欽ちゃんバンド、覚えてますか?「欽ちゃんの週刊欽曜日」
2016年8月3日 更新

欽ちゃんバンド、覚えてますか?「欽ちゃんの週刊欽曜日」

視聴率100%男として当時、テレビ会を席巻していた欽ちゃん。ミュージカル・コメディーや出演者によるバンド演奏などもあり、欽ちゃんの番組としてはちょっと毛色の違う番組でした。

6,837 view

出演者   

( )内は欽ちゃんバンドでの担当楽器
萩本欽一(マリンバ)

萩本欽一(マリンバ)

 坂上二郎さんとのコンビ「コント55号」でブレイクされました。その後、二郎さんは俳優としての活動が中心に。欽ちゃんはコメディアンとして活躍されます。
 1970年代後半から、各テレビ局に冠番組をもってらっしゃいました。どのチャンネルでも欽ちゃんを見ない日はなかったです。
 「スター誕生」のオファーの時に「司会の上手な女の子をつけて」という要望をしたそうで、これが、後々のアシスタントとなったそうです。
 欽ちゃんの番組や舞台から関根勤さん、小堺一機さん、はしのえみさん、柳葉敏郎さん、勝俣州和さんなどが人気者になりました。また、「踊る!さんま御殿!!」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」の大岩賞介さん。「ずっとあなたが好きだった」「踊る大捜査線」の君塚良一さんら名だたる脚本家の育成もされてます。
 直接、自分の番組に関係ないところでは、ダウンタウンの東京進出のきっかけを作ったり、ジミー大西さんの才能を見出したりと、今日の芸能界に多大な影響を与えてらっしゃいます。
 また、ジミー大西さんについて「天然だったんだね・・・」の一言が「天然ボケ」の由来だったり、「野球拳」や「あっち向いてホイ」を全国的に広めたのも欽ちゃんだと言われてます。「スター誕生」で山口百恵さんが実は不合格だったのを、欽ちゃんがプロダクション側にしたアドバイスで合格になったそうでもあります。
 

出演者ではありませんが・・・

飛びます!飛びます! 坂上二郎さん

飛びます!飛びます! 坂上二郎さん

山口百恵さんのデビュー曲

山口百恵さんのデビュー曲

出演者に戻ります。

佐藤B作(バルブトロンボーン)

佐藤B作(バルブトロンボーン)

出典 ameblo.jp
 早大中退後、劇団ヴォードヴィルショーの座長をされてます。離婚歴が2度あり、現在は番組でも共演したあめくみちこさんと再婚されてます。
 現在は俳優さんとして活躍されてますね。
清水善三(エレキギター)

清水善三(エレキギター)

 欽ちゃんバンドのイケメンさんです。現在は、俳優を辞められて、愛媛県でテニスのコーチをされてます。
 なんと、清水さんのおじいさんは1992年の全米オープンテニスでベスト8に進出された清水善造さん。世界ランキング4位にランクされたそうです。
 善三さん自身も高校時代、千葉県大会で準優勝した実力。13歳までおじいちゃんの経歴を知らなかったそうですが。
清水由貴子(エレクトリックピアノ)

清水由貴子(エレクトリックピアノ)

 「スター誕生」で芸能界入されました。欽ちゃんも当時から応援していたそうです。歌手活動、バラエティ番組、女優活動など、順調に活躍されてましたが、母親の介護をきっかけに芸能界を引退されたと言われていますが、いろいろな事情があるようです。
 2009年4月、介護の母親を連れて、父親の墓前で硫化水素自殺をされました。母親は命に別状はなかったそうです。ポリ袋を被った状態での自殺はとてもショッキングで当時、ワイドショーでも大きく取り上げられました。これ以降、「介護うつ」のことが世間の話題、問題となっています。
風見慎吾(ベースギター)

風見慎吾(ベースギター)

 現・風見しんごさんです。この番組のオーディションで受かってデビューされました。
哀川翔さんや柳葉敏郎さんなどが所属した「劇男一世風靡」の前身のグループ所属時に野々村真の付き人として行ったのがきっかけだそうです。
 この番組からブレイクして、レコードデビューされました。その後、ブレイクダンスを日本に広めた、ダンスミュージックの先駆けでもあります。また、歌と激しいダンスの両立が難しいと提示され、現在のTRFやEXILEのように歌とダンスを切り離すスタイルが広がっていったそうです。芸能界でも風見さんのダンスをリスペクトされてる方は多いそうです。
 2007年1月、長女を自動車事故で亡くされたことが、ワイドショーでも取り上げられました。それ以降、自動車事故撲滅運動に尽力されてます。 
 現在は、俳優さんとしても活躍されてます。

風見慎吾 涙のtake a chance (1985年1月)

出典 youtu.be
小西博之(ドラムス)

小西博之(ドラムス)

 愛称「こにたん」でいかつい容貌にかかわらず、親しまれています。この番組で清水由貴子とデュエットした「銀座の雨の物語」がヒットしました。
 2005年に腎臓がんの手術をされ、現在は仕事も復帰されてます。がん闘病の講演活動も行われているそうです。
中原理恵

中原理恵

46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 134,807 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 115,790 view
萩本欽一さんは素人を育てる天才だった

萩本欽一さんは素人を育てる天才だった

欽ちゃんは、下ネタを使わない、真面目なお笑い芸人でした。でもその凄さは今のテレビの基本を作ったと言ってもいいかも・・
ryoryo05 | 6,793 view
カブキロックスのギタリスト『坂川美女丸』にイカ天時代を聞いてみた!近年の作品もご紹介!

カブキロックスのギタリスト『坂川美女丸』にイカ天時代を聞いてみた!近年の作品もご紹介!

ロックバンド「カブキロックス」。そのギタリストの坂川美女丸さんにインタビュー!!「全日本イカ天大賞」で個人として「ベストプレイヤー 賞」を受賞した凄腕ギタリストは、2019年2月には「マツコ会議」に出演、作品もコンスタントに発売しています!
1976年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1976年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1976年に解散した日本のグループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは始めて解散を発表した年を記しています。
ギャング | 1,848 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト