明石家さんま、芸名の由来について。
2019年8月22日 更新

明石家さんま、芸名の由来について。

当世のお笑い怪獣、明石家さんま。長きにわたってお笑い界のトップに君臨していますが、デビュー時の芸名は笑福亭さんまでした。明石家さんまの芸名の由来について。

3,019 view

「お笑い怪獣」明石家さんま

2019年の初夏、お家騒動に揺れた吉本興業にあっても、明石家さんまの存在感は際立っていましたね。

長きにわたって日本のお笑い界をリードし、いまなお「お笑い怪獣」と称されトップに君臨する明石家さんま。本名の杉本高文という名前も知れ渡っていて、明石家一門があるわけでもないなか、この明石家さんまという芸名の由来について書いてみます。

18歳で笑福亭松之助に弟子入り

1974年2月、高校3年の時に二代目笑福亭松之助に弟子入りします。入門動機は、花月劇場で見た松之助の新作落語が面白かったから。高校卒業後の3月に、正式に内弟子修行を開始しました。
 (2134442)

タレント明石家さんまの師匠として知られた笑福亭松之助さん。落語家としては関西を拠点に上方落語を演じ、寄席で演じられる軽演劇の俳優兼劇作家としても長く活動。2019年2月に逝去するまで上方落語界における最年長の落語家でした。
本名は明石徳三さん。
したがって当初の芸名は笑福亭さんま。「さんま」の由来については奈良の実家がさんまの水産加工業を営んでいたことからでした。
松之助は、弟子の家業から名前を考案することが多く、さんまの兄弟弟子には、自転車店出身の明石家サドル、下着店出身の明石家パンツ、美容室出身の明石家パーマなどがいたという。命名時のエピソードとして、同期の島田紳助が師匠の島田洋之介・今喜多代に芸名を「紳助」と決められた時、さんまは「その名前やったら絶対売れへん」とからかい、紳助は落ち込んだが、そのすぐ後に「さんま」という芸名を貰った話を聞いて「こいつ(芸能人として)終わったな」と逆に大笑いされたというものがある。
後述しますが「明石家」はさんまが初めてではなく、笑福亭松之助の本名「明石」から、すでに兄弟子が「明石家」を名乗っていました。

それにしても現在の明石家さんまの影響力を考えると「サドル」「パンツ」「パーマ」よりは「さんま」で良かったのではないかと感じてしまいます。。。

1975年、笑福亭さんまとして初舞台

入門後、半年もせずに京都花月にて初舞台。古典落語のうち「播州めぐり」を10日間ほど口演しました。本人いわく「初舞台では緊張で頭が真っ白になって、ネタをやり直した」とのこと。

実は入門直後、内弟子修行を放り出して交際していた女性と共に上京して東京で一旗揚げようと試みています。これは「さんま駆け落ち事件」と呼ばれていますが師匠の笑福亭松之助は黙って見守り、上手くいかずに帰阪したさんまがスムースに復帰できるよう上方落語界や吉本興業への根回しをしていたそうです。

タレントとしての才能を見出される

当時、吉本興業で若手タレントのマネージャー的存在だった佐敷愼次氏は、さんまを古典落語でなく漫談家やテレビ司会者として育成したいとして、笑福亭松之助に打診します。

同氏の目には「人と交わることで光り輝く」さんまの才能が映っていたそうです。この打診に承諾を得られたことで、さんまのキャリアの方向性が定まったと言ってもよいでしょう。

1976年1月、明石家さんまデビュー

「11PM」の読売テレビ制作担当日(大阪イレブン)で放送された「落語家の成人式(20歳を迎える上方落語家をゲスト出演させる)」という企画で、そのときにさんまは明石家さんま名義で出演。

この前年、笑福亭松之助の助言で亭号を改め明石家さんまを名乗るようになります。「明石家」は笑福亭松之助の本名「明石徳三」から貰い受けたもので、当時は笑福亭松之助門下の多くが「明石家」を名乗っていました。

テレビデビュー当日、笑福亭松之助は「人と同じことして売れるはずがない、着物ではなく赤いブレザーを着ていけ。」と指示したそうです。
番組に出演していた横山やすしに「飲みに行こ!」と気に入られ、その後やすしに朝まで付き合わされ、その後やすしの家に招待されて朝の5時に競艇(ボート)のエンジン音のメーカー別の暗記と、30分後にテストをさせられたというが、翌日やすしは吉本興業の社員に対し「さんまは面白い」と売り込んでくれたと言う。この放送を見ていた松之助は、のちにさんまを大いに絶賛している。松之助曰く、出演者の多くが着物姿の中、忠告に従って営業用の赤いブレザーを着用して放送に臨み、またよくしゃべったさんまは目立ったという。

笑福亭から明石家に、落語家から漫談家に

笑福亭から明石家に屋号を変え、落語家から漫談家に転身した格好となったさんまは、うめだ花月の前座で披露していた小林繁(阪神タイガース投手)の投球フォームなどの形態模写で知られるようになります。

ヤングおー!おー! 桂三枝・明石家さんま(1979年)

1976年、毎日放送の人気番組「ヤングおー!おー!」に初出演。司会の桂三枝の目に留まり、1978年頃からレギュラー出演を果たします。

三枝の愛称「サニー」にあやかって「チャッピー」と愛称を付けられ、三枝の愛と厳しさに育まれながら、次第に頭角をあらわすこととなります。

極上のつかみ

23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ビバリーヒルズ青春白書の「ディラン」のものまねで大ブレイクした『なだぎ武』が消えた理由?

ビバリーヒルズ青春白書の「ディラン」のものまねで大ブレイクした『なだぎ武』が消えた理由?

一時期は、ビバリーヒルズ青春白書「ディラン・マッケイ」のネタでテレビで大活躍していたなだぎ武さん。最近はネタ番組始め、バラエティ番組でも見かけることがなくなりました。現在、なだぎさんはどうしているのでしょうか?
ギャング | 9,473 view
人気もあるけど、何故かアンチも多い有名人の方々!!

人気もあるけど、何故かアンチも多い有名人の方々!!

芸能界やスポーツ選手など有名人には付きもののアンチ、人気はあるものの、何故かアンチも多い有名人の方々います。そんな有名人の方々をまとめてみました。
ギャング | 19,406 view
【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
お笑いBIG3!「ビートたけし」の泣ける・笑える話。

お笑いBIG3!「ビートたけし」の泣ける・笑える話。

お笑い界のみならず、芸能界の大御所「ビートたけし」!彼にまつわる伝説や、知られざるエピソードなど教えて下さい!やっぱり素晴らしい人ですよね~!
知る人ぞ知る“超展開”マンガ「バレエ星」が48年の時を経て単行本化!サブカル好き必見!

知る人ぞ知る“超展開”マンガ「バレエ星」が48年の時を経て単行本化!サブカル好き必見!

かつて、小学館の学年誌に頻繁に掲載されていた「バレエ漫画」。そんなバレエ漫画の中でも異色の作品、谷ゆき子の「バレエ星」が、連載から50年近い時を経てついに単行本化を果たしました。その超展開ワールドを是非堪能してみましょう!
隣人速報 | 2,442 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト