覚えてますか?幻のSPAC(スパック)ロマン映画『オルカ』!そのコミカライズ版の内容とは?
2018年3月25日 更新

覚えてますか?幻のSPAC(スパック)ロマン映画『オルカ』!そのコミカライズ版の内容とは?

映画「テンタクルズ」で悪魔の大ダコを倒してくれた正義のヒーロー、それがオルカ=シャチ!今回紹介する1977年日本公開の映画『オルカ』は、そのオルカ対人間の対決を描いた、正に海洋生物版の西部劇!そのコミカライズ版をご紹介します!

1,837 view
映画「テンタクルズ」で悪魔の大ダコを倒してくれた正義のヒーロー、それがオルカ=シャチ!
今回紹介する1977年日本公開の映画『オルカ』は、そのオルカ対人間の対決を描いた、正に海洋生物版の西部劇といった内容となっている。
『オルカ』の初期ポスター

『オルカ』の初期ポスター

ところで、ミドルエッジ世代の皆さんは、『SPACロマン』という宣伝文句を覚えているだろうか?そう、当時の配給元だった東宝東和が作り出した新たな映画ジャンル、それがこのSPAC=スパックロマンだ!
『オルカ』のチラシ

『オルカ』のチラシ

宣伝コピーにも、「耳を澄ましてごらん。海鳴りが”スパック”と囁くのが聞こえる」とある様に、当時の配給会社もこの新語を流行らせようとしたのだが・・・。
ちなみにこのSPACは略語で、それぞれS=サイエンス、P=パニック、A=アドベンチャー、そしてC=シネマということになっている。早い話が派手な見せ場で商売になる大作(制作費が多い)という訳だ。

実はこのSPACロマンの記念すべき第1作目こそ、今回紹介する映画『オルカ』なのだが、残念ながらこの名称は全く定着せず、もはや死語となっているのは皆さんご承知の通り。これこそ正に、70年代の映画宣伝部の熱気と自由度が良く分かるエピソードだ。
『オルカ』のチラシ

『オルカ』のチラシ

2匹のオルカが飛び上がるこのメインポスター!このデザインのカッコ良さが、当時の子供たちの心を鷲掴みにしたのは言うまでもない。
前回紹介した映画『テンタクルズ』公開の半年後、1977年の12月にお正月映画として公開された本作は、やはり当時の観客の絶大な期待を集めて公開されたのだが、もともと表情に乏しく喜怒哀楽がはっきり判らないシャチが主人公では、残念ながら『ジョーズ』の恐怖を越えることは出来なかった。

『オルカ』ストーリー

カナダ・ニューファンドランドの漁師ノーランは、水族館へ売るためにメスのオルカ(シャチ)を生け捕りにしようとするが、妊娠している子供もろとも死なせてしまう。
妻子を失ったオスのオルカは、ノーランの仲間や港の設備を襲う。交通事故で妻子を亡くした経験を持ち、オルカへの同情を禁じ得ないノーランだが、オルカの復讐による被害は漁村全体に及び、苦悩しながらも避けることの出来ない対決のため氷海へ船を走らせるのだが・・・。

Wikipediaより

「オルカ」予告編映像

『オルカ』コミカライズ版概略

掲載誌表紙

掲載誌表紙

このコミカライズ版が掲載されたのは、『月刊少年チャンピオン』1978年1月号。『月刊少年チャンピオン』での映画コミカライズ版の連載は、1977年8月号掲載の『ザ・ディープ』で一旦終了。

その後は増刊号などに不定期に掲載されたのだが、連載終了から数ヶ月を経て本誌に掲載されたこの『オルカ』が、『月刊少年チャンピオン』連載の劇画ロードーショー最終作品とされている。本作の作者は、動物漫画の第一人者である石川球太先生。過去に黒沢明監督の『デルスウザーラ』のコミカライズ版を描かれて以来の登場となっている。

『オルカ』コミカライズ版内容紹介

本作の扉絵

本作の扉絵

石川先生が描く迫力満点のシャチ!
事の発端は人間側にあった。

事の発端は人間側にあった。

群れの中で一番大きなオルカを狙ったノーラン。ところが狙いがそれてしまい、隣にいたメスのオルカに当たってしまった。これがそもそもの原因になるとは・・・。
実はメスは妊娠していた!

実はメスは妊娠していた!

眼の前で子供が死んで泣き叫ぶオスのオルカ!
あまりにヒドい人間たちの仕打ち!

あまりにヒドい人間たちの仕打ち!

自分たちが殺しておいてこの態度!オルカでなくても復讐したくなるのは当然だろう。
人間の勝手なオルカ狩りのせいで、妊娠中の妻を殺された雄のオルカ。こうして自身の目の前で妻子を惨殺された雄のオルカは、敵の人間たちを追跡し、次々に殺害し復讐を果たしていくのだった。
まずは子供にヒドい扱いをした男を噛み殺す!

まずは子供にヒドい扱いをした男を噛み殺す!

28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • G君 2018/3/25 20:24

    当時〈オルカ〉を観たくて観たくてお年玉を握りしめて映画館へ。ところが同時上映の〈カプリコン1〉の方が断然面白かったというオチ。〈少年チャンピオン〉も愛読していたはずですが、この〈オルカ〉のコミカライズは覚えていません。〈ザ・チャイルド〉のコミカライズは読んだ記憶がありますが、あれは〈少年チャンピオン〉だったのでしょうか?

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ジャイアントスパイダー大襲来』コミカライズ版は、トホホな映画本編の100倍の迫力!

『ジャイアントスパイダー大襲来』コミカライズ版は、トホホな映画本編の100倍の迫力!

そのゲテモノ感溢れるタイトルが逆にミドルエッジ世代には心地よく響く、B級SF巨大モンスターパニック映画、それがこの『ジャイアントスパイダー大襲来』だ!見たくても見に行けなかった子供の頃の欲求を満たしてくれた、本作のコミカライズ版をご紹介!
滝口アキラ | 1,785 view
巨大人喰いダコVSシャチ!映画『テンタクルズ』のコミカライズ版はシャチと人間の友情物語!

巨大人喰いダコVSシャチ!映画『テンタクルズ』のコミカライズ版はシャチと人間の友情物語!

「ジョーズ」の大ヒットから始まった動物パニック映画ブーム。70年代後半のこの時期にドッと日本の映画興行界に溢れだした巨大化し暴れる動物たち。そんな動物パニック映画の中でも『ジョーズ』並に期待された大作?映画『テンタクルズ』のコミカライズ版を紹介!
滝口アキラ | 2,207 view
「タワーリング・インフェルノ」コミカライズ版は、大火災VS熱い男たちのドラマが炸裂する傑作!

「タワーリング・インフェルノ」コミカライズ版は、大火災VS熱い男たちのドラマが炸裂する傑作!

超大作パニック映画の代名詞として使われるのが、今回紹介する1975年日本公開の映画「タワーリング・インフェルノ」のコミカライズ版を紹介!の2大スター夢の競演に加えて、138階立て超高層ビルの大火災は、日本映画には到底真似できないスケールのデカさ!
滝口アキラ | 3,914 view
伝説の封印映画『ノストラダムスの大予言』のコミカライズ版は、ちゃんと人喰い描写が登場する問題作だった!

伝説の封印映画『ノストラダムスの大予言』のコミカライズ版は、ちゃんと人喰い描写が登場する問題作だった!

1973年11月に出版されて大ベストセラーとなった、五島勉の著書『ノストラダムスの大予言』を原作にパニック映画として公開された『ノストラダムスの大予言』劇場公開時には問題になったシーンがコミカライズ版で蘇った!
滝口アキラ | 4,905 view
SF映画『惑星大戦争』コミカライズ版は、ヒロインが全裸で拷問されるスゴい内容だった!

SF映画『惑星大戦争』コミカライズ版は、ヒロインが全裸で拷問されるスゴい内容だった!

『スター・ウォーズ』全米公開と同じ1977年の12月に、あの東宝がお正月映画として堂々公開したのが、この『惑星大戦争』だ!その独自のアレンジでマニアの間でも名作の呼び声が高い、この『惑星大戦争』コミカライズ版を紹介しよう!
滝口アキラ | 11,599 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト