『ジャイアントスパイダー大襲来』コミカライズ版は、トホホな映画本編の100倍の迫力!
2018年3月31日 更新

『ジャイアントスパイダー大襲来』コミカライズ版は、トホホな映画本編の100倍の迫力!

そのゲテモノ感溢れるタイトルが逆にミドルエッジ世代には心地よく響く、B級SF巨大モンスターパニック映画、それがこの『ジャイアントスパイダー大襲来』だ!見たくても見に行けなかった子供の頃の欲求を満たしてくれた、本作のコミカライズ版をご紹介!

1,189 view
そのゲテモノ感溢れるタイトルが逆にミドルエッジ世代には心地よく響く、B級SF巨大モンスターパニック映画、それがこの『ジャイアントスパイダー大襲来』だ!
輸入版ブルーレイのジャケット

輸入版ブルーレイのジャケット

ブルース・リーとカンフー映画ブームが終わりを告げた1976年に、突然公開されたこの映画こそ、正に我々ミドルエッジ世代を直撃した、思い出のトラウマ映画だと言える。
子供の頃、テレビで流れていた宣伝スポットで、巨大グモが人間を飲み込むシーンや、丘の向こうからその巨大な姿と長い脚を現すシーンを見て、「うわ、スゴい!見たい!」と思った方も多かったのでは?
しかし残念ながら『テンタクルズ」』の回でも書いた通り、よほど理解のある親でなければ劇場に連れて行ってはもらえない内容だった本作。当然ながら、当時無念の涙を飲んだ子供たちも多かったのだ。
国内版DVD発売時の広告

国内版DVD発売時の広告

幸い、現在は無事に日本でもDVD化されており、いつでも高画質の大画面で鑑賞出来るようになっている本作。
しかし、やはり我々ミドルエッジ世代の脳裏に蘇るのは、見たくても見に行けなかった子供の頃の欲求を満たしてくれた、本作のコミカライズ版の存在だ!
そこで今回は子供の頃我々を楽しませてくれた、そのコミカライズ版を紹介してみたいと思う。

ミドルエッジ世代のトラウマ映画、『ジャイアントスパイダー大襲来」』とは?

宇宙から落下した隕石!そこから出現した巨大グモ対人間の戦いを描いた、SFモンスター・パニック映画と、公開当時は誰もが思っていた本作。実際、テレビスポットの短い映像に登場する巨大なクモは、子供心にも迫力満点で結構怖かったのを覚えている。
これが当時の子供にトラウマを残した、家よりデカい巨大グモだ!

これが当時の子供にトラウマを残した、家よりデカい巨大グモだ!

例えば二階建ての家より巨大なクモが、合成でなく実物大で出現するこのシーン。この衝撃映像に、当時どれだけ多くのミドルエッジ世代の子供たちの心が奪われたことか・・・。
白昼堂々住民を襲う、ジャイアントスパイダー!

白昼堂々住民を襲う、ジャイアントスパイダー!

ところがこの写真からもお分かりの通り、実際は巨大なハリボテのクモが祭りの神輿の様に台車に乗せられて移動するだけという、我々の期待と夢を打ち砕く低予算映画だったのだ。
『ジャイアントスパイダー大襲来』日本版ポスター

『ジャイアントスパイダー大襲来』日本版ポスター

ただ、確かに当時の観客が期待したのも無理はない。なにしろ本作のポスターデザインがご覧の様な奇跡のビジュアルに仕上がっていたため、観客はこのポスターの通りのシーンが登場すると期待して、劇場に足を運んでしまったという訳だ。
公開当時の新聞広告

公開当時の新聞広告

当時の新聞広告からもお分かりの様に、子供の目にも迫力満点だったこれらの宣伝用ビジュアル。しかも同時上映が未だにソフト化されていない幻の短編映画『ザ・カンフー』とあっては、当時の子供たちの間でも、文字通り話題の的だった本作。年齢的に一人では映画館にいけなかった、彼らの欲求と好奇心を満たしてくれた救世主こそ、これから紹介する本作のコミカライズ版だったのだ。

『ジャイアントスパイダー大襲来』コミカライズ版概略

掲載誌の表紙

掲載誌の表紙

このコミカライズ版が掲載されたのは、月刊少年チャンピオン1976年9月号。作者はこの頃の劇画ロードショーで常連となっていた、たなべせつを先生。全40ページで掲載された本作は、後で紹介する様に見開き2ページや片面1ページを使ってジャイアントスパイダーの登場シーンを描くなど、映画の100倍迫力のある内容となっていて実に見事!
当時子供で映画館に行けなかった我々を大いに楽しませてくれた、映画コミカライズ史に残る名作とされているのだ。

『ジャイアントスパイダー大襲来』コミカライズ版内容紹介

本作の扉絵

本作の扉絵

33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

覚えてますか?幻のSPAC(スパック)ロマン映画『オルカ』!そのコミカライズ版の内容とは?

覚えてますか?幻のSPAC(スパック)ロマン映画『オルカ』!そのコミカライズ版の内容とは?

映画「テンタクルズ」で悪魔の大ダコを倒してくれた正義のヒーロー、それがオルカ=シャチ!今回紹介する1977年日本公開の映画『オルカ』は、そのオルカ対人間の対決を描いた、正に海洋生物版の西部劇!そのコミカライズ版をご紹介します!
滝口アキラ | 973 view
巨大人喰いダコVSシャチ!映画『テンタクルズ』のコミカライズ版はシャチと人間の友情物語!

巨大人喰いダコVSシャチ!映画『テンタクルズ』のコミカライズ版はシャチと人間の友情物語!

「ジョーズ」の大ヒットから始まった動物パニック映画ブーム。70年代後半のこの時期にドッと日本の映画興行界に溢れだした巨大化し暴れる動物たち。そんな動物パニック映画の中でも『ジョーズ』並に期待された大作?映画『テンタクルズ』のコミカライズ版を紹介!
滝口アキラ | 1,033 view
伝説の封印映画『ノストラダムスの大予言』のコミカライズ版は、ちゃんと人喰い描写が登場する問題作だった!

伝説の封印映画『ノストラダムスの大予言』のコミカライズ版は、ちゃんと人喰い描写が登場する問題作だった!

1973年11月に出版されて大ベストセラーとなった、五島勉の著書『ノストラダムスの大予言』を原作にパニック映画として公開された『ノストラダムスの大予言』劇場公開時には問題になったシーンがコミカライズ版で蘇った!
滝口アキラ | 3,220 view
『ジュラシック・パーク』のコミカライズ版は、子供たちを主人公にした夢と冒険の物語!

『ジュラシック・パーク』のコミカライズ版は、子供たちを主人公にした夢と冒険の物語!

恐竜パニック映画の金字塔「ジュラシック・パーク」シリーズ化され2018年の今も最新作が公開中である。記念すべき第1作が公開されたのは1993年。興行収入で当時の世界1位を叩き出した人気映画のコミカライズ版を紹介しよう!
滝口アキラ | 836 view
SF映画『惑星大戦争』コミカライズ版は、ヒロインが全裸で拷問されるスゴい内容だった!

SF映画『惑星大戦争』コミカライズ版は、ヒロインが全裸で拷問されるスゴい内容だった!

『スター・ウォーズ』全米公開と同じ1977年の12月に、あの東宝がお正月映画として堂々公開したのが、この『惑星大戦争』だ!その独自のアレンジでマニアの間でも名作の呼び声が高い、この『惑星大戦争』コミカライズ版を紹介しよう!
滝口アキラ | 8,993 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト