70年代に活躍したアイドル・女優の歴史(デビュー時1965年から1979年)70名
2016年5月9日 更新

70年代に活躍したアイドル・女優の歴史(デビュー時1965年から1979年)70名

1970年代に活躍したアイドルや女優(歌手もしくは女優デビュー時1965年から1979年)70名の懐かしい70年代の世界観をどっぷり満喫できるまとめです。70年代に活躍した美女たちの思い出が蘇ります!

373,301 view

70年代に活躍した「アイドル・女優」の歴史(デビュー時1965年から1979年)

1965年から1969年ごろデビュー:小川知子・榊原るみ・奥村チヨ・中村晃子
1970年:吉沢京子・岡崎友紀・高橋 惠子・平山みき
1971年:天地真理・小柳ルミ子・南沙織・栗田ひろみ
1972年:アグネス・チャン・麻丘めぐみ・森昌子・坂口良子
1973年:浅田美代子・あべ静江・安西マリア・キャンディーズ・桜田淳子・山口百恵・石川さゆり
1974年:多岐川裕美・浅野ゆう子・伊藤咲子・太田裕美・木之内みどり・相本久美子・林寛子・早乙女愛・リンリン・ランラン・松本ちえこ
1975年:岡田奈々・片平なぎさ・ザ・リリーズ・岩崎宏美
1976年:夏目雅子・三木聖子・ピンク・レディー・手塚理美・紺野美沙子・斉藤とも子・名取裕子
1977年:大場久美子・榊原郁恵・高田みづえ・香坂みゆき・五十嵐夕紀・アグネス・ラム・藤谷美和子・古手川祐子・森下愛子
1978年:石川ひとみ・石野真子・高見知佳・トライアングル・秋ひとみ
1979年:能瀬慶子・倉田まり子・沢田聖子・井上望・比企理恵・大滝裕子・BIBI(早坂あきよ・小西直子)・川島なお美

1965年から1969年ごろデビュー:小川知子・榊原るみ・奥村チヨ・中村晃子

小川知子(1965年映画でデビュー・1968年、「ゆうべの秘密」で正式に東芝から歌手デビュー)

小川知子

小川知子

小川 知子(おがわ ともこ、1949年1月26日 - )は、日本の女優・歌手。広島県広島市生まれ、東京都北区育ち。
1970年前後に、人気アイドル歌手として有名になる。
1980年代は『金曜日の妻たちへ』などのテレビドラマに出演。
1990年代は幸福の科学の人物として知られた。

1965年16歳で東映にスカウトされ入社。同期に大原麗子らがいる。『悪魔のようなすてきな奴』で映画デビュー。

1968年、「ゆうべの秘密」で正式に東芝から歌手デビュー。オリコン1位を獲得するヒットを記録。
男心をくすぐるその歌声で一躍人気者となりヒット曲を連打、『NHK紅白歌合戦』には1968年から1970年まで3年連続出場した。『夜のヒットスタジオ』の第1回放送にも出演。俳優時代の演技力を生かし『夜のヒットスタジオ』の挿入コントの柱となり、『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』などでもコントを演じた。

18歳の時、キャンティで知り合った恋人のカーレーサー・福澤幸雄(福澤諭吉の曾孫)が1969年2月、テスト走行中に事故死。直後の『夜のヒットスタジオ』収録で「初恋のひと」を歌いながら泣き崩れた事件は、テレビ界に衝撃を与え、伝説化した。
1970年代に入ると、再び映画・テレビを中心に活躍。
(出典:wikipedia/小川知子(女優))

小川知子 ゆうべの秘密 - YouTube

「ゆうべの秘密」(ゆうべのひみつ)は、1968年2月1日に発売された小川知子のデビュー・シングルである。小川自身歌手デビューとなった同曲は、いきなりオリコンチャートで週間1位を獲得するなど、52.9万枚の売上を記録する自身最大のヒット曲となり、1968年末の「第19回NHK紅白歌合戦」へ初出場を果たした。

奥村チヨ(1965年歌手デビュー)

奥村チヨ

奥村チヨ

奥村 チヨ(おくむら チヨ、1947年(昭和22年)2月18日 - )は、日本の歌手である。本名、金野 智代(こんの ちよ、旧姓・奥村)。大阪府池田市出身。夫は作曲家の浜圭介、女優の麻生祐未は姪にあたる。

千葉県野田市に生まれ、3歳から大阪府池田市で育った。母親は山口県の出身。夙川学院高等学校在学中、知人が応募したオーディションに合格してしまい、1回きりの約束でドリンク剤のCMソング(小野薬品・リキ・ホルモ「昨日、今日、明日」)を歌ったことがきっかけで、卒業後の1965年に東芝から「あなたがいなくても / 私を愛して」でデビュー。

和製シルヴィ・ヴァルタンとして売り出され、蠱惑的な魅力と甘えたような歌い方でたちまち人気を集める。黛ジュン・小川知子とともに東芝3人娘の一角を占め、「ごめんネ・・・ジロー」(1965年)「北国の青い空」(1967年)などがヒット。

さらに1969年 - 1970年に発表した「恋の奴隷」(セールス:51万枚)「恋狂い」「恋泥棒」のいわゆる「恋3部作」の爆発的大ヒットにより、人気歌手としての地位を確立した。

それまでのコケティッシュな雰囲気に、新たに官能的な魅力も加わり、初めてNHK紅白歌合戦出場も果たす(NHKでは内部規則で「恋の奴隷」の歌唱が禁じられていたため「恋泥棒」を歌った)。

1971年12月25日に発売された、自身のイメージを脱却した「終着駅」がヒット(セールス:40万枚) 。この曲は、本人の歌手引退も辞さない強い希望で実現に至った曲である。この曲を作曲した浜圭介も、この曲のヒットにより、作曲家として息を吹き返した。その後、1974年に浜圭介と結婚、芸能界の第一線を退く。
(出典:wikipedia/奥村チヨ)
出典 gqjapan.jp

恋の奴隷 奥村チヨ. - YouTube

中村晃子(1965年に『青い落葉』にて歌手デビュー)

中村 晃子

中村 晃子

中村 晃子(なかむら あきこ、1948年1月3日 - )は、日本の女優・歌手・声優。千葉県習志野市出身。本名同じ。愛称はアッコ。血液型はO型。 身長163cm、B85・W60・H88。趣味はゴルフ・テニス・卓球。ベルグコーポレーション所属。 昭和学院高等学校卒業。

1963年、高校在学中に第2回ミス・エールフランスコンテストの準ミスに入選したことがきっかけで、松竹へ入社して銀幕デビューを果たす。多数の映画に出演し、1965年~1966年は田村正和とコンビで売り出すも、互いに芽が出ずパッとしない存在だったが、その後同年『望郷と掟』続く『炎と掟』では安藤昇の相手役に抜擢されラブシーンを演じた。当時はカーマニアでオペルやプリンス、フォルクスワーゲン・カルマンギアなどを乗り継いだ。

1965年に『青い落葉』にてレコードデビュー。1967年に『虹色の湖』をリリース。グループサウンズ全盛の時期にあって、女性ソロ・シンガーとして80万枚を売り上げるヒットになった。続く1968年には『砂の十字架』もヒットを記録した。

1968年、『虹色の湖』で第19回NHK紅白歌合戦に初出場。ドラマ「可愛い魔女ジニー」の声優も担当した。1973年にはカバー曲『あまい囁き』が大ヒットする。1980年『恋の綱わたり』(TBS系ドラマ『離婚ともだち』挿入歌)も30万枚を超えるヒットとなり、『ザ・ベストテン』にもランクインした。

女優としては千葉真一主演のテレビドラマ『影の軍団III』にレギュラー出演し、時代劇にも活躍の場を広げた。
(出典:wikipedia/中村晃子)

虹色の湖 / 中村晃子とザ・ジャガーズ フルサイズ - YouTube

映画「進め!ジャガーズ敵前上陸」 中村晃子出演シーン

榊原るみ(1966年テレビドラマデビュー・1969年映画デビュー)

「榊原るみ」はテレビドラマ「気になる嫁さん」(1971...

「榊原るみ」はテレビドラマ「気になる嫁さん」(1971年)の主演によってアイドル的な人気を博した

気になる嫁さん(1971-1972年、NTV・ユニオン映画)- 坪内めぐみ:榊原るみ

幼児のころから雑誌モデル・女優業を行っており、舞台、テレビなどで幅広く活躍した。1970年代前半の映画『男はつらいよ 奮闘篇』、テレビドラマ『帰ってきたウルトラマン』のヒロイン役や『気になる嫁さん』などへの出演で人気を博す。

父は芝浦工業大学名誉教授の榊原秋策。
娘の松下恵も女優として活動している。生まれてから1999年に19年間連れ添った前夫と離婚するまで、広尾の実家住まいだった。映画監督のすずきじゅんいちと1年半にわたる同棲生活を送った末、2001年1月16日に入籍再婚する。すずき監督の映画『ひとりね』では、引退覚悟でオナニーシーンに果敢に挑み、過去の清純派のイメージを脱却した。

夫のすずきと共にロサンゼルスに移住し、夫の仕事である映画プロデュースを手伝っていた。
2010年9月29日、ラスベガス近くで夫妻の乗った自動車が自損事故を起こし、助手席に乗っていた彼女も指の複雑骨折など重傷を負った。運転していたすずきは、脊髄の一部などを骨折。意識不明のままヘリコプターで病院に搬送されたが、命に別条はなく、榊原も1日で退院した。

上記の事故がきっかけで11年間のアメリカ生活に終止符を打ち、帰国。現在は、仕事に復帰している。
(出典:Wikipedia「榊原るみ」)
気になる嫁さん(1971-1972年、NTV・ユニオン...

気になる嫁さん(1971-1972年、NTV・ユニオン映画)- 坪内めぐみ:榊原るみ

帰ってきたウルトラマン(1971年、TBS)- 坂田ア...

帰ってきたウルトラマン(1971年、TBS)- 坂田アキ:榊原るみ

男はつらいよ 奮闘篇(1971年)- 花子:榊原るみ

男はつらいよ 奮闘篇(1971年)- 花子:榊原るみ

1970年デビュー:吉沢京子・岡崎友紀・高橋 惠子・平山みき

吉沢京子(1970年3月「幸せってなに?」で歌手デビュー)

吉沢京子(よしざわ きょうこ) 元祖アイドル

吉沢京子(よしざわ きょうこ) 元祖アイドル

吉沢京子(よしざわ きょうこ、1954年3月2日 - )は、日本の女優。東京都板橋区出身。
デビューまで埼玉県戸田市に育つ。1966年、12歳の時「劇団ひまわり」に3期生として入り、 少女モデルとして活躍する。

1967年、東宝『燃えろ!太陽』で酒井和歌子の妹役で映画デビュー。その後、テレビコマーシャルに出演し、1968年には、NET(現テレビ朝日)『フルーツポンチ3対3』にレギュラー出演。
1968年、スナッキーガールズに参加。LPは「海道はじめ(坂越達明&スナッキーガールズ」名義、タイトルはスナッキーで踊ろう。(スナッキーガールズには他に小山ルミ、羽太幸得子が居た)
1969年、TBSの人気番組『柔道一直線』で、ヒロイン(ミキッペ)を演じる。
1971年、東宝の映画、16才シリーズ、日本テレビの 『さぼてんとマシュマロ』に主演し、若者たちのアイドルとして活躍する一方、小林桂樹と共演した東宝映画『父ちゃんのポーが聞える』で、ハンチントン病に侵されながらも、父親に愛されて亡くなった少女・松本則子を演じ(原作も松本の詩集)、文部大臣新人賞、エランドール賞新人賞を受賞する。ブロマイド俳優部門で売上1位になる。
以降、テレビ、舞台で時代劇を中心に、数多くの作品に出演。日本舞踊「西川流」の名取「西川舞左」でもある。現在、女優業に加え、着物のプロデュース業も展開している。
ギャグ漫画『ど根性ガエル』の作者の吉沢やすみもファンであり、同作に登場する京子ちゃんのモデルにもなっている。
私生活では、1983年に会社員(東宝)の男性と結婚、1985年に1男を儲けるが、1989年に離婚している。
(出典:Wikipedia)
276 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ランキングサイト「ランキングー!」にて、40~60代の男女3,222名に「かつては美少女だったと思う美熟女は?」というアンケート調査が実施されました。注目の第1位は誰なんでしょうか?10位から順にご紹介したいと思います!
隣人速報 | 37,834 view
大場久美子(58)がナイスバディ過ぎるビキニ姿を披露!還暦前にはとても見えないと話題に!!

大場久美子(58)がナイスバディ過ぎるビキニ姿を披露!還暦前にはとても見えないと話題に!!

歌手・女優として活躍する大場久美子(58)が、自身のブログにてキッチンで撮影したビキニ姿を披露しました。還暦前とは思えないその若々しい姿が、現在ネットを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 47,879 view
伝説のグラビア雑誌「URECCO」が待望の復刊!誌面を飾るグラビアアイドルの第2弾オーディションを開催!!

伝説のグラビア雑誌「URECCO」が待望の復刊!誌面を飾るグラビアアイドルの第2弾オーディションを開催!!

ネットサービス「マシェバラ」と大洋図書の発行するグラビア誌「URECCO」が、コラボ企画として「新星URECCO誌面復刊第2弾おしゃれグラビア枠選抜オーディション」の参加者を現在募集中です。
隣人速報 | 6,962 view
山口百恵の最大ヒット曲『いい日旅立ち』のタイトルは、国鉄キャンペーンのスポンサーが由来?

山口百恵の最大ヒット曲『いい日旅立ち』のタイトルは、国鉄キャンペーンのスポンサーが由来?

山口百恵の最大ヒット曲となった『いい日旅立ち』は、国鉄のキャンペーンソングでした。タイトルの由来には、ある意外なエピソードがありました。その真相とは!?
モンステラ | 5,622 view
キャスケットはエンジェルハット?秋田出身の花の中3トリオ「桜田淳子」

キャスケットはエンジェルハット?秋田出身の花の中3トリオ「桜田淳子」

有名オーディション番組を経て芸能界入りした桜田淳子は番組史上最高得点をたたき出していた!そのビジュアルと歌声を心してみよ!キャスケット
はんまのまま | 3,810 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト