ファミリーカーから派生したエキサイティング&ドレッシー『カリーナED』の魅力
2017年3月22日 更新

ファミリーカーから派生したエキサイティング&ドレッシー『カリーナED』の魅力

好景気に沸く1980年代半ばの日本は、あらゆる分野で新しいチャレンジが許された時代でした。そんな時代に誕生したのがカリーナED。ファミリーカーなのにエレガントでお洒落。バブル時代を駆け抜けた、エキサイティング&ドレッシーなカリーナEDの魅力を振り返ってみましょう。

19,736 view

カリーナEDってどんな車?

初代カリーナED

初代カリーナED

日本を代表するファミリーカーのカリーナから派生した、新しいタイプの4ドアサルーンです。それまでの家庭的で実用的な4ドアのファミリーカーとは一線を画し、2ドアハードトップのような、スポーティーでスタイリッシュなデザインを持ち、あっという間に幅広い層から、絶大な支持を得ることになりました。
2代目カリーナED

2代目カリーナED

当時もてはやされたハイソカーよりもリーズナブルで、ラグジュアリーな雰囲気を楽しめるという、大衆の心を見事に掴んだ、ミニ・マークⅡとかミニ・ソアラといった印象の、お洒落を楽しむファミリーカーでした。
3代目カリーナED

3代目カリーナED

カリーナEDのヒットは自動車業界に大きなムーヴメントを巻き起こし、トヨタは後に姉妹車としてコロナEXiVを、マツダ・ペルソナ、日産プレセア、三菱エメロードなど、各社が次々に、手頃な価格帯のスタイリッシュな4ドアハードトップを投入することとなります。
コロナEXiV

コロナEXiV

日産プレセア

日産プレセア

三菱エメロード

三菱エメロード

マツダ ペルソナ

マツダ ペルソナ

初代カリーナED(T16型)

初代カリーナEDは、バブル景気前夜の1985年に発売になりました。
セリカと共通のプラットフォームを使用し、トヨタとしては初の4ドアピラーレスハードトップとしてデビューしました。
 (1846289)

カリーナといえばトヨタの誇るファミリーカーの代表格ですが、カリーナEDのフォルムは、より伸びやかで、流れるようなスタイリッシュな印象で、ファミリーカーの中にもラグジュアリーな雰囲気を追求した作りになっています。
 (1846295)

スタイリング重視の設計で車高は低く、居住性よりも美的なデザインを優先するという、これまでのファミリーカーにはない価値観を提案し、記録的な大ヒット作となりました。
姉妹車にはセリカとコロナクーペがあります。ユーザーの認識としては、カリーナの一種というよりは、セリカの4ドアバージョン、といった感じだったのではないでしょうか。

1986 TOYOTA CARINA ED Ad

初代カリーナEDのスペック

Gリミッテッド:1,978,000円
型式:E-ST162
全長×全幅×全高:4,475×1,690×1,310mm
エンジン型式:3S-GELU
最高出力:160ps/6,400rpm
最大トルク:19.0kg・m/4,800rpm
種類:直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量:1,998cc
車両重量:1,130kg
燃費:10モード/10・15モード:12.0km/L

1985年11月カタログより
45 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • I.O 2020/1/14 17:00

    カリーナEDとは、トヨタ初のセンターピラーレスサイドウィンドウを採用した4ドアハードトップで、若いユーザーに人気を集めました。一番人気は2リッターDOHC(3S−GEU型)を搭載するGリミテッドで、2リッターのG系のホイールハブナットが、このクラスとしては5穴を採用したのが特徴でした。89年に一新した2代目EDも、引き続きピラーレスを採用しますが、90年代から安全性重視のため、93年秋に一新した3代目EDからはセンターピラー装着を余儀なくされますが、この時期はバブル崩壊の煽りも有り、EDの様なハードトップの売り上げは下降し、ピーク時の半分以下となってしまい、98年に終了し、3年後の年末にはカリーナセダン自体も終了しました。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ジェントルマンなハイクラスセダン「クレスタ」の歴史と魅力

ジェントルマンなハイクラスセダン「クレスタ」の歴史と魅力

1980年代90年代の、トヨタの誇るハイソカー三兄弟と言えば、マークⅡ、チェイサー、クレスタ。なかでも末っ子のクレスタは、一貫してパーソナルセダンとしての道を歩み、当時のトヨタの最高峰クラウンに次ぐ存在のジェントルマンな車でした。今回はそんなクレスタの特集です。懐かしい画像や映像を交えながら、クレスタの歴史と魅力を振り返ってみましょう。
starsky82138 | 19,793 view
【ハイソカーブームとは?】マークII・チェイサー・クレスタがバカ売れ!

【ハイソカーブームとは?】マークII・チェイサー・クレスタがバカ売れ!

1980年代に起こった【ハイソカーブーム】。“ハイソサエティ=裕福な世界”の人になるのも夢ではないという、バブル期の消費者心理をうまくついたハイソカー。代表格だった「マークII3兄弟」をはじめ、ブームを担ったクルマたちを振り返ります。
ヤマダゴロー | 122,807 view
【悲報】トヨタ「マークX」の生産が終了。「マークⅡ」以来51年の歴史に幕が下ろされる。

【悲報】トヨタ「マークX」の生産が終了。「マークⅡ」以来51年の歴史に幕が下ろされる。

トヨタ自動車は、ミドルサイズセダン「マークX」の生産を終了することを発表しました。12月23日には、愛知県豊田市にある同社の元町工場にて生産終了のイベントを開催、その別れを惜しみました。
隣人速報 | 1,967 view
画業45周年記念!大丸京都店で『わたせせいぞうの世界展~ハートカクテルだったあの頃~』が開催!!

画業45周年記念!大丸京都店で『わたせせいぞうの世界展~ハートカクテルだったあの頃~』が開催!!

画業45周年を記念した展覧会『わたせせいぞうの世界展~ハートカクテルだったあの頃~』が、大丸京都店6階・大丸ミュージアム<京都>にて開催されることが決定しました。
隣人速報 | 391 view
いくつ覚えてる?バブル期に流行った「死語」の数々!!

いくつ覚えてる?バブル期に流行った「死語」の数々!!

近年再評価が著しい「バブル期」。ここでは、当時流行した言葉をいくつかピックアップしてみたいと思います!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト