百恵)と漁師の青年、久保新治(三浦友和)の出会いから、困難を乗り越えて結ばれるまでの物語だ。

ほかには、新治に想いを寄せ、初江との恋の邪魔をする千代子が、最後にこれまでの行いを悔い「二人をいっょにしてあげて」と手紙に託し、いなくなるところが泣かせる。

映画『潮騒』名場面シーン

モカさんのツイート: "アンパンマン見てたらジャムおじさんの代わりにパンの配達という名目のデートをしていたタオルくんとポッポちゃんが通り雨に見舞われてずぶ濡れで雨宿りするシーンが「北の国から’87初恋」もしくは「潮騒」オマージュ感でドキドキしました。1歳半の子には早すぎるな…(考えすぎ)。 https://t.co/tTWoirurQa" (1872646)

嵐の日に秘密の廃屋で二人は落ち合う。
居眠りをしている新治の前で初江は濡れた服を着替えている。
百恵さんのシミーズ(古い!)が肌に張り付き透ける姿や後ろからの上半身ヌードあり。

そこで目を覚ます新治、「目を開けたらいかん!」というが…。
新治は、目を開けて初江のことを見てしまう。

炎を挟んで立つ新治と初江。
「恥ずかしいの」という初江。「それなら俺も裸に」と服を脱いで、ふんどし一丁になる新治。

山口百恵が吐息まじりに発する「恥ずかしいの」の一言がとても魅力的だ。
あまちゃん 映画「潮騒」とは 吉永小百合・山口百恵 | イケてる、モノ・コト (1877136)

山口百恵の清純さが際立つ。

「その火を飛び越えてこい。その火を飛び越えた来たら…」

初江は炎の向こう側にいる新治に向かって言う。
この映画のワンシーンでボケをかましてください(^^♪ (第153弾)... - Yahoo!知恵袋 (1872641)

「まだ裸になっておらへん」と言う初江の言葉で、新治はふんどしも脱ぎ捨る。

全裸になった新治は、炎を飛び越えて初江のもとへ…。
蔵臼 金助さんのツイート: "『潮騒(1975)』5回映画化されている三島由紀夫原作小説ですが、世代的には4回目の山口百恵主演のこれですね。リリカルな文芸作で、監督の西河克己先生は大学時代、映画演出論の指導講師でした。授業よりも、本作の撮影時のエピソードとか雑談が印象的だった記憶。#1日1本オススメ映画 https://t.co/8Ii6Mz2Oba" (1872640)

若い男女は裸で抱き合う。
「嫁入り前の娘がこんなことをしちゃいかん!」「私あんたの嫁さんになる!」と初江からの逆プロポーズ。
Free photo: Fire, Flame, Barbecue, Charcoal - Free Image on Pixabay - 8837 (1877150)

外は嵐、心も体も、目の前の炎のごとく熱く燃え上がるふたり。初江も新治を受け入れたいが、関係を拒み結婚を誓いあう。
山口百恵自身の内に秘めた熱い思いが伝わる、百恵・友和ならではの感動のシーン。

映画『潮騒』名場面ネタバレ

映画『潮騒』名場目は、見つめ合う清純な百恵と一途な友和だから、あり得た「エロより情熱」のシーンだ。

普通の男女であれば、下記のような展開もあり得る。
”新治がふんどしを脱いだ時、初江の視線は自然に下に行き、新治の熱く燃える股間を確認した。
立派な新治の男性自身を見た初江は、結婚への期待に大きく胸を膨らました。”(笑)

それに「火を飛び越えて来い」→炎の横を通ったほうが安全だが、あえて火を飛び越える。
初江さん、誘っておいて「嫁入り前にいかん!」って、火を飛び越える前に言ってよ。

伝説:三浦友和のふんどし姿・映画『潮騒』の見どころ

あまちゃん 映画「潮騒」とは 吉永小百合・山口百恵 | イケてる、モノ・コト (1877138)

何度見ても感動する!『潮騒』の新治(三浦友和)のふんどし。
初江にうながされて、新治がふんどしを脱ぎ捨てるシーンの三浦友和の表情は最高だ息づかいが伝わってくる。
三浦友和のふんどし姿

三浦友和のふんどし姿

映画『潮騒』は山口百恵が主役を務めたことで海女の初江がクローズアップされる。
初江はたくましく、しっかりとした女だ。

そんな初江と出会い成長していく新治の変化も映画の見所と言える。

映画の最後では立派な男になった新治(三浦友和)がまぶしい。
出典 ameblo.jp

三島文学の一つのモチーフ「ふんどし」

『潮騒』原作者:三島由紀夫ののふんどし姿

『潮騒』原作者:三島由紀夫ののふんどし姿

三島由紀夫は、30歳ころからボディビルをはじめて、自身の肉体美を完成させた。

三島由紀夫の美学は男らしさ。
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

映画『ジャッカルの日』暗殺にまつわる政治スリラーの名作(1973年)

映画『ジャッカルの日』暗殺にまつわる政治スリラーの名作(1973年)

フォーサイスの原作を忠実に映画化。1960年代のフランスを舞台にシャルル・ド・ゴール大統領暗殺を計画する、フランス準軍事秘密組織「OAS」に雇われたイギリス人暗殺者「ジャッカル」とそれを阻止しようとするフランス官憲の政治スリラー映画です。
日本最後のクーデター『226』。昭和11年2月26日、その日は30年ぶりの大雪だった。

日本最後のクーデター『226』。昭和11年2月26日、その日は30年ぶりの大雪だった。

昭和11年(1936年)2月26日に陸軍青年将校たちが起こしたクーデター事件を、五社英雄監督が描いた大作。単なる事件の概要だけでなく、将校たちの人間関係、家族愛を見事にマッチさせたヒューマンストーリーを、実際の二・二六事件とともにご紹介しましょう。
ナベゲン | 5,082 view
映画「ふりむけば愛」は、山口百恵・三浦友和ペアでの8作目の作品でした。

映画「ふりむけば愛」は、山口百恵・三浦友和ペアでの8作目の作品でした。

映画「ふりむけば愛」。本作をきっかけに結婚を決意したとされる山口百恵・三浦友和のペア作品でした。監督は後に「時をかける少女」で、大ヒットを記録する大林宣彦を迎えました。
ひで語録 | 10,496 view
アグァ!グァテマラ!!冒頭百恵ちゃんがそう繰り返すヒット作「ホワイト・ラブ -White Love-」を見直します

アグァ!グァテマラ!!冒頭百恵ちゃんがそう繰り返すヒット作「ホワイト・ラブ -White Love-」を見直します

語学学校でスペイン語を習う受講生と講師の物語。ももえちゃんと三浦友和の共演第10作目の作品です。
ひで語録 | 3,197 view
NHK「まんてん」で主演を務めた宮地真緒の映画『夜明けまで離さない』のセル用DVDがR18版で発売決定!!

NHK「まんてん」で主演を務めた宮地真緒の映画『夜明けまで離さない』のセル用DVDがR18版で発売決定!!

10月27日(土)~11月2日(金)まで池袋シネマ・ロサにて公開予定の宮地真緒主演作品『夜明けまで離さない』のDVDが、11月7日にR18版として発売されることが決定しました。
隣人速報 | 1,475 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト