体感ゲームが満載!『超次元タイムボンバー』
2017年1月24日 更新

体感ゲームが満載!『超次元タイムボンバー』

 大型フリーフォールマシンや、様々な体感型アトラクションが満載。残念ながら「フレンドパーク」や「VS嵐」ほど定着せず、短命に終わってしまった懐かしのゲーム番組を振り返る。

3,263 view
 1996年10月から1997年9月にかけて、テレビ朝日系列で木曜夜7時台に放送されていた、ゲーム&クイズ番組。司会は上岡龍太郎と萩野志保子(テレビ朝日アナウンサー)が担当。

総工費1億円!?フリーフォールマシンがウリ

各チームの代表2人が、それぞれ遊園地にあるフリーフォールのようなつくりのゴンドラに乗り込む。番組では最上部は高さ7.5mで、制作費は1億円かかったと言われている。
ザ・フォール

ザ・フォール

 最終クイズだった「ザ・フォール」。7.5mと遊園地のアトラクションと比べれば短く、すぐ落ちるのですが、結構怖かったよう。
 この番組の一番のウリは、ザ・フォールという大型のフリーフォールマシンで、優勝チーム以外の解答者が下まで落ちてしまい、怖がるというものでした。
 

ゲームセンターの体感ゲームをパワーアップ!

 アトラクションはナムコ協力の元、ほとんどがゲームセンターで置かれている体感ゲームを流用したものでした。そのうちの一部を紹介します。
【フライングハイ】
 ゲームセンターでは一人プレイ専用であったが、テレビ朝日のバラエティ番組『超次元タイムボンバー』では、2人乗りができる等、プロップサイクルに番組オリジナルの改造が加えられた筐体でゲームに挑む「フライングハイ」というコーナーがあった。
プロップサイクル

プロップサイクル

「フライングハイ」の元となったナムコのゲーム「プロップサイクル」。
番組では2人乗りに改造し、更に画面と連動して電気が流れる仕掛けもありました。
フライングハイ

フライングハイ

ゲームセンターとは違い、途中でクイズが出題されます。
【アルペンレーサー】
 スキーに乗って、制限時間80秒以内にゴールを目指す。プロップサイクルと同じく、ナムコの同名スキーゲームを番組用にアレンジしており、途中2箇所にあるゲートを通過すると正解が複数あるクイズを出題。
壁に接触すると炭酸ガスが噴射される。
アルペンレーサー2

アルペンレーサー2

アルペンレーサー2を番組用として大型にアレンジしていました。
【アクアジェット】
 これも、ナムコの同名のアーケードゲームの番組アレンジ版。2人1組でジェットスキーに乗ってコースを進みながら、様々な世代100人からのアンケートを元にした○×クイズに答える。
 なお後部のプレイヤーは、ボンバークラゲと呼ばれる装置を体に巻きつけられる。フライングハイと同様に、コースの端や障害物に接触すると後部のプレイヤーがボンバークラゲから電気ショックを食らう。
アクアジェット

アクアジェット

夏にぴったりのゲームでした。
【スリーボールクラッシュ】
 2人が交互に上半身サイズの3個のボールを押して、2種類のゲームをこなす。前半は30秒の制限時間で計算問題や単語の並べ替えといった知能クイズを行い、後半は落下する人形にボールをぶつけて跳ね上げるゲームを行う。
 これは、ナムコのゲーム『技脳体』を番組用にアレンジさせたもので、そのゲームでも同様の種目に挑戦できる。
技脳体

技脳体

 番組で使うボールは、これよりかなり重いものでした。
 脳トレブームが起きたのは、このあと5年以上経ってからです。

わずか1年足らずで終了

 このように様々なゲームがあり、趣向を凝らしていたのですが、ゲームセンターにある体感ゲームとほぼ同じでオリジナリティに乏しく、視聴者から、「ただゲームセンターにあるゲームを人がやっているのを見ているだけでつまらない。」と思われてしまったのかもしれません。
 また、当時は裏番組の「嗚呼!バラ色の珍生」(島田紳助司会のご対面番組)があまりにも強かったのと、CGを使ったゲーム&クイズ番組「バリキン7」(Kinki kidsが出演)と視聴者層がかぶってしまったのか、わずか1年足らずで終わってしまいました。

ドキュメント涙のご対面 1 - YouTube

40年ぶり、親子感動再会
19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

人間が豹に変身!「闇のパープル・アイ」の実写ドラマについて

人間が豹に変身!「闇のパープル・アイ」の実写ドラマについて

雛形あきこさんが主演したドラマ「闇のパープル・アイ」。篠原千絵さんの人気漫画が原作で、人間が豹に変身するという衝撃的な漫画なのでまさか実写化するとは驚きでしたよね!じつは浜崎あゆみさんも出演されていたんですよ。今回はドラマ版について見ていきます。
saiko | 28,322 view
1996年、ゲームセンターに一段とムフフなゲームが登場した!!その名は「ダンシングアイ」!!

1996年、ゲームセンターに一段とムフフなゲームが登場した!!その名は「ダンシングアイ」!!

1996年、ゲームセンターにムフフなゲームが登場しました。陣地取りゲームですが、ステージクリアすると、すごいアングルで女体を見ることができました。カルト的な人気を誇る本作を、紹介致します。
よっちゃん | 4,343 view
テーマパークは悪の城。仲間と魔法でやっつけろ!『クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険』

テーマパークは悪の城。仲間と魔法でやっつけろ!『クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険』

『クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険』は、1996年4月13日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ4作目にあたる作品です。作者の臼井儀人が関わった最後の劇場版作品であり、ギャグよりもシリアス色が濃く、ちょっと怖い雪だるまやおかまの魔女、お姉さんと戦うしんちゃんが成長していく物語にもなっています。TVのしんちゃんよりグっと大人のしんちゃんが登場する劇場版の一本である本作についてご紹介していきます!
orangeorange | 5,288 view
月は出ているか?「機動新世紀ガンダムX」をプレイバック

月は出ているか?「機動新世紀ガンダムX」をプレイバック

1996年の「機動新世紀ガンダムX」は、1993年の「機動戦士Vガンダム」からはじまった90年代の連続テレビシリーズの最後を飾る作品です。それに相応しく、シリーズの原点である「ニュータイプ」をテーマに据えた物語は、作品から20年を迎えた現在もなお我々の心に新たな問いを投げかけ続けています。
dailystarnews | 3,073 view
雛形あきこ主演「闇のパープル・アイ」【ネタバレあり】

雛形あきこ主演「闇のパープル・アイ」【ネタバレあり】

主人公は、平凡な女子高生として、暮らしていました。ある日、自分が変身人間である事を知り、残虐な科学者による研究材料として、追われる身となってしまいます。科学者との戦いに、巻き込まれていく女子高生を雛形あきこが演じます。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト