巨大人喰いダコVSシャチ!映画『テンタクルズ』のコミカライズ版はシャチと人間の友情物語!
2018年3月22日 更新

巨大人喰いダコVSシャチ!映画『テンタクルズ』のコミカライズ版はシャチと人間の友情物語!

「ジョーズ」の大ヒットから始まった動物パニック映画ブーム。70年代後半のこの時期にドッと日本の映画興行界に溢れだした巨大化し暴れる動物たち。そんな動物パニック映画の中でも『ジョーズ』並に期待された大作?映画『テンタクルズ』のコミカライズ版を紹介!

1,851 view
1975年公開の、人喰いザメ対人間の戦いを描いた傑作映画 『ジョーズ』。当時子供だった我々ミドルエッジ世代の脳裏に、「海ってコワい!」と強烈に刷り込んでくれた本作の大ヒットは、そのものズバリなタイトルの『シャーク!』や、『シャークトレジャー』などなど、当然その後数々のフォロワー映画を生み出すことになった。

当時の観客も、皆『ジョーズ』のあの恐怖を期待して見に行ったのだが、当然あれほどの予算とクオリティを望めるはずもなく、本家の『ジョーズ2』の登場までガッカリの連続を味わうことに・・・。
「もっと強烈な動物パニック映画が見たい!」そんな観客の心の声を反映してか、70年代後半のこの時期にドッと日本の映画興行界に溢れだしたのが、サメ以外が襲ってくるB級動物パニック映画の数々だったのだ!

例えばクマ、巨大グモ、アリ、は虫類、犬、シャチ、ハチ、あげくの果てには凶暴化したミミズまで!
とりあえず使える生き物は手当たり次第に使うその商売根性こそ、正に70年代の映画興行に満ち溢れていたエネルギーそのものだと言えるだろう。
そこで今回は、そんな動物パニック映画の中でも『ジョーズ』並に期待された大作?映画『テンタクルズ』のコミカライズ版を紹介することにしよう。
『テンタクルズ』公開当時の新聞広告

『テンタクルズ』公開当時の新聞広告

『ジョーズ』ほどの社会現象を巻き起こした話題作であれば、ミドルエッジ世代の子供たちでも親に映画館へ連れて行ってもらえたのだが、さすがにこれらB級動物パニック映画は親も躊躇する内容!鑑賞するには後年のテレビ放送を待たねばならなかった、我々ミドルエッジ世代の渇望を癒してくれたのがこのコミカライズ版という訳だが、果たして気になるその内容とは?

映画『テンタクルズ」』とは?

日本版のシングルレコード!

日本版のシングルレコード!

1977年の6月に、日本でも大々的に宣伝されて公開された本作。実際かなりの大作感を観客に与える様な宣伝展開がされており、当時小学生だった自分も夕方のテレビで宣伝スポットが流れていたのを覚えているほどだ。子供心にも確かに物凄く怖かったし、『キングコング』並みに金のかかった大作映画に見えたのも事実の本作。
日本版ポスターデザイン

日本版ポスターデザイン

作者はあの生賴範義先生!
更に当時の観客の想像力を刺激しまくったのが、『スターウォーズ帝国の逆襲』のポスターでも有名な伝説のイラストレーター、生賴範義先生の手によるド迫力のポスター!映画の実際の内容の100倍は面白そうなそのポスターデザインに、ミドルエッジ世代の子供たちは皆魅了され、更には心に恐怖のトラウマを植え付けられてしまったのだった。
本編より巨大ダコの登場シーン

本編より巨大ダコの登場シーン

『テンタクルズ』ストーリー

カリフォルニア湾岸で、赤ん坊や作業員などが次々と失踪。警察の捜査は難航するが、やがてベテラン記者が海底工事との関連性に気づく。工事会社の社長の依頼を受けて調査に乗り出した海洋学者は海底で巨大なタコと遭遇することに……。

『テンタクルズ』ブルーレイ発売用予告編

『テンタクルズ』コミカライズ版概略

掲載誌表紙

掲載誌表紙

このコミカライズ版が掲載されたのは、『月刊少年チャンピオン』の1977年7月号。作者はこの後、映画コミカライズ史に残る名作『惑星大戦争』を描かれる居村真二先生。全40ページにまとめられた本作は、映画の内容を主人公とシャチとの友情物語に絞り込み、映画では暗すぎて殆どその姿が分からない巨大ダコも堂々と登場するなど、冗談抜きで映画の100倍は素晴らしい出来となっている。

『テンタクルズ』コミカライズ版内容紹介

本編の扉絵

本編の扉絵

実は映画『ザ・ディープ』と『ジョーズ』へのオマージュとなっている点に注目!
最初の犠牲者は乳母車の中の赤ちゃん!

最初の犠牲者は乳母車の中の赤ちゃん!

調査に出た主人公の前に現れたのは?

調査に出た主人公の前に現れたのは?

タコが凶暴化した原因が判明!

タコが凶暴化した原因が判明!

31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ジャイアントスパイダー大襲来』コミカライズ版は、トホホな映画本編の100倍の迫力!

『ジャイアントスパイダー大襲来』コミカライズ版は、トホホな映画本編の100倍の迫力!

そのゲテモノ感溢れるタイトルが逆にミドルエッジ世代には心地よく響く、B級SF巨大モンスターパニック映画、それがこの『ジャイアントスパイダー大襲来』だ!見たくても見に行けなかった子供の頃の欲求を満たしてくれた、本作のコミカライズ版をご紹介!
滝口アキラ | 1,566 view
覚えてますか?幻のSPAC(スパック)ロマン映画『オルカ』!そのコミカライズ版の内容とは?

覚えてますか?幻のSPAC(スパック)ロマン映画『オルカ』!そのコミカライズ版の内容とは?

映画「テンタクルズ」で悪魔の大ダコを倒してくれた正義のヒーロー、それがオルカ=シャチ!今回紹介する1977年日本公開の映画『オルカ』は、そのオルカ対人間の対決を描いた、正に海洋生物版の西部劇!そのコミカライズ版をご紹介します!
滝口アキラ | 1,591 view
あのエロSF映画の迷作「フレッシュ・ゴードン」がコミカライズされていた!エロ満載なその内容とは?

あのエロSF映画の迷作「フレッシュ・ゴードン」がコミカライズされていた!エロ満載なその内容とは?

往年の人気ヒーロー『フラッシュ・ゴードン』のパロディポルノ映画として製作された本作は、『スター・ウォーズ』への憧れと、SF映画の魅力に目覚めてしまった世代にとって、文字通り大注目の作品。日本公開時に奇跡的に雑誌掲載されていた、この『フレッシュ・ゴードン』コミカライズ版を紹介しよう!
滝口アキラ | 6,654 view
『MEG ザ・モンスター』こそ、ミドルエッジ世代必見の夏映画!『JAWS』の恐怖が再び日本を襲う!

『MEG ザ・モンスター』こそ、ミドルエッジ世代必見の夏映画!『JAWS』の恐怖が再び日本を襲う!

パニックホラーの名作「JAWS」から早40年以上。大人になった今でも海に行くとジョーズの恐怖が蘇る人も多いはず。そんな「JAWS」の系譜とも言える巨大海洋生物パニックムービーとして現在公開中の『MEG ザ・モンスター』をミドルエッジ世代に紹介します!
滝口アキラ | 1,248 view
伝説の封印映画『ノストラダムスの大予言』のコミカライズ版は、ちゃんと人喰い描写が登場する問題作だった!

伝説の封印映画『ノストラダムスの大予言』のコミカライズ版は、ちゃんと人喰い描写が登場する問題作だった!

1973年11月に出版されて大ベストセラーとなった、五島勉の著書『ノストラダムスの大予言』を原作にパニック映画として公開された『ノストラダムスの大予言』劇場公開時には問題になったシーンがコミカライズ版で蘇った!
滝口アキラ | 4,364 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト