映画『約束』若きショーケンと岸恵子の感動の名作
2017年3月28日 更新

映画『約束』若きショーケンと岸恵子の感動の名作

映画『約束』は1972年に公開された岸惠子主役の邦画で、ショーケンこと萩原健一の映画初出演した出世作です。仮釈放中の女性受刑者と親を知らない青年。孤独を抱えた女と男が列車の中で出会う。そして二人の『約束』は男女の愛を超え母子のような信頼感に昇華する。

3,251 view

映画『約束』

岡田次雄さんのツイート: "「約束」(1972) 監督:斎藤耕一、主演:岸恵子・萩原健一。北陸へ向かう列車…謎めいた女性と出逢う若い男…服役中の女は模範囚で監視付き外出…男も隠している何かが…束の間の恋に揺れる女心…悲哀と希望を見事に表現…抒情的映像美で描く… https://t.co/Qu8ocyQN3r" (1847923)

『約束』は、偶然列車に乗り合わせた、男女のつかの間の出会いと別れを描いた名作です。
斉藤耕一監督の美しいカット冴え、北陸の漁村が旅情的に描かれています。
宮川泰の音楽がフランス映画のように感じます。

映画には列車のシーンが多く、車内で2人が出会う場面は、実際の気動車急行車内でロケが行われ撮影されました。
『約束』(やくそく)は、1972年(昭和47年)3月29日公開の日本の長篇劇映画。製作は斎藤プロダクション、配給は松竹である。1972年度キネマ旬報ベストテンで第5位を獲得した。
監督:斎藤耕一、主演:岸惠子。岸の相手役を演じた萩原健一の出世作としても知られる。
二人は偶然出合う舞台は、日本海を北上する北陸本線の列車の中。
新幹線開通記念?映画『約束』の北陸本線風景:Cedarの今昔写真日記:So-netブログ (1847365)

若い男(ショーケンこと萩原健一)は向かいの座席に座る中年女性(岸惠子)にしつこく話しかけます。
男を無視し続ける女の眼差しは、彼女の過去にむけられています。
女は受刑囚です。過去に夫の暴力に耐えきれず殺人を犯してしまったのです。模範囚として刑期を務めました。そして今は、仮出所中の身であり、女監視員とともに母親の墓参りに行く途中でした。
新幹線開通記念?映画『約束』の北陸本線風景:Cedarの今昔写真日記:So-netブログ (1847921)

男が買ってきた弁当を列車内食べる。
懐かしい昭和の列車の光景です。
この列車、編成や走る区間からして、当時金沢〜青森間を走っていた急行『しらゆき』でしょうか?

孤独を抱えた女と男・墓参りと逢瀬

寒いですね。 - エデンの東 - Yahoo!ブログ (1847926)

「かしわざき?」の駅に着くと女は海辺にある墓へむかいます、その後を若い男はついていきます。
このショーケン(萩原健一)が演じる若い男は、軽薄なチャラ男だが、どこか憎めないキャラクターです。

実はふたりとも底知れぬ孤独を抱えているのです。
そんな男と中年女は、言葉を交わすようになります。

墓参りのシーンで、女が男に「あなたのお母さんは?」と聞く。
男は「え。おふくろは死んじゃったし、おやじは見たこともねえし、名前も知らねえや。
でもよ、お蔭で喧嘩だけは強くなったし」と答える。
新幹線開通記念?映画『約束』の北陸本線風景:Cedarの今昔写真日記:So-netブログ (1847922)

暮れかかる海辺のシーンで、男が女に名前を聞きます。
女「松宮蛍子。蛍の子と書いてケイコ」と答えます。
男が「蛍なんて見た事がない」と言うと女は、「あたし、この世に蛍がいるなんてもう信じない」と言います。
海には漁へ向かう漁船の明かりが見えます。
男はその明かりを見て「あっ、蛍だ!」と叫びます。
女は男のその言葉に涙がこみ上げてきます。

二人は翌日、海辺の休憩所で会う約束をします。
約束 - YouTube (1847364)

約束した場所についた女は、手鏡のなかの自分を見つめ、一人化粧直しを始めます。
男に好意を抱く、振れ動く女心を上手く表現しています。

その頃、男は事件に巻き込まれ、人を刺してしまいます。そして女と約束した場所へ向かい走っていました。
男が休憩所へ着いた時には女は帰った後でした。
代わりに女から預かったという腕時計を店主に渡されます。
『約束』 - 管球再生式映画館 (1847912)

男は改札を通り抜け、女を引き留めようとします。
そして「俺、ムダにした三時間を取り戻したいんだ。いい加減な気持ちでこんな事言ってんじゃねえんだ。俺、真剣なんだよ。頼むよ。な、戻ろうよ」と言います。

女は足を止め、自分の身の上を語りはじめます。
「あなたにだけは隠しておきたかった。私、囚人なの。模範囚なの。だから、刑務所から特別な許可を貰って母の墓参りに来たの。明日の朝の八時までに刑務所に戻らなければならないの。ごめんなさいね」
女はホームへの階段を登る、ホームのベルが鳴った。
男は階段を駆け上がり、汽車に飛び乗ります。
蛍子の母の墓地は敦賀市郊外の「五つ幡海岸」とのことです。

できることなら…

約束_2 (1972) 日本:こんな日は映画を観よう (1847928)

夜汽車は二人が初めて出会った時と同じように刑務所のある街へ向かい走っていました。
座席についた女は男のシャツに血がついている事に気がついていまた。

夜行列車が突然止まり「土砂崩れの為しばらく停車をする」と車内アナウンスが流れます。
二人は停車している列車の外に降り抱き合い、口づけを交わします。
約束_2 (1972) 日本:こんな日は映画を観よう (1847927)

そして、男は涙ながらに「一緒に逃げよう。今なら大丈夫だよ」
「本気?」と答える女に「当たり前だ。誰も知らねえ町へ行ってよ、二人だけで暮らそう。
俺、結婚なんてんじゃなくていいんだよ。あんたの弟でも何でもいいんだよ。俺、一生懸命働くからよ」と言う男の言葉に女は胸いっぱいにこみ上げてくる感情を抑え「ありがとう」と答えます。
そして、ひとり列車へ戻ります。
40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ショーケン・萩原健一がデビュー50周年!「FNSうたの夏まつり」で30年振りにフジの音楽番組へ出演!

ショーケン・萩原健一がデビュー50周年!「FNSうたの夏まつり」で30年振りにフジの音楽番組へ出演!

フジテレビ系「FNSうたの夏まつり」が今年も放送される。1967年にザ・スパイダースの弟分バンドザ・テンプターズとして、16歳でデビューしたショーケンこと萩原健一も、デビュー50周年の節目に出演する。
ショーケンじゃなくてトヨエツ版「傷だらけの天使」!東北が舞台のロードムービー

ショーケンじゃなくてトヨエツ版「傷だらけの天使」!東北が舞台のロードムービー

ケチな探偵コンビが繰り広げる義理と人情の旅を、コミカルに描いたロードムービー。ショーケンこと萩原健一が出演したテレビドラマ「傷だらけの天使」をもとに、阪本順治監督が映画化。出演は豊川悦司、真木蔵人、菅原文太、原田知世など。
ひで語録 | 3,172 view
日本最後のクーデター『226』。昭和11年2月26日、その日は30年ぶりの大雪だった。

日本最後のクーデター『226』。昭和11年2月26日、その日は30年ぶりの大雪だった。

昭和11年(1936年)2月26日に陸軍青年将校たちが起こしたクーデター事件を、五社英雄監督が描いた大作。単なる事件の概要だけでなく、将校たちの人間関係、家族愛を見事にマッチさせたヒューマンストーリーを、実際の二・二六事件とともにご紹介しましょう。
ナベゲン | 5,360 view
三部作には良作が多い?!懐かしい邦画の三部作をまとめてみました!

三部作には良作が多い?!懐かしい邦画の三部作をまとめてみました!

三部作の映画を探すと結構あるのですが、今回は我々ミドルエッジ世代にとって懐かしい邦画の三部作をまとめてみました。三部作には良作が多いとの評判もあるので、この機会に是非見直してみてくださいね!
つきねこ | 8,754 view
音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第2弾!まるでカセットテープのような「J-POP BEST  女性アーティスト編」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第2弾!まるでカセットテープのような「J-POP BEST 女性アーティスト編」をご紹介!

音楽配信サイト「AWA」の公式プレイリスターの「マツドデラックス」こと「山本圭亮」がお送りする「まるでカセットテープのような」シリーズ!それを皆様に聴いて欲しいのでこんな企画をやっちゃったわ!どうかアクセスして聴いて頂戴ね!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト