サントリーコーヒー「BOSS」25周年 「プライドオブボス」新発売
2017年8月8日 更新

サントリーコーヒー「BOSS」25周年 「プライドオブボス」新発売

「BOSS」と言えば、有名なのがBOSSジャン!なんで流行ったのか不思議ですが、そんな「BOSS」も25周年。「働く人の相棒BOSS」のプライドが詰まった25年の集大成として 「プライドオブボス」新発売!そして、主力5商品もリニューアルして登場します!

625 view
サントリー食品インターナショナル(株)は、「BOSS」の発売25周年を記念して、大型プロモーション活動を展開し、その一環として25年の集大成缶コーヒー「プライドオブボス」をシリーズとして展開します。その第1弾を9月5日(火)から発売し、また、同日より主力5商品を一斉リニューアルすることを発表しました。
プライドオブボス

プライドオブボス

「BOSS」は、1992年の発売以来、“働く人の相棒コーヒー”として、多くのお客様から親しまれているロングセラーブランドです。お客様の多様なニーズを捉え、ラインナップの拡充や、話題性のあるTV-CM・消費者キャンペーンなどの展開により、多くのお客様にご愛飲いただき、発売以来、成長を続けています。

今回発売する「プライドオブボス」は、依然缶コーヒー市場の約7割を占める185g缶市場を再度活性化させるべく、185g缶ユーザーの嗜好変化を捉え、「BOSS」25年の集大成缶コーヒーとして発売するものです。

「缶コーヒーのBOSS」を長年ご愛飲いただき、自分の仕事に誇りを持って働く、缶コーヒーヘビーユーザーのプライドと、そんな働く人を25年間応援し続け、そしてこれからも“働く人の相棒コーヒー”であり続けるという「BOSS」の決意の意味をこめて「プライドオブボス」と名づけました。

「プライドオブボス」中味とパッケージの特長

 (1904696)

第1弾となる今回の商品は、使用する“豆”にこだわり、中味を仕上げました。提携農園であるブラジルBAU農園※1こだわりの豆を使用、さらに、当社独自技術により抽出した超深煎りコーヒーオイルを使用することで、上質なコクと香りを実現しました。パッケージは、シンプルな銀色の缶にエンボス加工を施し、缶コーヒーづくりに対する「BOSS」の揺るぎない誇りとこだわりを表現  しました。また、スタンプによってボス25周年を象徴する商品であることを訴求しています。


※1 コーヒーの栽培に適した標高・気候で、先端技術導入や品種改良の研究を積極的に行い、こだわりをもって丁寧に豆づくりを行っている農園。BAU農園のコーヒー豆は、グルメコーヒーとして各国のコーヒーショップでも採用されている。

主力5商品もリニューアル!!

 (1904699)

185g缶ユーザーの方々にさらにご満足いただけるよう、多くのお客様に長年ご愛飲いただいている主力商品5品(「プレミアムボス」「ボス レインボーマウンテンブレンド」「ボス 贅沢微糖」「ボス 無糖ブラック」「ボス カフェオレ」)の中味・パッケージを一斉リニューアルします。

「プレミアムボス」

「プレミアムボス」は、高級豆を中心としたブレンド豆を瞬間凍結してコクを凝縮し、極限まで細かく挽いた「微粉砕コーヒー豆」を絶妙にブレンドすることで、コーヒー由来の強いコクを実現したスタンダードタイプの缶コーヒーです。今回、微粉砕コーヒー豆に使用している「ブラジル最高等級豆」の中でも、よりコクの強い豆を厳選することで、“最高峰のコク”をさらに強化しました。

「ボス レインボーマウンテンブレンド」

「ボス レインボーマウンテンブレンド」は、グアテマラ全国コーヒー協会※2が唯一、命名・認証を与えているコーヒー豆“レインボーマウンテンブレンド”を使用した、フルボディタイプの味わいが特長の商品です。今回は、余韻のある香りを強化することで、より満足度の高い味わいに仕上げました。

「ボス 贅沢微糖」

「ボス 贅沢微糖」は、2007年の発売以来、“雑味のないコーヒーの旨みが詰まったバランスの良い味わい”の微糖タイプ缶コーヒーとしてご好評いただき、微糖タイプ缶コーヒー市場でNo.1※3のポジションを築いています。
今回、高級豆の比率を上げることで、「ボス 贅沢微糖」の特長である豊醇のコクをさらに強化しました。

「ボス 無糖ブラック」

「ボス 無糖ブラック」は、コーヒーのコク・香りとクセのないすっきりとした後味が大変ご好評をいただき、ブラックタイプ缶コーヒー市場でNo.1※4の ポジションを築いています。今回、現行の中味設計をベースに、飲みやすさはそのままに、香り立ちを強化しました。

「ボス カフェオレ」

「ボス カフェオレ」は、北海道産生クリームと厳選した牛乳に、深煎りコーヒーが香る、大人のまろやかなカフェオレとして、お客様から高い評価をいただき、カフェオレタイプ缶コーヒー市場でNo.1※5のポジションを築いています。今回は、カフェオレとしての飲みごたえと飲みやすさのバランスのよい味わいは維持 しながら、香り立ちを強化しました。
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「BOSS」が25周年!「勤続25年 ボスジャン当たる!」キャンペーンを実施中です!!

「BOSS」が25周年!「勤続25年 ボスジャン当たる!」キャンペーンを実施中です!!

皆さんおなじみのサントリーコーヒー「BOSS」が今年で25周年を迎えます。それを記念して、「勤続25年 ボスジャン当たる!」キャンペーンが実施されます。「復刻版の初代ボスジャン」と「最新型のボスジャン」が当たるチャンスを見逃すな!
隣人速報 | 3,401 view
サントリーCM集②缶コーヒーBOSS勝手にランキング【動画あり】

サントリーCM集②缶コーヒーBOSS勝手にランキング【動画あり】

サントリーCM集②。缶コーヒーBOSSシリーズから勝手にセレクトしています。おなたのお気に入りはありましたか?
57万人のジョージアファンが選んだ「復刻して欲しい缶コーヒー」がついに決定!果たして1位に輝いたのは!?

57万人のジョージアファンが選んだ「復刻して欲しい缶コーヒー」がついに決定!果たして1位に輝いたのは!?

2018年1月4日から2月4日にかけて行われた、これまで発売した「ジョージア」製品からNo.1を決める『復刻してほしい缶コーヒー選手権』にて第1位に輝いた缶コーヒーがついに決定!現在全国で好評発売中となっています。
隣人速報 | 2,632 view
意外に忘れられてそうな、昔の「250ml入り缶コーヒー」といえば?

意外に忘れられてそうな、昔の「250ml入り缶コーヒー」といえば?

「意外に忘れられてそうな〇〇」が意外と好評だったので第2弾!意外に忘れられている昔の「250ml入り缶コーヒー」について語りましょう!
2000年頃、「DAKARA(ダカラ)」という清涼飲料水をよく飲んでいました!!

2000年頃、「DAKARA(ダカラ)」という清涼飲料水をよく飲んでいました!!

この頃、コンビニや自販機で、「GREEN DA・KA・RA(グリーンダカラ)」という飲み物をよく見かけます。2000年に発売された、ただの「DAKARA(ダカラ)」を見かけないような気がするのですが、どうでしょうか?
よっちゃん | 3,263 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト