バラエティ『鶴ちゃんのプッツン5』片岡鶴太郎が司会。石田ひかりと西田ひかるのコンビが話題だった!
2017年3月22日 更新

バラエティ『鶴ちゃんのプッツン5』片岡鶴太郎が司会。石田ひかりと西田ひかるのコンビが話題だった!

バラエティ『鶴ちゃんのプッツン5』は、1986年10月4日から1992年9月26日まで放送された片岡鶴太郎が司会を務めたバラエティ番組でした。石田ひかりと西田ひかるは、“リー&ルーコンビ”で番組に出演していました。

7,076 view

鶴ちゃんのプッツン5

鶴ちゃんのプッツン5

鶴ちゃんのプッツン5

一部日本テレビ系列局で放送されていた日本テレビ製作のバラエティ番組である。
1986年10月4日から1992年9月26日まで日本テレビで毎週土曜夕方に6年にわたって生放送された。
なお、ローカルセールス枠の番組であるため、系列局であってもこの番組を放送しない局がいくつか存在した。
基本的には生放送であったが、一部の回は事前収録で、最終回も収録放送だった。生放送時には、冒頭に必ず日付と「LIVE FROM NTV」のテロップが入っていたので見分けが付いた。通常は日本テレビ北本館のKスタジオを使用していたが、諸事情でGスタジオを使用した場合もあった。

司会の片岡鶴太郎

土曜夕方に放送されていた番組で、当時日曜昼の『鶴太郎のテレもんじゃ』→『鶴太郎の危険なテレビ』にも出演していた片岡鶴太郎が司会を務めていた。
片岡鶴太郎(一番左)。

片岡鶴太郎(一番左)。

1980年代前半、ものまねを得意とするピン芸人としてテレビに出始めた片岡鶴太郎は、『オレたちひょうきん族』で大ブレイク。近藤真彦「マッッッッッッチでぇーす」、近藤正臣「こんどぉーーです」、小森和子「こここここ、こもりの、おばちゃまよぉ~」、具志堅用高「ちょっっっちゅね~」、たこ八郎「た……たこです」、坂上二郎「飛びます、飛びます」、フランソワーズ・モレシャン「ワタシタチノクニデワ~」などなど。当時小中学生だった人は、教室で鶴太郎独特のものまねを真似る友達がきっといたはず。また、『オレたちひょうきん族』ではアツアツのおでんを口に入れられるのがお約束で、そのリアクションは同じ事務所のダチョウ倶楽部に受け継がれ、「リアクション芸」の走りともなった。
片岡鶴太郎のアツアツのおでんリアクション。

片岡鶴太郎のアツアツのおでんリアクション。

小森和子のものまねをする片岡鶴太郎。

小森和子のものまねをする片岡鶴太郎。

たこ八郎のものまねをする片岡鶴太郎。

たこ八郎のものまねをする片岡鶴太郎。

1983年フジテレビの深夜番組『オールナイトフジ』、1985年『夕やけニャンニャン』などで見せた若いタレントや客席の一般人のいじり方、生放送で台本にない下ネタの挟みこみが絶妙で、1980年代半ばから90年代初頭にかけて、各局のバラエティーで大活躍。1986年には今で言う“キレる”瞬間を表現した言葉「プッツン」を流行らせてその年の流行語大賞も受賞する。

『鶴ちゃんのプッツン5』は、そんな1986年10月にスタート。上京間もない笑福亭笑瓶もレギュラー出演していた。
笑福亭笑瓶。

笑福亭笑瓶。

最終回では、片岡鶴太郎が「バラエティでのレギュラー司会は最後になるかと思います」と言い残し、事実上その後は俳優業をメインに活動するようになった。
現在、片岡鶴太郎は画家としても活動しています。

現在、片岡鶴太郎は画家としても活動しています。

番組レギュラー

・岡本太郎
・チャック・ウィルソン
・おきゃんぴー
・芳本美代子
・石田ひかり
・西田ひかる
・奥山佳恵
・中村綾(ミッチョンズ)
・伊林祐加(ミッチョンズ)
・岡崎ゆきえ(ミッチョンズ)
・笑福亭笑瓶
・渡嘉敷勝男
・塚田恵理子
・プリティ長嶋(片岡馨)
・風見しんご
・山羊智詞
・爆笑問題
・あがりた亜紀(現・揚田亜紀)
・幕末塾
・彦麻呂(幕末塾解散後)
・デンジャラス
・小森のおばちゃま
・小倉淳(当時日本テレビアナウンサー)
・大川興業
・キャロル久末
・クリス・ペプラー
・小林のり一
・久本雅美
・早坂好恵
ほか

なお、番組ではアシスタントをデビューまもないアイドルが務めていました。
石田ひかり(左)と西田ひかる(右)も“リー&ルーコンビ...

石田ひかり(左)と西田ひかる(右)も“リー&ルーコンビ”で、番組のアシスタントを務めていました。

出典 ameblo.jp

番組内容

番組には、「PNN(プッツンニュースネットワーク)」というCNNのパロディニュース、3人1組または5人1組のチームが腕相撲で競う勝ち抜き制のトーナメントの「腕柔道選手権」、3人1組の2チームで対戦する山手線ゲーム形式のクイズの「クイズ!大頭脳!!」、大川興業のタレントたちが札幌市時計台を出発し、東京都の日本テレビ社屋を目指していた冬季1クール限定の「南南西に進路をとれ」など色々な企画が展開されました。
これは、「鶴ちゃんのプッツン5」の愛の劇場。

これは、「鶴ちゃんのプッツン5」の愛の劇場。

幕末塾のメンバーが様々なミニドラマを演じていました。
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東京・東村山市は、今年3月に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった同市の名誉市民・志村けんさんの銅像を建立するため、クラウドファンディングサイト「READY FOR」にて資金獲得のための「ありがとう志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」をスタートさせました。
隣人速報 | 1,015 view
伝説のエアマックス狩り再び?人気バラエティ「電波少年」がWOWOWで復活

伝説のエアマックス狩り再び?人気バラエティ「電波少年」がWOWOWで復活

90年代に日本テレビ系列で放送され人気となったバラエティ番組「電波少年」が、2021年1月より「電波少年W ~あなたのテレビの記憶を集めた~い!~」としてWOWOWで放送されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,068 view
X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI(54)が、28年ぶりとなるオール撮りおろし写真集『XY』を発売することが決定しました。
隣人速報 | 211 view
シルバニアファミリーがついに35周年!人気ファミリーの復刻など、様々な企画が目白押し!!

シルバニアファミリーがついに35周年!人気ファミリーの復刻など、様々な企画が目白押し!!

エポック社が販売するドールハウス&人形の「シルバニアファミリー」が35周年を迎えたのを記念し、様々な企画が開催されています。
隣人速報 | 554 view
女優・高岡早紀(47)、愛娘が選んだ水着を着用した「アラフィフビキニショット」を公開!!

女優・高岡早紀(47)、愛娘が選んだ水着を着用した「アラフィフビキニショット」を公開!!

80年代から90年代にかけてアイドルとして活動し、現在は女優として活躍する高岡早紀(47)が、自身のインスタグラムにてセクシーなビキニショットを披露し話題となっています。
隣人速報 | 47,971 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト