高橋克典主演の『特命係長 只野仁』、5年ぶりの新シリーズが AbemaTVで放送決定!!
2016年10月4日 更新

高橋克典主演の『特命係長 只野仁』、5年ぶりの新シリーズが AbemaTVで放送決定!!

多くのファンから支持されている高橋克典主演の人気ドラマ『特命係長 只野仁』が、AbemaTVで5年ぶりの新シリーズとして今冬から放送が開始される。ドラマスタート時からのメインスタッフが再集結し、高橋をはじめとするおなじみの共演者や魅力的なゲストが登場する。

1,435 view

『特命係長 只野仁』の新シリーズがAbemaTVで復活!!

俳優の高橋克典が主演を務めるテレビ朝日系の人気ドラマ『特命係長 只野仁』の新シリーズが、約5年ぶりにインターネット放送局”AbemaTV”で初のオリジナル連続ドラマとして制作されることが明らかになった。今冬より配信が開始される予定だ。高橋は「熱いご要望をいただき、只野が復活します。お楽しみに」とコメントしている。

新シリーズの制作では、ドラマスタート時からのメインスタッフが顔を揃えた。主演の高橋はじめ、おなじみの共演者や新たなゲストが登場する。
AbemaTVで人気ドラマ『特命係長 只野仁』の新シリ...

AbemaTVで人気ドラマ『特命係長 只野仁』の新シリーズが5年ぶりにオリジナル連続ドラマで登場!!

プロデューサーを務めるMMJ・伊藤達哉氏は、「今回はAbemaTV初登場という事であり、地上波とは一味違った『只野仁』をお見せします」とアピール。さらにテレビ朝日プロデューサーの藤崎絵三氏は「ファンの皆さんの期待を裏切らない『只野仁』をお届けするのはもちろんのこと、AbemaTVならではの新しい試みにも挑戦していきたいと思っておりますので、ぜひご期待ください」と語る。

AbemaTV編成局長 の藤井琢倫氏は「番組視聴数ランキングにおいても放送の度に、上位にランクインするなど、ユーザーからの評判もとても高い作品で、今回の『特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル』も非常に期待しています」と語り、「AbemaTVとしては初めてのオリジナルドラマの制作になりますが、必ずヒットコンテンツにしていきたいと思っています。また、今回を皮切りに、地上波に遜色ないクオリティのここでしか見れないオリジナルドラマの制作には積極的に挑戦していく予定です 」と意気込みを見せている。
AbemaTV

AbemaTV

サイバーエージェントとテレビ朝日が共同で展開する、スマートフォンやPC、タブレットなどの端末で視聴できるライブストリーミング形式によるインターネットテレビ。今年4月11日に本開局し、オリジナルの生放送コンテンツや、ニュース、音楽、スポーツなど、多彩な番組が楽しめる約30チャンネルをすべて無料で提供している。

特命係長 只野仁

2003年7月よりテレビ朝日の金曜ナイトドラマ枠でスタートし、2012年まで人気シリーズとして放送された作品。
現在も日刊ゲンダイにて連載中の「特命係長 只野仁」シリーズ(著:柳沢きみお)が原作で、主人公の只野仁(高橋)が、昼間は大手広告代理店・電王堂の総務二課係長という、うだつの上がらないサラリーマンから一転、夜になると会長直属の「特命係長」として、社内外のトラブルを解決するスーパーサラリーマンとして大活躍する姿が描かれている。
高橋克典が演じる只野仁(ただの ひとし)

高橋克典が演じる只野仁(ただの ひとし)

大手広告代理店・電王堂(でんおうどう)の総務二課係長で、社員番号は0005235。本名は「ただのじん」。

周囲には「ジン」ではなく「ただのひと」とちゃかして「ただのひとし」の通称で呼ばれている。昼はバカをよくやるドジ社員を演じているが、夜は本当の姿である黒川会長直属の特命係長として、部下である森脇と共に事件の真相調査及び解決を生業としている。会長同様正義感は強く、不器用であっても真摯に生きる人間を殺害、又は食い物にした悪人は絶対に許さない。弱者に対しては、昼間の姿でもセクハラなどを見かけるとその場をうまく誤魔化す素振りをするなどで助けるぐらいである。
その類まれなる格闘センスそして推理力は群を抜く。大勢の悪党に囲まれても、それらをバッタバッタとなぎ倒す姿は、変身ヒーローや時代劇の主人公さながら。

基本的に器用で変装(第10話では女装をして潜入)、芝居、語学もこなす。特命係長としての彼に睨まれた女は皆、虜になるが、一時効かなくなった時がある。右側の乳首が異常に敏感で、得意な体位は騎乗位。
原作同様、基本的に女性には暴力は振るわない。ただし、数回平手打ちをしたことがあり、軽いながらも暴力を振るったことがある。
社内外の表沙汰にできないトラブルを解決するため、只野に...

社内外の表沙汰にできないトラブルを解決するため、只野に特命を下す電王堂会長( 梅宮辰夫)

只野に特命を下すときは漏洩を防ぐため、森脇が配達する社内メールにより会長室に呼び出す。メールも細工がされており、只野にしか区別は出来ないようにしてある。不正を許さない正義感の強い人間であるが、特命に私情が入ることもある。また、都内のホテルならば、誰がどこに宿泊したのか直ちに把握できる力がある。只野に、右手人差し指で「それが今回の特命だ」と指示するが、その際、右手は上からビシッとではなく、下からややゆるやかに突き上げるのが特徴。

特命係長 只野仁 シーズン1 04

【関連商品】

特命係長 只野仁 最後の劇場版

400
※レンタルまたは購入。上記はレンタル価格。
12 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1977年から放送されているテレ朝の「土曜ワイド劇場」がなんと”日曜の午前中”に移行!!

1977年から放送されているテレ朝の「土曜ワイド劇場」がなんと”日曜の午前中”に移行!!

長年にわたり親しまれてきたドラマ枠「土曜ワイド劇場」。約40年間、テレビ朝日の土曜夜の定番番組であったが、4月から2時間規模の新ドラマ枠「日曜ワイド」(日曜・前10時)としてスタートする事が分かった。
田中邦衛が「若大将シリーズ」で演じた青大将とは?

田中邦衛が「若大将シリーズ」で演じた青大将とは?

『若大将』シリーズを大いに盛り上げてくれた田中邦衛演じる「青大将」こと石山新次郎を解説。田沼雄一(加山雄三)のライバルでしたが、プライベートでの関係はどうだったのでしょうか。
テレビ朝日ドラマ【イグアナの娘】について語ろう!最終回も気になる!

テレビ朝日ドラマ【イグアナの娘】について語ろう!最終回も気になる!

テレビ朝日ドラマ【イグアナの娘】放送は1996年4月~6月、主な出演者は菅野美穂/岡田義徳/川島なお美、主題歌はエルトン・ジョンの「OUR SONG」 【イグアナの娘】ついて語ろう!
【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
主役だけでなく、脇役も豪華だった!「ボクたちのドラマシリーズ」

主役だけでなく、脇役も豪華だった!「ボクたちのドラマシリーズ」

ボクたちのドラマシリーズは、1992年~1994年にかけてフジテレビ系列で放送されたティーン向けテレビドラマシリーズです。 主演には、観月ありさや内田有紀など、その当時ティーンに大人気だったアイドルを積極的に起用し、話題を集めました。
おにいちゃん | 8,376 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト