2017年4月19日 更新

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.14(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい1970年代から90年代の昭和の特撮ドラマを中心に衝撃的な傑作エピソードや特撮のトラウマ作品も振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。

27,451 view

『愛の戦士レインボーマン』第9話「タケシを狂わせろ」 第10話「やつらを殺せ!」 タケシが完全に狂人になってしまう特撮屈指のヤバ過ぎる話。

ヤマト タケシ「ジュースをください!」

ヤマト タケシ「ジュースをください!」

『愛の戦士レインボーマン』第9話「タケシを狂わせろ」(1972年12月1日)

第9話で死ね死ね団員にキャッツアイ入りの飲料を飲まされて狂気に陥ったうえ、続く第10話で死ね死ね団配下の医師の手で完全に狂人になってしまったが、ヨガの眠りで毒素を排出して回復する。
ジュースに人間を狂気にする薬・キャッツアイを入れられて...

ジュースに人間を狂気にする薬・キャッツアイを入れられてしまう。

『愛の戦士レインボーマン』第9話「タケシを狂わせろ」(1972年12月1日)

主人公が敵の罠にはまり、薬を飲まされて精神病院に運ばれる異色のエピソード。
タケシはキャッツアイ入りのジュースを飲み干してしまう・・・

タケシはキャッツアイ入りのジュースを飲み干してしまう・・・

『愛の戦士レインボーマン』第9話「タケシを狂わせろ」(1972年12月1日)
時間が立ち、キャッツアイの効果が出てくるとタケシは狂い...

時間が立ち、キャッツアイの効果が出てくるとタケシは狂いだす・・・

『愛の戦士レインボーマン』第9話「タケシを狂わせろ」(1972年12月1日)

発狂しているタケシが、通りすがりの女性に「母ちゃん!」と抱き付いたり、ビルの屋上から通行人に「魚は釣れたか~メザシが泳いでいる~。」と意味不明な言葉を叫んだりするシーンは衝撃的過ぎる。
狂気に陥ったタケシ・・・現代では放映できないヤバ過ぎる顔

狂気に陥ったタケシ・・・現代では放映できないヤバ過ぎる顔

『愛の戦士レインボーマン』第9話「タケシを狂わせろ」(1972年12月1日)
タケシは精神科医に連れて行かれるが・・・そこにいた医師...

タケシは精神科医に連れて行かれるが・・・そこにいた医師は、死ね死ね団配下の医師だった。

『愛の戦士レインボーマン』第9話「タケシを狂わせろ」(1972年12月1日)
まだ完全には狂人になっていないタケシに電気ショックを施...

まだ完全には狂人になっていないタケシに電気ショックを施す・・・

『愛の戦士レインボーマン』第10話「やつらを殺せ!」(1972年12月8日)

松尾精神病院に強制入院させられたタケシに、死ね死ね団の息がかかった川島医師は、タケシをベッドに縛り付けて電気ショックを与える。
電気ショックを徹底的に受けて、ほとんど狂人化したタケシ

電気ショックを徹底的に受けて、ほとんど狂人化したタケシ

『愛の戦士レインボーマン』第10話「やつらを殺せ!」(1972年12月8日)
タケシは、さらに狂人にするための念押しの施術を施されてしまう

タケシは、さらに狂人にするための念押しの施術を施されてしまう

『愛の戦士レインボーマン』第10話「やつらを殺せ!」(1972年12月8日)

電気ショックだけでなく、とどめとして音波と光の洪水を受けたタケシは完全に狂人となってしまう。
完全に狂ってしまったタケシ・・・大ピンチだ。

完全に狂ってしまったタケシ・・・大ピンチだ。

『愛の戦士レインボーマン』第10話「やつらを殺せ!」(1972年12月8日)

ヒーローが完全発狂してしまう特撮作品は、本作品以外では「サンダーマスク」と「仮面ライダー剣」くらいしかないかもしれません。
キャッツアイで狂人にされた人たちがいる牢屋に入れられる...

キャッツアイで狂人にされた人たちがいる牢屋に入れられるタケシ。力を使い果たしていたタケシの身体は、本能的に、無意識のうちに勝手に座禅を組みだす。

『愛の戦士レインボーマン』第10話「やつらを殺せ!」(1972年12月8日)

発狂した人間が檻の中に沢山いる描写は、現代ではまったく放送するのが無理なヤバさ。
タケシは本能的に、ヨガの眠りに入った・・・

タケシは本能的に、ヨガの眠りに入った・・・

『愛の戦士レインボーマン』第10話「やつらを殺せ!」(1972年12月8日)
ヨガの眠りの力で、体内の毒素は汗として流されていく・・...

ヨガの眠りの力で、体内の毒素は汗として流されていく・・・キャッツアイも排出される。

『愛の戦士レインボーマン』第10話「やつらを殺せ!」(1972年12月8日)
ヨガの眠りによってキャッツアイは完全に排出され、タケシ...

ヨガの眠りによってキャッツアイは完全に排出され、タケシは元通りに回復した。

『愛の戦士レインボーマン』第10話「やつらを殺せ!」(1972年12月8日)
タケシ「あのくたら さんみゃく さんぼだい・・・レイン...

タケシ「あのくたら さんみゃく さんぼだい・・・レインボー・ダッシュ・7!」

『愛の戦士レインボーマン』第10話「やつらを殺せ!」(1972年12月8日)
ダッシュ7「不動金縛りの術」 復活したレインボーマンの...

ダッシュ7「不動金縛りの術」 復活したレインボーマンの大逆転劇。

『愛の戦士レインボーマン』第10話「やつらを殺せ!」(1972年12月8日)

『ウルトラマンレオ』第40話「恐怖の円盤生物シリーズ! MAC全滅!円盤は生物だった!」 特撮史上屈指のトラウマ回。衝撃の大虐殺(=リストラ)。

ウルトラマンレオ 後期OP

円盤生物シルバーブルーメは、鬼畜な所業で視聴者に多大な...

円盤生物シルバーブルーメは、鬼畜な所業で視聴者に多大なトラウマを負わせた。

『ウルトラマンレオ』第40話「恐怖の円盤生物シリーズ! MAC全滅!円盤は生物だった!」(1975年1月10日)

MACステーションでは、松木隊員の誕生日を祝ってパーティーが開かれていた。そこに襲来した円盤生物シルバーブルーメにより、ゲン以外の隊員は命を落とし、ダンは消息不明となってしまう。深い悲しみの中、レオは円盤生物に立ち向かっていく!
MACステーションでは、松木隊員の誕生日を祝ってパーテ...

MACステーションでは、松木隊員の誕生日を祝ってパーティーが開かれていた。そこに襲来した円盤生物シルバーブルーメ。

当時はオイルショックによる物価高騰のピークであった。シルバーブルーメによって、MAC隊員やゲンの友人たちが大量虐殺(=リストラ)されていく・・・。

円盤生物シルバーブルーメの襲撃による主要キャラの大虐殺という特撮史上類のない大胆なリストラが実行されていく。
過去にソフト化された際は、ビデオもDVDもわざわざ話数...

過去にソフト化された際は、ビデオもDVDもわざわざ話数調節して円盤生物シリーズだけでまとまるようになっている。粋な計らいである。

円盤生物シルバーブルーメはMACステーションを飲み込ん...

円盤生物シルバーブルーメはMACステーションを飲み込んでいく・・・

円盤生物シルバーブルーメは、防衛チーム「MAC 」のアジア本部ステーションを強襲。ウルトラセブン(モロボシ・ダン)を含めMAC隊員を基地ごと丸呑みにして全滅させた。
ダン「お前は生き続けなければならん。ブラックスターの侵...

ダン「お前は生き続けなければならん。ブラックスターの侵略から地球を守るんだ、ゲン!」

ダン「早く逃げるんだ」 
ゲン「隊長も、隊長も早く」 
ダン「ばかーーーっ!言う事を聞け(ぶん殴るダン)」

シルバーブルーメの襲撃に巻き込まれ、生死が判明しないまま姿を消したダンは、その後にウルトラの母に助けられて回復したという公式設定に基づき、『ウルトラマンメビウス』のテレビシリーズおよび劇場版で再登場する。

『メビウス』第34話の劇中ではMAC全滅の件が語られるシーンがある。
MAC全滅!ゲンは飲み込まれる寸前にレオに変身して脱出...

MAC全滅!ゲンは飲み込まれる寸前にレオに変身して脱出。ゲン以外の隊員は命を落とし、ダンは消息不明となってしまう。

円盤生物シルバーブルーメはウルトラシリーズ史上最悪のトラウマ怪獣。

ゲンは飲み込まれる寸前にレオに変身して脱出したものの、他の隊員たちはマッキー2号・3号で脱出を試みる最中に基地ごと呑み込まれて全員が殉職し、モロボシ・ダンもゲンに脱出を命じて消息が途絶える。
デパートで買い物を楽しんでいた山口百子・野村タケシ・梅...

デパートで買い物を楽しんでいた山口百子・野村タケシ・梅田カオルの3人・・・まさか!

なんと、シルバーブルーメはデパートを襲撃した・・・最悪...

なんと、シルバーブルーメはデパートを襲撃した・・・最悪すぎる暴挙だ。

当日にデパートを買い物で訪れていたゲンの恋人の百子、友人かつ弟分の野村猛、そしてトオルの妹カオルら3人を含む多数の人々がビルの倒壊に巻き込まれ、死亡する。
円盤生物シルバーブルーメ襲撃による犠牲者のリスト(死亡...

円盤生物シルバーブルーメ襲撃による犠牲者のリスト(死亡者名)発表シーンのリアルさ・・・

野村タケシ・・・

野村タケシ・・・

レオ(おゝとり・ゲン)の友人かつ弟分のタケシまでシルバ...

レオ(おゝとり・ゲン)の友人かつ弟分のタケシまでシルバーブルーメの犠牲に・・・。

野村猛役の伊藤幸雄は降板後、『秘密戦隊ゴレンジャー』のミドレンジャー/明日香健二役に抜擢されている。
ゲンの恋人である山口百子・・・

ゲンの恋人である山口百子・・・

レオ(おゝとり・ゲン)の恋人の百子さんまでがシルバーブ...

レオ(おゝとり・ゲン)の恋人の百子さんまでがシルバーブルーメの犠牲に・・・。

梅田カオル・・・

梅田カオル・・・

MAC隊員やゲンの友人の死亡は純粋にリストラによるものだったが、カオルの場合は演者の冨永美子(冨川みーな)が学業を優先するためによるものである。
梅田トオルの唯一の肉親(妹)であったカオルまでシルバー...

梅田トオルの唯一の肉親(妹)であったカオルまでシルバーブルーメの犠牲に・・・。

この犠牲者のリスト発表シーンのリアルな残酷さは、当時の...

この犠牲者のリスト発表シーンのリアルな残酷さは、当時の視聴者に莫大なトラウマを残している。

シルバーブルーメは、デパートを襲撃し、数多くの一般市民...

シルバーブルーメは、デパートを襲撃し、数多くの一般市民と主人公の近しい人々をまとめて殺害するという、ウルトラシリーズ史上類を見ない暴虐を働いた。

残された梅田トオルは、おおとりゲンと共に美山家へ身を寄せる。
最悪のトラウマ怪獣「シルバーブルーメ」は、モロボシ・ダ...

最悪のトラウマ怪獣「シルバーブルーメ」は、モロボシ・ダン(=ウルトラセブン)を含めて防衛チームMACを全滅させ、おおとりゲンの恋人らをはじめ主要登場人物まで大虐殺した。

オイルショックによる物価高騰により、M A C と主要キャラの全滅という大胆すぎるリストラ策が行われた。

MACをリストラすることでスタジオセットの維持費・隊員役の出演料を削減した。

ウルトラシリーズ他特撮番組の最大の敵はオイルショックだった。

『仮面ライダーBLACK』第47話「ライダー死す!」 明確にライダーの死を描いた衝撃的なエピソード。シャドームーンに敗れてライダーが死ぬ。

仮面ライダーブラックOP

『仮面ライダーBLACK』(かめんライダーブラック)は、1987年10月4日から1988年10月9日まで毎日放送、TBS系列で毎週日曜10時00分から10時30分(JST)に放映された特撮テレビドラマ作品。
仮面ライダーBLACK対シャドームーンの運命の対決

仮面ライダーBLACK対シャドームーンの運命の対決

『仮面ライダーBLACK』第47話「ライダー死す!」(1988年9月4日)

光太郎と信彦、2人の青年をのみ込んだ悪の神話の最後のページが創生王によって開かれた。運命の対決にのぞむ二人の戦士。だが、創生王の策略の前にライダーは苦戦する。そして今、シャドームーンの魔剣がライダー目がけて振り下ろされた。
117 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

衝撃的な最終回(バッドエンド)の特撮作品(ヒーローが悲劇的な結末を迎えた話)

衝撃的な最終回(バッドエンド)の特撮作品(ヒーローが悲劇的な結末を迎えた話)

昭和の特撮作品(特に70年代)はシリアスでハードな展開の作品が現代の作品に比べて多く、悲劇的な結末で幕を閉じる物語もかなりありました。「超光戦士シャンゼリオン」のような予想外の衝撃的な最終回、「鉄人タイガーセブン」や「アクマイザー3」のような主人公・ヒーローが悲劇的な結末を迎える特撮作品を振り返ってみましょう。
トントン | 30,597 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.13(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.13(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい1970年代から90年代の昭和の特撮ドラマを中心に衝撃的な傑作エピソードやアニメや特撮のトラウマ作品も振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 27,277 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.7(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.7(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい昭和の特撮やアニメにドラマの衝撃的な傑作エピソードやトラウマな怖い傑作マンガやアニメを振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 85,157 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.3(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ・トンデモない特撮やアニメ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.3(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ・トンデモない特撮やアニメ)

懐かしい昭和の特撮やアニメの衝撃的な傑作エピソードやトンデモない作品やつい笑ってしまう面白いテレビ番組を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 39,058 view
悲劇の特撮ヒロイン(20名):ヒロイン降板劇・オイルショックの影響・ヒロインの幸せを踏みにじる悪党ほか

悲劇の特撮ヒロイン(20名):ヒロイン降板劇・オイルショックの影響・ヒロインの幸せを踏みにじる悪党ほか

昭和ウルトラマンや仮面ライダーシリーズを中心に悲劇の特撮ヒロインを振り返ってみましょう。悪党に人生を踏みにじられる悲劇のヒロイン。ウルトラマンレオではヒロインを含め数多くの仲間が亡くなりますが、大幅に製作コストを削減しないと運営できない・・・大勢の俳優に出演料を支払う金がなくなったのか・・・恐るべき大人の事情が透けて見えます。大人の事情が悲劇のヒロインを生み出すパタンが結構多いですよね。
トントン | 27,874 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

オススメ

おすすめ記事