負け犬サダ・定岡正二!生ダラでセナ、とんねるず石橋とのカート対決!
2016年7月30日 更新

負け犬サダ・定岡正二!生ダラでセナ、とんねるず石橋とのカート対決!

90年代とんねるずの生ダラでブレイクした「負け犬サダ」こと巨人のドラフト1位だった定岡正二。へなちょこと称され、高校時代のアイドル的扱いとは違った扱いをされた。天然ボケのキャラは同時期に生ダラへ出演していた輪島功一、輪島大士らと共に愛された。

13,543 view

巨人のドラフト1位だった定岡正二

さだおか しょうじ。
1956年11月29日生まれ。鹿児島県鹿児島市出身。
身長 184 cm。右投右打。

1974年にドラフト1位で巨人(読売ジャイアンツ)入り。

「定岡三兄弟」の次男であり、兄の智秋(元南海、内野手)、弟の徹久(元広島・日本ハム、外野手)も元プロ野球選手である。
巨人への入団時。定岡正二と長嶋茂雄監督

巨人への入団時。定岡正二と長嶋茂雄監督

2年目の1976年より一軍に定着し、先発投手となる。
1982年、15勝を挙げオールスターゲームに出場。決め球のスライダーは現在でいうカットボールであったという。
藤田元司監督の下、江川卓、西本聖と共に三本柱として投手陣を支えた。

また、甘いマスクも女性に人気があった。
巨人、三本柱の一角でもあった!

巨人、三本柱の一角でもあった!

レコードも発売!「ガラスの微笑み」

レコードも発売!「ガラスの微笑み」

1983年も7勝を挙げリーグ優勝に貢献するが、この年以降成績を落としてしまう。
また、槙原寛己や斎藤雅樹の台頭もあり、1985年オフに近鉄バファローズへのトレードを打診される。
しかし、それをまさか拒否し、29歳でそのまま現役引退した。

現役引退翌年の1986年には、アイク生原の紹介で、ドジャースのキャンプに打撃投手として参加している。
ドジャースのキャンプに参加する定岡正二

ドジャースのキャンプに参加する定岡正二

「芸能界には入らない」と断言するも、芸能人に転身!

1986年からTBSのスポーツキャスターに転向した。
引退会見時に「芸能界には入らない」と言い切っていたが、イザワオフィスに所属し、タレント活動を開始した。

前述の近鉄へのトレードを断った際の理由の一つに、「巨人のまま辞めた方がいい」という友人のアドバイスがあったそうだが、「29歳で余力を残したまま巨人を退団したイケメン」といったイメージが良い方向へ働いたように感じる。

下記動画は、大橋巨泉が司会を務めていた「クイズダービー」に出演した際のもの。

「クイズダービー 」5枠:定岡正二(前半)

生ダラの人気コーナーと定岡正二!

1991年10月から放送が開始された日本テレビ系列のバラエティ番組「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」(以下、生ダラ)で定岡の天然キャラが爆発する。

番組内で本来「おちゃのこさいさい」と言うところを「へなちょこさいさい」と言い間違えをしてしまう。
それをとんねるずに面白がられ、「へなちょこサダ」と命名され、準レギュラーとして出演することになる。

また、生ダラでの活躍からテレビ出演が増え、著名人との対談など、タレント活動がメインとなっていく。
数々の人気コーナーを生み出した生ダラ

数々の人気コーナーを生み出した生ダラ

「生ダラ 瞬間最高視聴率 ベスト10」

≪毎週水曜日にやっていたとんねるずの生ダラ≫

とんねるずが司会を務めたバラエティー番組。毎週、水曜日21時に放送されていた。

テリー伊藤や「進め!電波少年」のTプロデューサーこと土屋敏男も製作に関わっていた。

タイトルに「生」と入っているように、開始当初は生放送番組であったが、早い時期に収録番組に切り替えられている。

この番組では、とんねるずの「イジリ」も人気が高く、そのイジリによって、新たな一面や再評価を得た有名人が多かった。
定岡正二をはじめ、錦野旦や輪島功一、輪島大士などがそうである。

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」や「進め!電波少年」、「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」などと並び、90年代の日本テレビを代表するバラエティ番組であった。
生ダラでのとんねるず

生ダラでのとんねるず

石橋貴明が髪を伸ばしていたのも懐かしい!

人気コーナー その1 【生ダラKART GRAND PRIX】

番組中期の中心コーナーと言っても過言ではない、カートレースの真剣勝負シリーズ。

幼少時代からカートをやっていたアイルトン・セナや、ナイジェル・マンセル、ジャン・アレジ、鈴木亜久里、中嶋悟、高木虎之介といったF1ドライバーも出演したことがある。

近藤真彦、岩城滉一、舘ひろし、三原じゅん子、鶴見辰吾なども出演。

石橋は尊敬するアイルトン・セナに引っ掛けて、「アイルトン・タカ」というドライバー名で出場していた。
また、当初ゲストだった定岡正二(アイルトン・サダ)はこのコーナーで石橋のライバル的役回り(チーム対抗戦の時には石橋のチームメイト)を演じるようになり、コーナーのレギュラーとして人気を博すこととなる。
左からタカ!セナ!サダ!!

左からタカ!セナ!サダ!!

34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

伝説のエアマックス狩り再び?人気バラエティ「電波少年」がWOWOWで復活

伝説のエアマックス狩り再び?人気バラエティ「電波少年」がWOWOWで復活

90年代に日本テレビ系列で放送され人気となったバラエティ番組「電波少年」が、2021年1月より「電波少年W ~あなたのテレビの記憶を集めた~い!~」としてWOWOWで放送されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,180 view
東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東京・東村山市は、今年3月に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった同市の名誉市民・志村けんさんの銅像を建立するため、クラウドファンディングサイト「READY FOR」にて資金獲得のための「ありがとう志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」をスタートさせました。
隣人速報 | 1,212 view
Tバックの進化系?過激なコスチュームTフロントで衝撃を与えた『ピンクサターン』

Tバックの進化系?過激なコスチュームTフロントで衝撃を与えた『ピンクサターン』

飯島愛などによって流行したTバックを超えるTフロントを着用した『ピンクサターン』について紹介。
きちんとチキン | 101,850 view
紅白歌合戦以来実に20年ぶり!とんねるず・石橋貴明(58)がNHKの番組に生出演!!

紅白歌合戦以来実に20年ぶり!とんねるず・石橋貴明(58)がNHKの番組に生出演!!

とんねるず・石橋貴明(58)が、NHKのスポーツニュース番組「サンデースポーツ 2020」の8月30日放送分に生出演を果たしました。石橋がNHKの番組に生出演するのは、実に20年ぶりのこととなります。
隣人速報 | 3,815 view
かつて柳沢慎吾や原田泰造も出演!石橋貴明による「ねるとん紅鯨団」AbemaTVで再び!?

かつて柳沢慎吾や原田泰造も出演!石橋貴明による「ねるとん紅鯨団」AbemaTVで再び!?

AbemaTVにて、とんねるずの石橋貴明(57)が出演する特別番組「石橋貴明プレミアム第4弾 恋する沖縄48時間ムーンビーチでタカさんチェック!」が11月9日に放送されることが決定しました。
隣人速報 | 4,048 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト