【キッズ・リターン】と続編【キッズ・リターン 再会の時】を振り返る
2019年6月15日 更新

【キッズ・リターン】と続編【キッズ・リターン 再会の時】を振り返る

1996年に公開された『キッズ・リターン』は若者のの心情を繊細に捉えた作品だったと思います。そしてそのストーリーは【キッズ・リターン 再会の時】へと継承されました。両作ともに振り返ってみたいと思います。

632 view

キッズ・リターンとは

『キッズ・リターン』は1996年に公開された映画で、北野武監督の6作目となる作品でした。

監督・脚本共に北野武さんが務めました。
Amazon | キッズ・リターン [DVD] | 映画 (2112885)

あらすじ

この作品は、高校で落ちこぼれていたマサル(金子賢)とシンジ(安藤政信)の2人が中心となり描かれた物語です。
周りは受験で忙しくなっていくなか、落ちこぼれた2人は学校で悪戯やカツアゲなどをして過ごしていました。
ところが、ある日カツアゲの報復としてボクサーに一撃でやられたマサルは、ボクシングに憧れを持つ様になります。しかし、皮肉なことにボクシングの才能があったのはシンジの方でした。

マサルは自分にはボクシングの才能が無いと見切りをつけてヤクザの世界に入ります。
2人は違う世界で快進撃を続けていくのですが、やがて挫折を味わうことになり・・・

青年が大人の世界に踏み込み、さまざまな現実に直面する模様を描く青春映画です。

劇場予告編の動画

キッズ・リターン - 劇場予告編 (Takeshi Kitano)

印象的だったシーン

やはり何といってもラストシーンではないでしょうか?
挫折を味わった2人が、昔居た高校の校庭で自転車に乗りながらのセリフ。

「マーちゃん、俺たちもう終わっちゃったのかな?」
「バカヤロー、まだ始まっちゃいねぇよ」

これは良かったですよねぇ・・・
もしかしたら北野武監督には、このセリフとシーンが最初から頭の中で描かれていたのではないでしょうか?
忘れられないラストシーンだったと思います。

キッズ・リターン 再会の時

『キッズ・リターン 再会の時』は2013年に公開された映画で、清水浩監督の作品でした。

前作の北野武監督は、ビートたけしとして原案にクレジットされています。
Amazon | キッズ・リターン 再会の時 [DVD] | 映画 (2112890)

あらすじ

前作から10年の時が流れており、その間2人は会う事がありませんでした。
マサル(三浦貴大)は刑務所から出所したばかりで結局ヤクザの道に戻るしかなく、シンジ(平岡祐太)はボクシングでかませ犬にされており、2人ともうだつの上がらない日々を過ごしていました。
そんな時、偶然2人が再開し、マサルはシンジに対してもう一度ボクシングを頑張れと励まします。またマサルは極道としてやっていく決意を固め、2人はもう一度胸に火を灯すことになります。

マサルとシンジはお互い精神的に支え合っていくのですが、2人ともトラブルを抱えることに・・・

『キッズ・リターン』の続編として観る価値のある作品だと思います。

劇場予告編の動画

映画『キッズ・リターン 再会の時』予告編

本作の見どころ

監督は違いましたが原案にビートたけしの名義があり、ストーリーは完全に続編となっていたこの作品は、『キッズ・リターン』のファンとしては見ないわけにはいかない作品だったのではないでしょうか?
レビューを見ると酷評もありますが、見どころとしては10年の歳月が過ぎた2人が出会い、その2人がどの様になっていくのかに尽きると思います。
ラストは「そうかぁ そうなるよなぁ・・・」といった内容でしたが、是非観て確認して頂きたい作品です。

2作を振り返ってみて

2作共に共通していたのは、うだつの上がらない若者が大人の壁にぶつかり、挫折しもがきながらもこの日本という社会でどの様に生きていくかという姿だったと思います。
現代社会の拝金主義に戸惑う若者が、少しずつ大人になっていく様子がうかがえる作品だったと思います。

多くのレビューにある通り、確かに『キッズ・リターン』が強烈なインパクトを残す作品であった為、『キッズ・リターン 再会の時』はやや物足りなさがあったかもしれません。
ただ、北野武監督は「映画は監督のものだから」とコメントを残しています。きっと清水浩監督も『キッズ・リターン』の大ファンであり、自分の手で続編を撮ってみたいと思ったのだろうなぁと思います。

2作共に共通していたのは、昔の自分を投影し胸に響く内容でした。
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

初代「たまごっち」が初の完全復刻!「お世話しないと死ぬ仕様」も再現されてます!!

初代「たまごっち」が初の完全復刻!「お世話しないと死ぬ仕様」も再現されてます!!

1996年に発売され、当時大流行した携帯型育成ゲーム・初代「たまごっち」を完全復刻した商品「祝20しゅーねん!たまごっち」が11月23日に発売されます。お世話しないと死ぬ仕様も完全再現!!
隣人速報 | 3,913 view
世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

1996年3月に公開されたディズニー配給のフルCGアニメーション『トイ・ストーリー』。アプリ『ディズニー マイリトルドール』に、同作の人気キャラ、ウッディとバズ・ライトイヤーがリトルドールとなって登場した。
初代から約80%小型化した「ちびたまごっち」が発売!17日(金)から秋葉原で先行発売も!!

初代から約80%小型化した「ちびたまごっち」が発売!17日(金)から秋葉原で先行発売も!!

バンダイ ガールズトイ事業部は、3月17日(金)から「かえってきた! ちびたまごっち」の先行販売イベントを東京・秋葉原の「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」で行う。時間は17時30分から。
「アウトレイジ 最終章」の公開を記念して北野武の13作品がBlu-ray化!名作パッケージがズラリ!

「アウトレイジ 最終章」の公開を記念して北野武の13作品がBlu-ray化!名作パッケージがズラリ!

北野武監督のバイオレンス映画「アウトレイジ」。シリーズ3作目の「アウトレイジ 最終章」が、10月7日(土)に公開となる。公開を記念し、これまでBlu-ray化されていなかった北野武監督13作品がBlu-ray化される。
ビートたけし原作の映画『教祖誕生』 インチキ教祖を祭り上げ、金儲け!

ビートたけし原作の映画『教祖誕生』 インチキ教祖を祭り上げ、金儲け!

1993年11月20日公開の映画『教祖誕生』。ビートたけし原作の映画で天間敏宏監督の第一作目。音楽は元チェッカーズでF-BLOODの藤井尚之が担当。インチキな儀式を行う教祖など、宗教をシニカルかつユニークに描いた『教祖誕生』を特集する。
ひで語録 | 6,075 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト