2017年6月19日 更新

70年代映画『もう頬づえはつかない』女性の自立がテーマだった昭和の時代

1970年代の終わりに東京でひとり暮らす早稲田大学の女子学生、まり子を主人公に都会の寂しさや男との関係に悩みながらも自立していく。若い頃の桃井かおりや 奥田瑛二、村上弘明などが出演している。

370 view

映画『もう頬づえはつかない』の時代

【画像】「二日酔いメイク」とかいう2015年最先端のトレンドメイクwwwこれは守りたくなるwww : 無題のドキュメント (1873542)

映画『もう頬づえはつかない』は、早稲田大学の学生だった見延典子の小説を東陽一監督が映画化した。女性の自立をテーマにした1979年のATG(日本アート・シアター・ギルド)映画の作品。
主役は桃井かおりが演じ無名だった 奥田瑛二や村上弘明が出演していることでも有名な映画だ。

映画『もう頬づえはつかない』が公開された1979年はインベーダーゲームの全盛期であり、初代ウォークマンが販売された昭和の時代だ。

映画『もう頬づえはつかない』あらすじ

早稲田大学の学生まり子(桃井かおり)は、東京でひとり暮らしをしている。かつて同棲していた男(森本レオ)とバイト先で知り合った同じ大学の学生(奥田瑛二)のふたりと付き合い、妊娠してしまう。彼女にはお腹の子供がどちらの子どもなのか?

二人の男性の反応とまり子の選択を通し、ひとりの女性の自立を描く。
 (1873482)

コンビニなんてなかった70年代の終わり、商店やスーパーで買い物をして、茶色い紙袋に入れてもらい持ち帰っていた。

1970年代の四畳半フォークに代表される若者の貧しい暮らしは、アパートに風呂は無い。
銭湯を利用した。

電話は10円玉を沢山持って、公衆電話へ。
1982年(昭和57年)12月にテレホンカードが発売された。

映画『もう頬づえはつかない』主題歌

『もう頬づえはつかない』荒井沙知 

『もう頬づえはつかない』荒井沙知 

1979年8月発売された『もう頬づえはつかない』
歌:荒井沙知
作詞:寺山修司、作曲:田中未知、編曲:J・A・シーザー

この曲は1983年に日吉ミミによりカバーされている。

もう頬づえはつかない 歌詞 荒井沙知 ※ Mojim.com Mojim 歌詞

もう頬づえはつかない 歌詞 荒井沙知 ※ Mojim.com Mojim 歌詞
『もう頬づえはつかない』 作詞:寺山修司、作曲:田中未知 ♪ 醒めてることのさびしさを知ってる人がもしいたら酔ったふりして肩組んでカム・トゥギャザーを唄ってあげるさよならは夜明けに似合うから煙草のけむりの消えた空頬づえついてみていたらあ

映画『もう頬づえはつかない』登場人物ダメンズ(駄目な男)3人

奥田瑛二(橋本クン)

奥田瑛二(橋本クン)

まり子と同じ早稲田の学生、印刷工場のバイトで知り合い肉体関係に発展している。

まり子の歯ブラシではを磨き、自分の物を使うように言われる。
当然のことながら、まり子は自己主張する女性だ。
まり子とのエッチな関係にどっぷり使っている大学生の橋本クンを当時29歳の奥田瑛二が上手く演じている。
30代でブレイクするまえの奥田瑛二のちょっとだらしないくて、たよりない役柄が好きだ。
恒雄(森本レオ)

恒雄(森本レオ)

かつては、まり子と同棲していた早稲田の法学部出身のルポライター恒雄(大学の先輩)。
どこかへいってしまい1年、まり子が住むアパートに帰ってくる。

恒雄はインテリ崩れのダメンズ。魅力は自由に生きていること。
しかし、まり子はそんな恒雄のことが橋本クンより好きなのだ。
まり子が恒雄に見た夢。1970年代の終りに慶応大学法学部卒の吉田ルイ子という人がアメリカのニューヨークに在住して女性カメラマン、ジャーナリストの活躍していた。

『もう頬づえはつかない』のまり子が目指していたのは、吉田ルイ子のような日本の社会の枠とらわれない自由に生きる女性だったのかもしれない。
伊丹十三(高見沢)

伊丹十三(高見沢)

まり子が住むアパートの大家の高見沢は、美容院のママ(加茂さくら)の旦那さん。
他に女がいることがママにバレてハサミで腿を刺されて救急車で運ばれる。
ダメンズおじさん。

もう頬づえはつかない、まり子の選択

桃井かおり(Kaori Momoi)「もう頬づえはつかない」(1979年) : 夜ごとの美女 (1873500)

まり子(桃井かおり)が妊娠したことを恒雄(森本レオ)に告げると。
「堕ろしてくれ」と中絶をするように説得される。
ピンクの電話(公衆電話)が懐かしい。
Auction - Yahoo Japan Auctions. eBay Japan (1873530)

一方の橋本クンは(奥田英二)は実家に戻ったりして、就職が決まるとまり子を故郷に連れて帰ると言う。結婚して責任を取るつもりなのだ。

「よう!日本一!」橋本クン偉い!さすが鹿児島出身の九州男児!などと思ってしまう。

しかし、まり子は中絶を選択する。

バンカラ早稲田の女子大学生だ。花嫁候補生の女子大生なら結婚を選ぶであろう。
出典 jauce.com
中絶を終えて部屋に戻ったまり子は、引っ越しの準備をする。

待つだけの女から、男に頼らず自分の人生を歩き始めるのだ!
自立したまり子は、もう頬づえはつかない!

フェミニズム、バンザイのハッピーエンドだ。

『もう頬づえはつかない』主演の桃井かおり

一緒に暮らしてみてから結婚を決めたり、デキちゃった結婚を授かり婚と言ったりする現在とは違い70年代はまだ同棲(婚前交渉)に対して後ろめたさを感じる時代だった。
映画「もう頬づえはつかない」 - Staff Blog (1873513)

早稲田のイメージは、 バンカラ。
桃井かおりはちょっとおしゃれな女子でありながらバンカラという役どころだ。

また、桃井自身は、中学の時にイギリスのロイヤルバレエアカデミーに単身でバレエ留学を経験している。
バストが美しい!若い頃の桃井かおりのお宝ヌード♡
seventh street bar:2010年10月 (1873519)

70年代のトレンド(流行)は、煙草の似合う女性。

当時は個性派と思っていた桃井かおりは、今見ると、なかなかのインテリだね。

少し自堕落な女子大生役を品よく演じた。
映画『もう頬づえはつかない』が公開された1979年(昭和54年)当時の大学進学率は男性は 33.4%、女性は30.5%、男女ほぼ同じだ。

しかし就活に関しては、女性は自宅からの通勤でないと採用をしないという条件を設ける企業があり、早稲田大学の学生とはいえ男性に比べると女性の就職は不利な時代だった。
7年後の1986年より男女雇用機会均等法が施行される。

映画『もう頬づえはつかない』の主人公のまり子も勉強では、男子に負けない成績を収めてきた。
また地方出身者の彼女には東京で頑張って、故郷に錦を飾りたい思いもあっただろう。

しかし、都会の一人暮らしは寂しい、ダメンズの男性たちとの関係はその寂しさを埋め合わせるための存在だったのか。

ネタバレ『もう頬づえはつかない』

Amazon.co.jp: 映画パンフレット もう頬づえはつかない(1979作品) 発行所:東宝株式会社事業部(A4版)1980年発行 監督: 東陽一  出演: 桃井かおり 、奥田英二 ほか: おもちゃ (1873543)

貧乏学生のまり子役の桃井かおりが来ているトレンチコートがカッコいい!

当時は新人女優だった彼女の個性と存在感が際立つ。
3歳の時からバレエで鍛えられた肉体と精神、そして中学生の時にひとりイギリスへ渡たったことで洗練されていった感性を感じる。

『もう頬づえはつかない』原作者の 見延典子

読書案内No.171 見延典子/もう頬づえはつかない 貧困女子大生の恋愛事情 | 吟遊映人 【創作室 Y】 - 楽天ブログ (1873536)

ベストセラーとなった『もう頬づえはつかない 』は、原作者の見延典子が、1978年に早稲田大学第一文学部文芸科の卒業小説として書かれた。

見延典子(みのべ のりこ )、1955年8月2日 生まれ。
見延典子自身は1981年に結婚している。

「女はクリスマスケーキと同じで、25歳までが結婚適齢期。」と言われていた時代。
見延典子も適齢期に結婚した。
見延典子と同じ年に生まれた早稲田大学出身の女性有名人を探してみたら。元フジテレビアナウンサーの益田 由美(ますだ ゆみ)が1955年2月11日生まれ。

益田 由美は、早稲田大学第一文学部卒業後、1977年フジテレビ入社、2015年2月27日付でフジテレビを定年退職している。
フジテレビでは、初めての女性アナウンサーとして定年退職を迎えた。

見延典子のブログ - 「頼山陽ネットワーク」公式ホームページ

見延典子のブログ - 「頼山陽ネットワーク」公式ホームページ

桃井かおりの現在

女優の桃井かおりは、独身をとおしてきた。
2015年1月に幼なじみの年上の音楽プロデューサーと結婚した。
米ロサンゼルスを拠点に生活している。
映画ナタリーさんのツイート: "桃井かおりとイッセー尾形扮する夫婦がラトビアの街を彷徨「ふたりの旅路」予告編 https://t.co/jA44rYWFXb https://t.co/11EvgGo3gB" (1873550)

2017年には『ふたりの旅路』に出演。桃井かおりとイッセー尾形が演じる夫婦がラトビアの街を旅する。

もう頬づえはつかないをAmazonビデオ-プライム・ビデオで

もう頬づえはつかないをAmazonビデオ-プライム・ビデオで
3.8 | 早稲田大学の卒業小説として書かれた見延典子のベストセラー小説を、「サード」の東陽一監督が映画化。自ら出演を希望した桃井かおりは自然な演技が評価され、その年のキネマ旬報賞主演女優賞のほか5つの賞を受賞。女性の自立をテーマに、当時の『シラケ世代』の若者像を見事に描いたATG映画のヒット作。女子大生のまり子(桃井)はアルバイト先で知りあった同じ大学の橋本君(奥田)と大して愛情もないのに同棲生活を始めた。そのとき、以前の恋人であった、30歳過ぎの売れないルポライター・恒雄(森本)が現れた・・・。 (C)1979 あんぐる/東宝
36 件

思い出を語ろう

関連する記事こんな記事も人気です♪

映画『潮騒』山口百恵の清純さと三浦友和の伝説のふんどし姿 

映画『潮騒』山口百恵の清純さと三浦友和の伝説のふんどし姿 

1975年映画第4作目映画『潮騒』。主役は山口百恵。相手役は無名だった三浦友和。当時は百恵のヌードやラブシーンが話題になった映画だ。二人の若い頃の画像で映画の見所、名場面をご紹介。あまり知られていない、三浦友和の伝説のふんどし姿やネタバレ感想。
映画「四月物語」松たか子が初主演を務めた岩井俊二監督による恋愛作品。

映画「四月物語」松たか子が初主演を務めた岩井俊二監督による恋愛作品。

映画「四月物語」は、1998年に公開された岩井俊二による恋愛映画。松たか子が初の主演を務めた作品でした。大学生になったばかりの主人公の何気ない新生活をスケッチ風に綴った物語です。
ニコニコ | 853 view
映画「PiCNiC(ピクニック)」浅野忠信とCHARAが結婚するきっかけになった作品だった!

映画「PiCNiC(ピクニック)」浅野忠信とCHARAが結婚するきっかけになった作品だった!

映画「PiCNiC(ピクニック)」は、1996年公開された岩井俊二の作品です。メルヘンチック且つ残酷な内容になっています。また、主演は浅野忠信とCHARAでした。二人は、この映画がきっかけで結婚をしています。
ニコニコ | 1,281 view
映画『バーニング』13日の金曜日に続く、キャンプ殺人ホラー。園芸ばさみを凶器にした復讐劇だった!

映画『バーニング』13日の金曜日に続く、キャンプ殺人ホラー。園芸ばさみを凶器にした復讐劇だった!

映画『バーニング』は、1981年に公開されたホラー作品です。いたずらによって火傷を負った男が、園芸ばさみで復讐し、無差別殺人を起こします。
星ゾラ | 1,008 view
ホラーの名作「シャイニング」スティーヴン・キングの小説をスタンリー・キューブリックが映画にした!

ホラーの名作「シャイニング」スティーヴン・キングの小説をスタンリー・キューブリックが映画にした!

映画「シャイニング」は、1980年に制作されたホラー映画です。雪山のホテルに家族だけで住み、主人公は精神を病み、狂気と殺戮へと展開していきます。そして、主人公は殺人者へと変貌を遂げていきます。スティーヴン・キング原作の小説をスタンリー・キューブリックが映画化しています。
星ゾラ | 3,580 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト