『マージャンCOP竜 白狼の野望』は、パロディー要素満載のお茶目なゲームだった!?
2017年1月24日 更新

『マージャンCOP竜 白狼の野望』は、パロディー要素満載のお茶目なゲームだった!?

知る人ぞ知る、セガのアーケード脱衣麻雀ゲーム『スケバン雀士竜子』の続編として登場したメガドライブ専用麻雀ゲーム。敵として出てくるキャラクター達の大半が"誰かに似ている!?"思わず「あっ、この人は!」って懐かしく感じちゃいます。この世代、あなたはいくつぐらいでしたか?アドベンチャータッチで描かれる、どこか懐かしい麻雀ゲーム「MAHJONGCOP竜」を紹介します。

8,867 view

1989年12月14日「セガ」からリリースされました

 (1644051)

アーケードゲームの『スケバン雀士竜子』の数年後を時代背景として進むアドベンチャーゲーム。麻雀は『スケバン雀士竜子』同様にイカサマ技を駆使しての勝負になる。

ゲーム本編が、イカサマありきであるのに対し、ゲームの説明書の方はとても親切で、麻雀初心者に教えるかのような基本的なルールまで解りやすく記されている。
おまけに、ゲーム本編では文字だけで流されていた序章部分まで漫画収録されていて、とても内容の濃い説明書といえる。
タイトル画面

タイトル画面

「MAHJONGCOP竜」のストーリーモードの他、フリー対戦の「たいきょくマージャン」や、清一色の待ち牌を当てる「ちんいつクイズ」があります。
今回は「MAHJONGCOP竜」のストーリーに焦点をあて、紹介します。

序章

闇の麻雀シンジケート雀狼会が、日本の政財界を支配していた。
警視庁麻雀特捜部(MJC=マージャンコップ)のエージェント達が戦いを挑んだが、返り討ちに遭い消されていった。
そこへスケバン雀士"竜子"が現れ、雀狼会の暗黒雀士達を次々と倒していった。
ボスの雀王も倒し、その後に竜子もMJCの一員となった。

ースケバン雀士"竜子"とはー

サントス/ホワイトボードが開発したアーケードゲーム向けの麻雀ゲームでもあり、脱子ちゃん雀荘とフォト麻雀に続くセガの最後の脱衣麻雀ゲームである。

ゲームタイトルおよびストーリーは、当時人気のテレビドラマであった『スケバン刑事』シリーズを模しており、暗闇指令の演出、敵対組織「雀狼会」(『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』の敵対組織は「青狼会」)、暗刻三姉妹(キャラクターの下の名前は『スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇』の風間三姉妹と同じ読み)などに類似性が見られる。

キャラクターデザインには、『銀河任侠伝』(ジャレコ)『メルヘンメイズ』(ナムコ)、サントス/ホワイトボードの後発である『麻雀クエスト』などで知られるANO清水が手がけている。

初心者向けに捨て牌や副露をアドバイスしてくれる「アドバイスモード」を搭載されている上、強力なイカサマ技で1クレジットでもクリア可能な難易度に仕上がっている。また自分が上がる他に相手に上がられても自分が脱ぐというサービス旺盛なゲームでもあった。

動画 【 脱衣麻雀 】 スケバン雀士竜子 Sukeban Jansi Ryuko - YouTube

スケバン雀士竜子と、闇の麻雀シンジケート雀狼会との闘いが舞台のアーケード。

そして"竜"へと引き継がれる

1989年1月 雀狼会は滅んだ・・・。
しかし・・・新たな恐怖が今 始まろうとしていた・・・。

政財界の大物が次々と謎の死を遂げる事件が発生。
その手には1つの麻雀牌が握られており、新たな闇の組織の存在を察知したMJCは、エージェント達を送り込むが、全て消息が絶たれてしまう。
その組織の名は、麻雀シンジケート「白狼」。

MJCのトップエージェントとして乗り込んだ竜子だったが、捕らわれの身となってしまう。
かつてMJC最強のライセンスを持っていた"竜"に、竜子救出と白狼の壊滅の任務が課せられた。

暗黒雀士との闘い

アドベンチャーを進めて麻雀対決

アドベンチャーを進めて麻雀対決

竜子から送られてきた暗黒雀士リストをもとに、白狼のボス『蛇霊子』を追う。
 (1643754)

「はなす」・「みせる」・「おどす」のやりとりで、相手が勝負する気になるように持っていかなければ話が進まない。

スケバン雀士竜子と同様の"イカサマ技"

イカリパワー

 (1645712)

イカリパワーは、イカリ牌をツモるごとに溜まります。
Cボタンを2回押してイカリパワーを選んだら、Cボタン連打でパワーメーターを上げ、MAXの時にAボタンを押すと有効牌 or あがり牌をツモる事ができます。MAXでなければ有効牌が出るとは限りません。

ESPパワー

 (1645713)

ESP牌をツモるごとに、ESPパワーが溜まります。Cボタンを2回押して、ESPパワーを選べば使う事ができ、相手の手牌を一定時間みる事ができます。
83 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年代から現在までの「エロゲー」の歴史を徹底解剖した『超エロゲー大全 1982-2021』が好評発売中!!

80年代から現在までの「エロゲー」の歴史を徹底解剖した『超エロゲー大全 1982-2021』が好評発売中!!

マイウェイ出版より、80年代前半から現在に至るまでのエロゲーの歴史を網羅したムック『超エロゲー大全 1982-2021』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 7,130 view
 「メガドライブミニ」の第2弾『メガドライブミニ2』が発売決定!気になる収録タイトルが一部公開!!

「メガドライブミニ」の第2弾『メガドライブミニ2』が発売決定!気になる収録タイトルが一部公開!!

株式会社セガより、家庭用ゲーム機『メガドライブミニ2』が発売されることが明らかとなりました。発売予定日は2022年10月27日(木)。
隣人速報 | 1,016 view
メガドライブ、セガサターン、ドリームキャストを追い続けたセガハード専門誌の軌跡!『セガハードヒストリア』発売決定!!

メガドライブ、セガサターン、ドリームキャストを追い続けたセガハード専門誌の軌跡!『セガハードヒストリア』発売決定!!

SBクリエイティブより、歴代セガハード専門誌「BEEP!メガドライブ」「セガサターンマガジン」「ドリームキャストマガジン」の資産を再結集させた書籍『セガハードヒストリア』が発売されます。
隣人速報 | 900 view
ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
“3画面モニター”で有名な「ダライアス」がメガドライブのカセットになってまさかの発売!!

“3画面モニター”で有名な「ダライアス」がメガドライブのカセットになってまさかの発売!!

80年代後半にゲームセンターで人気を博したシューティングゲーム「ダライアス」のMD/MD互換機用カセット『ダライアス エクストラバージョン』の発売が決定しました。また、同日にNintendo Switch/PlayStation4用ソフト『ダライアス コズミックリベレーション』の発売も決定しています。
隣人速報 | 837 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト