懐かしの「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第5回、4の字固めの魔王「デストロイヤー物語」!
2017年11月27日 更新

懐かしの「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第5回、4の字固めの魔王「デストロイヤー物語」!

全日本プロレスでのジャイアント馬場との死闘や人気バラエティ番組「うわさのチャンネル」への出演など、今も我々日本人の記憶に深く残る名レスラー、ザ・デストロイヤーを伝記マンガにした作品を紹介!!

2,775 view
まだテレビ放送が白黒で、プロレスが国民的娯楽だった時代に繰り広げた、あの力道山との名勝負。
更には、その後の全日本プロレスでのジャイアント馬場との死闘など、今も我々日本人の記憶に深く残る名レスラー、ザ・デストロイヤー!
ザ・デストロイヤー直筆サイン写真

ザ・デストロイヤー直筆サイン写真

その大人気振りはリングの上だけに留まらず、当時の人気バラエティ番組「うわさのチャンネル」への出演で披露した、彼の名コメディアン振りにも良く現れていた。

うわさのチャンネル動画

金曜夜8時は新日本プロレス中継、そこから10時は日テレでうわさのチャンネル!これが定番だった家庭も多かった当時、ミドルエッジ世代の中には、毎週楽しみに見ていた方も多かったのでは?
力道山との死闘&人気番組「うわさのチャンネル」への出演

力道山との死闘&人気番組「うわさのチャンネル」への出演

「うわさのチャンネル」で見せた和田アキ子との名コンビ振りは、我々ミドルエッジ世代の記憶にも未だに残っている。
そんなデストロイヤーが、なんと日本の旭日双光章を受賞したとのニュースが、先頃日本中を駆け巡ったのは記憶に新しいところ!
既に現役を退いた外国人レスラーが受賞するのは、正に異例中の異例と言えるのだが、やはりそれだけ日本人に愛されたことの証明だと言える。
そこで今回の「昭和有名人伝記マンガ劇場」は、彼の旭日双光章受章を記念して、マンガ「デストロイヤー物語」を紹介することにしよう。

そもそも、ザ・デストロイヤーとは?

実力派レスラーとして、日本のマット上でも力道山を始め数々の名勝負を繰り広げた、白覆面のマスクマン。
1963年(昭和38年)の初来日以来、日米通算の試合数は実に約8500試合!ミドルエッジ世代の記憶に残る覆面レスラーとしては、あのミルマスカラスと双璧を成す男、それがザ・デストロイヤーその人なのだ!

サ・デストロイヤー対ミル・マスカラス

彼のトレードマークとなっていたのが、必殺技の「4の字固め」。一見地味な寝技なのだが、かけられた側は地獄の苦しみを味わうことになる!しかもこの技、なかなか外せない!学校の休み時間にプロレスごっこをして、どちらが先にこの必殺技を掛けるかが勝負の分かれ目だった、そんな経験をしたミドルエッジ世代も多いはず。

更にザ・デストロイヤーについて知りたいと思った方は、以下のリンクからどうぞ。

マンガ「デストロイヤー物語」概略

「デストロイヤー物語」掲載誌表紙

「デストロイヤー物語」掲載誌表紙

掲載されたのは、別冊少年チャンピオン1974年6月号。
ちなみに映画コミカライズとして「マックQ」も掲載されていた。
巻頭グラビアページ

巻頭グラビアページ

何故ドイツ軍のヘルメットだったのか?それは未だに不明。
本作が掲載されたのは、別冊少年チャンピオン1974年6月号。作者は週刊少年マガジンで、「愛の戦士レインボーマン」のコミカライズ版を連載されていた、小島利明先生。
うわさのチャンネル放送時期にも関わらず、デストロイヤーの本名や実年齢に出身地やレスラーになったきっかけはおろか、4の字固めの誕生秘話まで明らかにされるという、サービス満点のその内容!
当時の小学生にとっては、これこそ正に貴重な情報源だったのだ。

マンガ「デストロイヤー物語」内容紹介

「デストロイヤー物語」扉絵

「デストロイヤー物語」扉絵

「うわさのチャンネル」出演中!

「うわさのチャンネル」出演中!

「チャップリンの再来!」とディレクターからも大絶賛!
彼の本名もここで明らかに。
高校時代のデストロイヤー。

高校時代のデストロイヤー。

父親と二人暮らしで余り裕福で無かったデストロイヤーだが、彼の大学進学希望を後押しする父の存在に勇気を貰う!
43 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

プロレス総選挙2017  マツド・デラックス的プロレス総選挙!その3 覆面レスラー編

プロレス総選挙2017 マツド・デラックス的プロレス総選挙!その3 覆面レスラー編

WBCの延長で放送時間がゴールデンから一気に深夜番組となってしまった「プロレス総選挙2017」!!結果を2回に渡ってお知らせしたけど、もうそれはいいわよね!マツド・デラックス的にあたしの独断でそれぞれの部門のベスト10を作ってみたわ!これはひとそれぞれ好きな人が違うから皆にも投稿してもらいたいわよ!今回は、前回の「日本人ヘビー級レスラー」「外国人ヘビー級レスラー」に続く「覆面レスラー」よ!!
【#プロレス今日は何の日】1989年11年29日 札幌中島体育センター

【#プロレス今日は何の日】1989年11年29日 札幌中島体育センター

天龍、日本人初ジャイアント馬場越え果たす!同日のUWF東京ドーム大会を指し「今日の勝利はドームより重い」と名言を発す!人々に「プロレス独占」の鐘鳴らす!今日もプロレス最高っ!
ミル・マスカラス感涙!?入場曲「スカイ・ハイ」を歌った「ジグソー」のベスト盤LPが発売!!

ミル・マスカラス感涙!?入場曲「スカイ・ハイ」を歌った「ジグソー」のベスト盤LPが発売!!

空中殺法を駆使し、ルチャ・リブレを世に知らしめた偉大なプロレスラー「ミル・マスカラス」。彼の入場テーマ曲として使用され、世界中で大ヒットを記録した「スカイ・ハイ」を歌ったジグソー(JIGSAW)が、デビュー50周年を記念したベスト盤LP「ジグソー・プレミアム・ベスト~スカイ・ハイ」を発売しました。
隣人速報 | 516 view
全日本プロレスの大森隆男選手と東京03の豊本さんのネット番組「ライブ選書」に潜入取材レポート!

全日本プロレスの大森隆男選手と東京03の豊本さんのネット番組「ライブ選書」に潜入取材レポート!

ミドルエッジではお馴染み、もうレギュラーと言っても過言ではない全日本プロレスの大森選手がなんと東京03の豊本さんと本について熱く語るネット番組「ライブ選書」に出演されるということで潜入取材をしてきました。無類の読書好きとして有名な大森選手とプロレスフリークとして有名な豊本さんとのトークは必見です!
思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」第1回:涙と苦労の男「せんだみつお物語」!

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」第1回:涙と苦労の男「せんだみつお物語」!

当時の芸能界やテレビ・ラジオなどメディアの話題を独り占めし、今も我々ミドルエッジ世代の記憶に残る、昭和の様々な有名人たち。そんな昭和有名人がマンガになっていた作品を紹介する新企画。第1回は、まさに昭和のお笑いの酸いも甘いも知り尽くした男「せんだみつお物語」です。
滝口アキラ | 3,796 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト