「SALLY」彼らが目指していた音楽とは?
2019年11月5日 更新

「SALLY」彼らが目指していた音楽とは?

『バージンブルー』でデビューを果たした6人組バンド「SALLY」。彼らの2年間の音楽活動をファーストアルバムから探ってみました。

1,449 view

キリンレモンのCMソングでデビュー

1983年当時、杉本哲太が主演した、キリンレモンとのタイアップCMで流れていた『バージンブルー』を演奏していたバンドといえば、そう。SALLY。
 (2150334)

SALLYのメンバー
杉山 洋介 Vo.G
加藤 喜一 Vo.G
中野 真  B
岡田 尚  Sax.Key
箱崎 昇  Sax
中屋 全次郎 Dr.
当時はチェッカーズ全盛の時代。カラフルなかわいいチェックの衣装とおしゃれなヘアースタイル、ポップな楽曲でかなりの人気を誇っていました。

そこに法政一高在学中に文化祭に出場するために結成された「SALLY」が登場。
市松模様の衣装やビジュアルなど、コンセプトがチェッカーズと似ていたため「チェッカーズのマネ?」「第2のチェッカーズ」とも言われていました。
偶然のバンド構成、バンドスタイルだったにもかかわらず、です。
世の中はそうは見てくれないのですね。
メンバーはさぞかし悔しかったにちがいありません。

当時中学生だった私は、アイドルっぽいチェッカーズよりも、不良っぽい、SALLYのファンでした。
推しメンはリーダーの杉山洋介。
デビューアルバムを購入し、毎日レコードが擦り切れるくらい聴いたものです。

デビュー曲 バージンブルー

急遽変更で大ヒットとなったデビュー曲

デビュー曲ともなったバージンブルー。
当初は彼らのオリジナル曲でデビューのはずだったのですが、急遽この「バージンブルー」に変更。どことなくグループサウンズみたいで、本人たちもデモテープを聞いた時は「これを俺たちがやるのか?」とがっかりしたようです。本来はコーラスを活かしたピュアなロックンロールが彼らの持ち味だったようです。しかし、リードボーカル加藤喜一のけだるい感じとハスキーボイスはこの曲にぴったりはまり、売り上げ21万枚を超える大ヒットとなりました。
この曲でSALLYは日本有線放送大賞新人賞、日本レコード大賞新人賞を受賞しました!
サードシングルは本来デビュー曲となるはずだった「愛しのマリア」。
バージンブルーと曲調は似ていて、キレイな曲ですが、やはりデビュー曲は「バージンブルー」がよかったのだろうと感じます。

SALLY 愛しのマリア 1985

アルバムを聞けばわかる、彼らの音楽。

デビューアルバム『BADBOYS COME TONIGHT(夜をぶっとばせ!)』はデビュー曲「バージンブルー」発売の5か月後にリリースされました。
この曲を聞くと彼らが本当にやりたかった曲ってこれだったんだろうなってわかります。
ファーストアルバム「BADBOYS COME TONI...

ファーストアルバム「BADBOYS COME TONIGHT」

全11曲収録
1.BADBOYS COME TONIGHT
2.バージンブルー
3.恋はメリーゴーランド4
4.愛しのステディー・レディー
5.涙のハート・ブレイク・ナイト
6.オー・ヴィーナス
7.ガール
8.夏の日の恋
9.SWEET OLD DREAM
10.GOOD-BYE マイ・ダーリン
11.ワンダーランド・ナイト
1曲目のアルバムタイトルにもなっている「BADBOYS COME TONIGHT(夜をぶっとばせ!」は、曲調がロックンロールそのもので、ノリがよくてついつい踊ってしまいそうです。
この曲のメインボーカルは洋介。そしてギターリストとしての喜一のテクニックも楽しめます。
この曲を初めて聞いた時、全身に鳥肌が立ったのを今でも覚えています。

Bad boys come tonight~バージンブルー

そして、彼らがコーラスを得意とするバンドだということがよくわかるのが「ガール」。洋介と喜一のハモリが最高にきれいな曲です。しっとりしたバラードは聞いていてどこか切なくなります。

ガール SALLY 

アーティストであり続けるために

素敵な曲をリリースし、私たちに聞かせてくれていたSALLYですが、2年間という短い期間で解散の道を選びました。
解散の理由ははっきりとは分かりません。しかし、彼らが目指していたアーティストとしてのSALLYと、どこかアイドル視している、周りのSALLYに対する印象にはギャップがあり、彼らはそんな状況に苦しんでいたのかしれませんね。

後に喜一はサックスの箱崎 昇とのセッションやソロでの活動もしています。
一夜限りでもいいから、もう一度SALLYに逢いたいと願っている人も多いのではないでしょうか。
18 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • I.O 2019/11/12 17:56

    私がベストテン・トップテンを見たときにいたグループがSALLYでした。その彼らの代表曲・バージンブルーは杉本哲太さんが出演した清涼飲料水のCMソングとして話題となりましたが、この時期はチェッカーズ全盛期と言う事も有り、SALLYは僅か数年で解散しました。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 141,568 view
1984年に解散した!!日本のバンド・グループ・ユニットまとめ!!

1984年に解散した!!日本のバンド・グループ・ユニットまとめ!!

1984年に解散した日本の芸能グループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは最終的に解散した年を記しています。
ギャング | 3,409 view
「スタンド・バイ・ミー」の監督が手がけた伝説のロック映画「スパイナル・タップ」が34年の時を経て日本初公開!!

「スタンド・バイ・ミー」の監督が手がけた伝説のロック映画「スパイナル・タップ」が34年の時を経て日本初公開!!

皆さんは「スパイナル・タップ」という映画をご存知でしょうか?1984年に公開された「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナーの初監督作品であり、“幻のロック映画”とされている作品です。このたび、その「スパイナル・タップ」が日本初公開の運びとなりました。
隣人速報 | 779 view
80年代半ばに全米1位のヒット曲を同アルバムで2曲もリリースした【Mr.ミスター】を覚えてますか?

80年代半ばに全米1位のヒット曲を同アルバムで2曲もリリースした【Mr.ミスター】を覚えてますか?

1984年にリリースしたアルバム『ウェルカム・トゥ・ザ・リアル・ワールド』のシングル2曲で全米1位を獲得した【Mr.ミスター】。この2曲も踏まえて【Mr.ミスター】を振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 617 view
日本での人気も高いカリフォルニア発のパンク・ロックバンド『The Offspring』

日本での人気も高いカリフォルニア発のパンク・ロックバンド『The Offspring』

1984年結成のパンク・ロックバンド『The Offspring』。90年代のサーフィン、スケートボード、スノーボードなどストリートカルチャーと絡んで世界的なバンドとなりました。
gogo-one | 3,161 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト