鈴木亮平以外にこんな人も…歴代大河で西郷隆盛を演じた俳優
2017年10月28日 更新

鈴木亮平以外にこんな人も…歴代大河で西郷隆盛を演じた俳優

2018年から始まる大河ドラマ『西郷どん』で、主人公・西郷隆盛を鈴木亮平が演じるとして話題になっています。では、過去の大河ドラマで彼以外に西郷さん役を演じた俳優には、どのような人がいたのでしょうか?今回、60年代~90年代の大河ドラマから調べてみました。

7,489 view

来年2018年から始まる大河ドラマ『西郷どん』

2018年1月からスタート予定のNHK大河ドラマ『西郷どん』。主要キャストの一人だった斉藤由貴が例の騒動で降板し、代役に南野陽子が据えられるというひと騒動があったものの、西郷役の鈴木亮平、その親友・大久保一蔵(利通)役の瑛太が、果たしてどんなドラマを演じてくれるのか、今から注目が集まっています。
西郷隆盛を演じる鈴木亮平

西郷隆盛を演じる鈴木亮平

いかにもイマドキな“塩顔俳優”が、ソース顔イメージの強い西郷さんを演じ切れるのでしょうか…。

鈴木亮平official Twitterより

画家の創作だけど、根強くイメージされ続ける西郷さんのあの顔

さて、西郷隆盛といえば、太い眉毛にぎょろっとした大きな目という、いかにも九州男児っぽい縄文顔でお馴染み。しかし、このパブリックイメージは、明治時代に来日しお雇い外国人画家・キヨッソーネが、隆盛の実弟従道と従弟・大山巌の顔を組み合わせて描いた肖像画によって広まった「偶像」。本人が生前写真を一枚も残していないため、正確な西郷隆盛像というわけではないのです。

とはいえ、日本人が抱く西郷さんのイメージといえば、キヨッソーネ作のあの顔しかないのであり、それゆえ、時代劇の西郷役の俳優は、皆すべからく、太眉&目力強めになっています。では、これまでの大河ドラマで西郷役を演じた俳優は、どんな外見をしているのでしょうか?今回、60年代~90年代の大河ドラマを対象に調べてみました。
西郷の親戚を参考に想像で描写した西郷隆盛

西郷の親戚を参考に想像で描写した西郷隆盛

エドアルド・キヨッソーネ作の版画

三姉妹(1967年)‐演:観世栄夫

当時、大河ドラマ初の試みとして、架空の人物を主人公に据えるというコンセプトのもと制作された『三姉妹』。本作では、武家出身の三姉妹の視点から見た幕末の動乱~明治維新が描かれており、その中で数多くの歴史上の人物が登場します。もちろん、維新志士の代表格として、西郷吉之助こと西郷隆盛も登場。演じたのは、『竜馬がゆく』『草燃える』など、生涯で大河ドラマに計6回出演した能楽師・観世栄夫でした。
西郷隆盛役 観世栄夫

西郷隆盛役 観世栄夫

NHKアーカイブスより

竜馬がゆく(1972年)‐演:小林桂樹

新撰組副長・土方歳三の生涯を描いた『燃えよ剣』と双璧をなす、司馬遼太郎の幕末群像劇の傑作『竜馬がゆく』。これまでに都合5度にわたってテレビドラマされている同作が、大河ドラマとして公開されたのは、1968年のことでした。
グラフNHK/'67年12月15日/特集 竜馬がゆく

グラフNHK/'67年12月15日/特集 竜馬がゆく

主人公竜馬を演じたのは、当時25歳だった北大路欣也。彼の活躍を描く以上、当然、薩長同盟を結んだ際の薩摩側の代表者・西郷吉之助も登場するわけであり、これを1969年の映画『新撰組』では土方歳三を、1985年の大河ドラマ『春の波涛』では福沢諭吉を演じた名優・小林桂樹が演じます。
小林 桂樹

小林 桂樹

『アツカマ氏とオヤカマ氏』(新東宝、1955年)スチル写真より

勝海舟(1974年)‐演:中村富十郎

作家・子母沢寛の同名小説を映像化したこちらの大河ドラマは、勝麟太郎(勝海舟)役の渡哲也が病気で、脚本担当の倉本聰が演出家との不和で途中降板するという、トラブル続きだった作品としても知られています。
勝海舟

勝海舟

松方弘樹主演 大河ドラマ 勝海舟
本作で西郷を演じたのは、歌舞伎役者の5代目・中村富十郎。その大きな目と四角い顔はいかにも、絵や銅像で見る西郷どん像に近似しているように見えます。
ちなみに、史実に基づくと、勝と西郷がファーストコンタクトをとるのは、元治元年9月11日の大坂において。西郷の印象を勝は「その度量の大きさにほとほと感心した」と述べたそうです。
五代目 中村富十郎

五代目 中村富十郎

日本舞踊競演集 平凡の友社より
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1990年のNHK大河ドラマ「翔ぶが如く」!原作は司馬遼太郎、主演は西田敏行、鹿賀丈史でした!!

1990年のNHK大河ドラマ「翔ぶが如く」!原作は司馬遼太郎、主演は西田敏行、鹿賀丈史でした!!

1990年のNHK大河ドラマ「翔ぶが如く」を憶えているでしょうか。西郷隆盛・大久保利通を中心に原作の司馬遼太郎作品にはない幕末部分も合わせて創作して描いた維新作品で、大河ドラマ初の二部構成作品でした。
青春の握り拳 | 16,265 view
65歳~70代でシニア婚した男性芸能人・有名人

65歳~70代でシニア婚した男性芸能人・有名人

日本人男性の平均寿命は81.09歳。1950年の男性の平均寿命は59.57歳ですから、昔に比べると30年以上長く生きられるわけです。平均寿命が伸びたことで、熟年離婚したバツイチや配偶者と死別したボツイチなど、一人暮らしのシニアが増えています。 世界保健機関(WHO)の定義では、65歳以上をシニア(高齢者)と呼ぶことから、65歳以上で結婚した男性芸能人・有名人の結婚事情を取り上げてみます。
脚本家「松木ひろし」の70年代は神がかっています。後悔しないように、これだけは見とけ!

脚本家「松木ひろし」の70年代は神がかっています。後悔しないように、これだけは見とけ!

今回ご紹介するこれらのドラマは是非とも見て頂きたい!「雑居時代」「パパと呼ばないで」「池中玄太80キロ」など名作と言われ、その後のドラマにも多大な影響を与えた松木ひろしのホームコメディドラマ。70年代の作品はどれもこれもまさに“神”。
obladioblada | 1,923 view
生涯現役?!60代でパパになった芸能人一覧

生涯現役?!60代でパパになった芸能人一覧

若い女性との出会いやきっかけ、結婚から妊娠、出産でパパになるまで。前妻との離婚、再婚についてをまとめてみました。生涯現役?!60代でパパになった芸能人一覧と50代でパパになった有名人を紹介します。
金田一耕助シリーズの異色作「悪魔が来りて笛を吹く」(1979年)がTシャツになった!

金田一耕助シリーズの異色作「悪魔が来りて笛を吹く」(1979年)がTシャツになった!

1979年に東映株式会社が製作した映画『悪魔が来りて笛を吹く』と有限会社ハードコアチョコレートがコラボしたTシャツが発売されている。定価は4,100円(税込)。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト