欽ちゃんバンド、覚えてますか?「欽ちゃんの週刊欽曜日」
2016年8月3日 更新

欽ちゃんバンド、覚えてますか?「欽ちゃんの週刊欽曜日」

視聴率100%男として当時、テレビ会を席巻していた欽ちゃん。ミュージカル・コメディーや出演者によるバンド演奏などもあり、欽ちゃんの番組としてはちょっと毛色の違う番組でした。

7,840 view
 「東京ららばい」でレコード大賞新人賞を受賞されたこともあります。その後、「欽ドン!良い子悪い子普通の子」の中の人気コーナー「良い妻、悪い妻、普通の妻」での3役が人気爆発しました。  
 この番組では、14回で途中降板されてます。
鳥居かほり

鳥居かほり

 スタジオ見学しているところを欽ちゃんに見出されてこの番組で芸能界デビューされました。
1988年に「欽ちゃんのどこまでやるの!?」で共演した、アナウンサーの藤井暁さんと結婚され一時期芸能界を引退されてます。1992年に復帰されましたが、1999年に離婚されてます。
天久美智子

天久美智子

 (現・あめくみちこ)さんです。「オレたちひょうきん族」に薬師丸ひろ子さんのそっくりさんで出演されました。当時、本人と間違える視聴者もいたそうです。 
 劇団東京ヴォードヴィルショーに入団されてました。この番組で共演の佐藤B作さんと結婚され、女優さんとして活躍されてます。
 舞台では三谷幸喜作品の常連さんです。

♪人気コーナー♫

「ミュージカル ザ・ちなみショー」

 萩本欽一・風見慎吾・佐藤B作が正装し、欽ちゃん(うんちく)→慎吾(欽ちゃんの補足)→B作が最後に「ちなみに私」のフレーズでオチるというコントです。

「男と女のポエム」

 カップルでのコントです。最後はコニタンと清水由貴子さんのペアで、なぜかマイクが出てきて2人で歌って終わりでした。このコーナーで「銀座の雨の物語」が誕生しました。
 (1720136)

出典 ameblo.jp

「欽ちゃんバンド」

 (1720133)

出典 ameblo.jp
 最初はバンドがメインではありませんでしたが、素人の出演者がきちんとした演奏で最後まで演奏したことが好評で、「欽ちゃんバンド」となり、この番組のメインコーナーとして人気になりました。
 ツカミは、佐藤B作さんの「きーんちゃんばーんど、おーけーい?」です。
ゲストも招いて、トークをした後、一緒に演奏し、失敗してもカットなしで、ハプニングとして放送することも多かったそうです。
 (1720135)

1983年 週刊欽曜日 吉田拓郎

出典 youtu.be

欽ちゃんの同時代の番組

欽ドン!良い子悪い子普通の子

 人気番組「欽ちゃんのドンとやってみよう!」が成功したあと、欽ちゃんが次の段階へ行くのに模索していた時にひらめいたという「良い子悪い子普通の子」。
 当時、人気のたのきんトリオのパロディ版イモ欽トリオや中原理恵の「良い妻・悪い妻・普通の妻」。よせなべトリオの「良いOL・悪いOL・普通のOL」などの人気キャラクターが出ました。
 「良い先生・悪い先生・普通の先生」では当時、一世風靡の柳葉敏郎さんが良い先生を演じられました。
 (1720156)

46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

コント55号の冠番組『ザ・コント55号!!』番組タイトルを変えた野咲たみこ!!

コント55号の冠番組『ザ・コント55号!!』番組タイトルを変えた野咲たみこ!!

コント55号が揃って出演した最後のレギュラー番組『ザ・コント55号!!』ですが、番組タイトルが開始早々改題されました。その裏には無名のタレントだった”野咲たみこ”さんの影響があるようなんです。改題に至った理由や野咲さんについて調べてみました。
ガチャまま | 741 view
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 145,512 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 132,468 view
萩本欽一さんは素人を育てる天才だった

萩本欽一さんは素人を育てる天才だった

欽ちゃんは、下ネタを使わない、真面目なお笑い芸人でした。でもその凄さは今のテレビの基本を作ったと言ってもいいかも・・
ryoryo05 | 7,104 view
ヘヴィメタルの雄、モトリー・クルー(Mötley Crüe)の活動再開が決定!!

ヘヴィメタルの雄、モトリー・クルー(Mötley Crüe)の活動再開が決定!!

80年代よりハードロック/ヘヴィメタルの雄として君臨し、2015年に活動を停止していたバンド「モトリー・クルー(Mötley Crüe)」が、このたび活動の再開を宣言しました。
隣人速報 | 2,638 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト