OVA版【悪魔の花嫁】人間の醜さを描いたホラー作品!そのストーリーや魅力を振り返る!
2021年1月26日 更新

OVA版【悪魔の花嫁】人間の醜さを描いたホラー作品!そのストーリーや魅力を振り返る!

原作コミックは1970年代より連載され、休刊期間を経ながらも、2010年代に完結を迎えたロングセラーです。今回のは、そんな『悪魔の花嫁』が1988年にOVA化されたコンテンツについて、そのストーリーや魅力を振り返っていきます。OVA版においても、入口として、その魅力を知るには充分な面白さです。ホラー好きは、ぜひ記事をご覧になってください。

496 view

『悪魔の花嫁』とは?

『悪魔の花嫁』

『悪魔の花嫁』

原作:池田悦子
作画:あしべゆうほ
連載:月刊プリンセス
    →別冊ビバプリンセス
     →ミステリーポニータ
出版:秋田書店
掲載:1975年~1990年(第2部)
   2007年~(最終章)
秋田書店の『月刊プリンセス』で1975年創刊号より連載。 連載は長期にわたったが物語に決着がつくことなく、掲載誌『別冊ビバプリンセス』の休刊と同時に1990年10月号をもって「第2部」が終了した。
その後、2007年5月7日発売の秋田書店の月刊誌ミステリーボニータ6月号にて、連載が再開された。従来の形式はほぼ1話完結の連作というスタイルを基本とする作品群だったが、「最終章」との副題がついてからの連載では各号での掲載が10ページから20ページ弱と少ないためか、1つのエピソードが複数回にわたり掲載されている。時折休載を挟みつつ断続的に継続された。
1983年にはLPにてイメージアルバム『悪魔の花嫁』がリリースされ、2005年にCDにて再発売された。1988年にはOVA化作品『悪魔の花嫁 蘭の組曲』がリリースされた。
OVA版『悪魔の花嫁』

OVA版『悪魔の花嫁』

原作:池田悦子
   あしべゆうほ
脚本:池田悦子
制作:秋田書店
   東映ビデオ
   マッドハウス
発売:1988年
話数:全1話
今回の記事は、こちらのOVA版『悪魔の花嫁』の内容を中心に紹介させていただきます。

OVA版『悪魔の花嫁』の本編動画・ストーリー

天界のヴィーナスは、生きながらにして朽ちていく美の女神。ヴィーナスのことを愛する悪魔デイモスは、その魂を救うため、その身代わりに美しい人間の女性・美奈子の身体をつけ狙うのでした。
美奈子の男友達・久松は蘭づくりの熱心で、コンクールで入賞するほど。そんな久松にも蘭づくりの世界では敵わない名人がおり、今度、その自宅を訪れる予定だと言います。
数日後、久松は行方不明になり、家族から捜索願が出されたことをを聞いた美奈子。彼女は蘭づくりの名人である大庭が久松の行方を知っているのではないかと、その自宅の住所を調べて訪問します。
そんな彼女の前に現れたのは悪魔デイモス。デイモスは、その邸宅に行くと美奈子にとって不幸なことが起きると告げました。しかし、美奈子はデイモスの忠告を聞かず、久松の行方を求めて大庭邸の門を叩くのでした…

OVA版『悪魔の花嫁』の魅力とは?

忌まわしい人間ドラマ

https://www.irasutoya.com/2014/09/blog-post_739.html (2253740)

天界で捕らわれの身となっているヴィーナス、悪魔のデイモス、人類を超越したキャラクターが登場する『悪魔の花嫁』。しかし、ストーリー構成の中心となっているのは人間で、その内面の醜さを描いたコンテンツとなっています。
本筋は美奈子の躯をつけ狙う悪魔デイモスといった構図でありながら、あくまでスポットを当てているのは狂気に満ちた人間の姿。常軌を逸した大庭家・姉弟の忌まわしさにゾッとするものがあります。
1話しか制作されなかったのが残念ですね。1990年代のホラーブームに合わせて、テレビアニメとして放送されれば、かなりの人気コンテンツになっていたかもしれません。そう考えると、少し残念な気がします。

豪華声優陣の出演

悪魔デイモスを演じた野沢那智さん、ヒロイン美奈子を演じた荘真由美さん、メインキャストのどちらもベテラン声優として有名な存在です。しかし、脇を固めるキャラクターの声優陣は、それ以上に豪華といえるかもしれません。
ヴィーナス:藤田淑子さん

ヴィーナス:藤田淑子さん

『キャッツアイ』の来生泪、『パタリロ!』のマライヒなども演じたことで、我々ミドルエッジ世代の記憶にも残っていますよね。
少年役を挙げるなら、『三つ目がとおる』の写楽保介、『ドラゴンクエスト・ダイの大冒険』のダイ、『キテレツ大百科』の木手英一といったキャラクターの声も担当されています。

大庭要:塩沢兼人さん

その特徴的な声を聞けば、一発で『北斗の拳』のレイの声優だと分かりますよね。
塩沢兼人さんの代表的な作品・キャラクターを挙げていくなら、『ハイスクール!奇面組』の物星大、『機動戦士ガンダム』のマ・クベ、『聖闘士星矢』牡羊座のムウといったところも有名ですよね。

今村刑事:増岡弘さん

OVA版『悪魔の花嫁』では少しイメージが違うので分かりづらいかもしれませんが、国民的アニメ『サザエさん』のマスオさんを演じていることで知られる声優です。
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト