【取材】東京・中野の『マカロニほうれん荘展』でカラー原画や鴨川つばめ選曲のロックなBGMに触れてきた!
2018年5月25日 更新

【取材】東京・中野の『マカロニほうれん荘展』でカラー原画や鴨川つばめ選曲のロックなBGMに触れてきた!

中野ブロードウェイで開催中の『マカロニほうれん荘展 -MACARONI IS ROCK!-』をミドルエッジ編集部が取材!70年代末に週刊少年チャンピオン(秋田書店)で連載された痛快ギャグ漫画の展示会場に流れるBGMは作者・鴨川つばめさんによる選曲でした。

6,728 view

【取材】鴨川つばめ『マカロニほうれん荘展 -MACARONI IS ROCK!-』に行ってきました!

東京の中野にある複合ビル・中野ブロードウェイで、6月3日まで開催中の鴨川つばめ『マカロニほうれん荘展 -MACARONI IS ROCK!-』にミドルエッジ編集部がお邪魔してきました!
同ビル2階にあるAnimanga Zingaro内は、懐かしの名物キャラクター達で溢れていました!
会場入口

会場入口

※Animanga Zingaroのツイートより引用
会場のメッセージボード!ファンによる作品との思い出など...

会場のメッセージボード!ファンによる作品との思い出などが書き込まれていました!

「マカロニほうれん荘」は、1977年から1979年にかけて週刊少年チャンピオン(秋田書店)で連載された、鴨川つばめさんによるギャグ漫画作品です。

ピーマン学園の新入生である主人公・沖田そうじが、きんどーさんとトシちゃんという強烈なキャラクターの落第生と過ごすドタバタな日々を描いた作品でした。
「マカロニほうれん荘」の単行本は全9巻

「マカロニほうれん荘」の単行本は全9巻

会場に展示された「第1話」のカラー原画

会場に展示された「第1話」のカラー原画

沖田そうじによる きんどーさんとトシちゃんの第一印象は...

沖田そうじによる きんどーさんとトシちゃんの第一印象は”品の悪いOB”でした

また、沖田そうじは二人と学校生活だけでなく、「菠薐荘」でも同居するという稀有な状況に巻き込まれます。それにより四六時中ギャグが生まれる舞台が整えられ、そこに”鴨川つばめ流”のナンセンスかつシュールなギャグが次々と盛り込まれていきました。

当時は同作のような作風は少なく、ある種実験的な作品でもありましたが、多くの読者を獲得。連載開始から40年以上が経った今でも、人気はそのままに愛され続けています。

《会場内の様子》

会場に入ると原画原画原画!原画で埋め尽くされた空間となっておりました。

ファンならすぐに分かるであろう同作の名シーンや鴨川つばめさんの高い画力を感じられるイラストなどが多数展示されています。また、鴨川つばめさんが保管されていたファンレターの数々もガラスショーケースにて見る事が出来ます。
壁一面に原画がズラリ!

壁一面に原画がズラリ!

 (2013386)

 (2012730)

「マカロニほうれん荘」の関連商品

「マカロニほうれん荘」の関連商品

《会場に流れるBGMは、作者・鴨川つばめ自身による選曲!》

ロック音楽が好きと思われる鴨川つばめさん。「マカロニほうれん荘」の世界観を形成する上で随所にロックテイストが散りばめられていました。度々、レッド・ツェッペリンやクイーン等のメンバーらしき人物たちが描かれた事も。

今回の展示では、鴨川つばめさんによる選曲で会場内のBGMが決められました。もちろん流れるのは骨太なロックです。
例えば、レッド・ツェッペリンの「胸いっぱいの愛を」やディープ・パープルの「ファイアボール」、ブラック・サバスの「血まみれの安息日」など60~70年代を代表する楽曲が多くラインナップされています。

また、BGMのセットリストは7時間を超えるとの事で、それだけでも鴨川つばめさんのロック好きが伝わってきますね。
「鴨川つばめ直筆の会場BGMセットリスト」

「鴨川つばめ直筆の会場BGMセットリスト」

謎の多い鴨川つばめさんですが、彼の好みの音楽に触れながら原画を眺めていると、懐かしさだけでなく、鴨川つばめさんと時間を少し共有した気分になるから不思議です。
気になる音楽は、是非会場でご確認を!

ちなみに設営日には鴨川つばめさんも激励に訪れたとか。
1958年当時の作者のお写真も!

1958年当時の作者のお写真も!

39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • はぐれぐも 2018/5/28 04:23

    大阪でもしてほしい!あとアニメ化希望、あのリズム感そのままで(^.^)

    2018/5/25 18:10

    行きたいけれど無理だ。出身地である九州でもやってほしい。

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

定規戦争では最弱!?あまりにリアルな「手描きの三角定規」のイラストが話題に!!

定規戦争では最弱!?あまりにリアルな「手描きの三角定規」のイラストが話題に!!

小学校の算数や中学校の数学の授業などでお世話になった、学生時代の必需品「三角定規」。そんな三角定規が、今Twitterでちょっとした話題となっています。懐かしの「定規戦争」も併せてご紹介します!
隣人速報 | 1,603 view
クイーン伝説のアルバム「世界に捧ぐ」発売から40年!未発表音源だらけの記念ボックスが発売される!!

クイーン伝説のアルバム「世界に捧ぐ」発売から40年!未発表音源だらけの記念ボックスが発売される!!

11月17日、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」「伝説のチャンピオン」などが収められたクイーン不動の名作「世界に捧ぐ」の発売40周年を記念したボックスがリリースされます。未発表音源の数々はファンならずとも要チェック!
隣人速報 | 546 view
MR.BIGの最新ライヴ盤に付属している日本盤「豪華特典」が時代の最先端を行っていると話題に!!

MR.BIGの最新ライヴ盤に付属している日本盤「豪華特典」が時代の最先端を行っていると話題に!!

現在好評発売中のMR.BIGのライヴ盤「ライブ・フロム・ミラノ+ジャパン2017オフィシャル・ブートレグ」。この商品は今年2月に亡くなった、パット・トーピー(ドラム)の追悼盤として急遽発売されたライヴ盤ですが、この商品の日本盤のみに付く初回封入特典が、時代の最先端を行っていると話題になっています。
隣人速報 | 2,162 view
毎月のように輩出された名盤!60~70年代の「ロック黄金期」当時の雰囲気を月単位で解説した書籍が話題に!!

毎月のように輩出された名盤!60~70年代の「ロック黄金期」当時の雰囲気を月単位で解説した書籍が話題に!!

株式会社KADOKAWAは、ロックアルバムの解説本『ROCK DECADE TIME MACHINE 1967-1976 ロック黄金時代のアルバム・ガイド』を発刊しました。その内容が、今までにない画期的なロック・ディスクガイドだと話題になっています。
隣人速報 | 511 view
【70年代サンリオキャラシリーズ】75年に生まれた双子の姉弟♡『リトルツインスターズ』

【70年代サンリオキャラシリーズ】75年に生まれた双子の姉弟♡『リトルツインスターズ』

ハローキティやマイメロディと並ぶ大人気のサンリオキャラクター『リトルツインスターズ』!75年に生まれた双子の姉弟「キキ」と「ララ」を覚えていますか?
ロングアゴー | 2,552 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト