月は出ているか?「機動新世紀ガンダムX」をプレイバック
2016年2月26日 更新

月は出ているか?「機動新世紀ガンダムX」をプレイバック

1996年の「機動新世紀ガンダムX」は、1993年の「機動戦士Vガンダム」からはじまった90年代の連続テレビシリーズの最後を飾る作品です。それに相応しく、シリーズの原点である「ニュータイプ」をテーマに据えた物語は、作品から20年を迎えた現在もなお我々の心に新たな問いを投げかけ続けています。

1,946 view

テレビアニメ「機動新世紀ガンダムX」ってどんな作品?

『機動新世紀ガンダムX』(きどうしんせいきガンダムエックス、After War Gundam X)は、1996年4月5日から同年12月27日まで(テレビ朝日は12月28日まで)テレビ朝日および一部地方のテレビ朝日系列にて放送されたテレビアニメ。ガンダムシリーズの1作。全39話。略称は「GX」。キャッチコピーは「月は出ているか?」「君は、生き延びた先に何を見るのか?[1]」など。
『銀魂』や『スクールランブル』の高松信司監督が手がけた、新時代と新世代に向けたガンダム作品である。コロニー落としが行われ、地球を荒廃させた大戦争が終わって15年……。明るくパワフルな主人公ガロードが少女ティファを守り、陸上戦艦フリーデンの仲間とともに戦う。彼女の秘密とは「ニュータイプ」……それはサテライトシステムやガンダムXなど戦後封じられたはずの力を解き放つ謎の力だ。みどころは、高松監督独特のノリが良く屈託のないキャラたちの行動。ニュータイプを憎む者や利用しようとする者など、かつての大戦争を巡って動く人びとの心のドラマは深い共感を呼ぶ。ガンダムXやDXのパワフルな必殺武器も、爽快感満点!【アニメ評論家 氷川竜介】

あらすじ

 (1575261)

のちに「第7次宇宙戦争」と呼ばれる地球連邦と宇宙革命軍の戦いは、コロニー落としによって多くの人命が失われる悲惨な結末を迎えた。それから15年が経ったA.W.0015年。惨劇から立ち直り、安定期を迎えた地球において、戦災孤児の境遇にも負けずに逞しく生きる一人の少年がいた。彼の名はガロード・ラン。奪ったMSを売り歩くガロードは、謎の人物からの依頼で、陸上戦艦フリーデンにいるティファ・アディールという少女を連れ出す。しかし、それはティファのNT能力を狙った罠だった。乗り込んだガンダムXでの戦闘を余儀なくされたガロードは、動き始めた戦いの渦に巻き込まれていく。

登場人物

ガロード・ラン

ガロード・ラン

本作の主人公。戦災孤児ながら逞しく生きる少年で、ティファとガンダムXとの出会いをきっかけに、フリーデンのクルーとなって戦争に身を投じていく。テレビシリーズの主人公としては珍しく、ニュータイプなどの特殊な能力は持たないが、まっすぐな心でAW世界の未来を切り開く。
出典 neoapo.com
ティファ・アディール

ティファ・アディール

フリーデンに救われたニュータイプの少女。精神感応や予知などの能力を発揮する。無口で人見知りなところがあるが、ガロードとの出会いをきっかけにその内面は大きく変化していく。
出典 neoapo.com
ジャミル・ニート

ジャミル・ニート

陸上戦艦フリーデンの艦長。第7次宇宙戦争におけるガンダムXのパイロットだが、コロニー落としの悲劇を目の当たりにしたことでコクピット恐怖症に陥り、長らくMSの操縦から遠ざかっている。
出典 neoapo.com
ウィッツ・スー

ウィッツ・スー

ガンダムエアマスターのパイロット。元フリーだが、フリーデンと専属契約を交わした。器用さに欠ける熱血直情型の青年で、家族のためにMS乗りをしているという優しい一面をもつ。
ロアビィ・ロイ

ロアビィ・ロイ

ガンダムレオパルドのパイロット。元フリーだが、フリーデンとの専属契約を交わした。束縛を嫌う自由人で、女性への積極的なアプローチが際立つプレイボーイ。
シャギア・フロスト

シャギア・フロスト

ガンダムヴァザーゴのパイロット。地球連邦時代にフラッシュシステムに適応できなかった落第者「カテゴリーF」の烙印を押され、自分たちを認めない人類全体への復讐を企てる。
オルバ・フロスト

オルバ・フロスト

ガンダムアシュタロンのパイロット。兄シャギアと共に自分たちを苦境に陥れた人類全体への復讐を企てる。シャギアとは精神感応で繋がっており、彼の手足となってスパイ活動なども行った。冷静なシャギアに対し、やや直情的な性格をしている。

最終回

機動新世紀ガンダムX

機動新世紀ガンダムX

新連邦と宇宙革命軍の戦争が激化の一途をたどる中、ガロードたちはファーストニュータイプと呼ばれたD.O.M.E.の意志に接触し、人々が追い求めてきたニュータイプという言葉が幻想でしかないことを告げられる。未来を創るのは、明日をまっすぐに見つめる心の強さなのだ。しかし、過去に囚われた者、世界を憎む者たちは戦いをやめず、ついに戦いは最終局面へ。そして、悲劇に彩られたアフターウォー(戦後)という時代の新たな幕が上がる。

初代オープニングテーマ:DREAMS(ロマンティック・モード)

2代目オープニングテーマ:Resolution(ロマンティック・モード)

エンディングテーマ:HUMAN TOUCH(Warren Wiebe)
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その9 ~ジオンのびっくりどっきりモビルアーマー登場!~

『ガンプラり歩き旅』その9 ~ジオンのびっくりどっきりモビルアーマー登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第9回は、映画版ではその存在を(ほぼ)抹消されたビグロと、劇場版でもメインの活躍のソロモン戦が描かれたビグ・ザムの、ジオンの2大モビル・アーマーのご紹介です!
市川大河 | 7,828 view
『ガンプラり歩き旅』その8 ~ガンダム強化スーパー合体メカ登場!~

『ガンプラり歩き旅』その8 ~ガンダム強化スーパー合体メカ登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第8回は、一時期は、映画版とガンダムメカマニアの間では存在を抹消されていた、テレビ版でのガンダム強化合体スーパーメカ、Gアーマーの登場です!
市川大河 | 7,895 view
『ガンプラり歩き旅』その007 ~「1/144旧キット最もダメな“赤い 赤い アイツ”」~

『ガンプラり歩き旅』その007 ~「1/144旧キット最もダメな“赤い 赤い アイツ”」~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第7回は、ガンプラ全盛時、全ファンの期待と待望を一身に受けて登場したものの、ガンプラ史上最悪の駄作キットになってしまった「赤い 赤い アイツ」だ!
市川大河 | 21,583 view
『ガンプラり歩き旅』その006 ~他人の空似にゃ無理がある!~

『ガンプラり歩き旅』その006 ~他人の空似にゃ無理がある!~

ガンプラ!あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第6回は、いきなり「メカじゃねぇだろ!」1stガンダム公式ガンプラ唯一のキャラクターフィギュアプラモデルコレクション「キャラコレ」を扱います!
市川大河 | 7,337 view
ガンダムシリーズの新時代を切り拓いた傑作!「機動武闘伝Gガンダム」をプレイバック

ガンダムシリーズの新時代を切り拓いた傑作!「機動武闘伝Gガンダム」をプレイバック

1994年。アニメ「機動武闘伝Gガンダム」により、ガンダムシリーズは新たな局面を迎えました。登場する機体はほぼすべてガンダム。そしてガンダムが戦争ではなく格闘技で勝敗を決するというストーリーは、あまりの斬新さから賛否両論をもって迎えられました。しかし、Gガンダムの存在があればこそ、ガンダムは今日までその命脈を保ってこられたとも言えます。今回はそんな「Gガンダム」を振り返ってみましょう。
dailystarnews | 2,483 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト