【余貴美子】台湾人二世の美人女優としてご活躍!かつて披露したヌード・濡れ場の巨乳ぶりがエロい!
2021年8月5日 更新

【余貴美子】台湾人二世の美人女優としてご活躍!かつて披露したヌード・濡れ場の巨乳ぶりがエロい!

舞台・劇場出身の女優として活躍し、テレビや映画に出演するようになると、その美貌やグラマラスな肉体で多くの男性を魅了した余貴美子さん。50代にして披露した過激なコスプレ姿は、あまりにもエロすぎると話題になりました。今回の記事では、そんな余貴美子さんに注目して、その活躍ぶりやヌード・濡れ場といったことも振り返っていきます。

17,081 view

マルチな活躍ぶりをみせた余貴美子さん

余貴美子さんのプロフィール

余貴美子さんのプロフィール

生年月日:1956年5月12日
血液型 :B型
身長  :161㎝
出生地 :神奈川県横浜市
職業  :女優
活動期間:1976年~

余貴美子さんの経歴

1956年、台湾人の父親と日本人の母親の間に生を受けた余貴美子さん。その祖先は、中国・漢民族の流れを継ぎ、王族の末裔が多いとされている客家なのだそうです。
テレビドラマ『サインはV』で有名な女優・范文雀さんは、余貴美子さんの従姉にあたるみたいなので、その血筋の優秀さにも驚かされます。
余貴美子さんの祖父は、戦前、日本に移民してきて、神戸で紅茶・果物などのの輸出入業を始め、戦後には金融・新聞といった事業も手掛けるようになり、国内では初となる客家団体『客家公会』を設立されたほど偉大なお方なのだそうです。
ご両親は池袋で歌謡喫茶を経営されたり、横浜でバーや飲食店を営んで生計を立てていたそうです。しかし、父親は若くしてお亡くなりになってしまい、死別されています。
1976年、神奈川学園高等学校を卒業した余貴美子さんはオンシアター自由劇場に入団して、女優としての下積み時代を過ごします。
1985年には、大谷亮介さんを初めとする俳優仲間とオンシアター自由劇場を退団します。その後は、仲間たちと東京壱組を旗揚げし、1996年に解散するまで14公演を務めました。

この時期からは映画・テレビドラマといった分野でも活躍するようになり、その美貌ぶりや抜群のプロポーションで注目される存在になっていきます。
2006年には、2歳年下NHK美術スタッフとご結婚。

余貴美子さんがご出演された2008年公開の映画『おくりびと』は、ハリウッドで開催された第81回アカデミー賞にて日本映画で初の外国語映画賞を受賞。授賞式には彼女も出席し、制作スタッフと喜びを分かち合いました。
2008年には日本アカデミー賞助演女優賞に輝き、翌年2009年も2年連続で同賞に獲得するといった快挙を果たしています。

余貴美子さんのヌード・濡れ場情報

数々の映画でグラマラスボディーを披露し、世の男性ファンを魅了してきた余貴美子さん。全盛時は舞台を中心とした活動をされていたので、映画・テレビドラマといった分野でのご活躍は30歳辺りからです。そういう意味では遅咲きといえるのかもしれません。
しかし、美魔女といえるほどの若々しさで、その年齢が信じられない美貌ぶりをキープされましたね。
彼女がヌード・濡れ場を披露した作品でおすすめなのは、1990年にフジテレビ系列で放送された時代劇ドラマ『仕掛人 藤枝梅安』。
金髪美女を演じ、色白なヌードや濡れ場を披露されました。その美しさも去ることながら、たわわに実った巨乳ぶりも堪らないですね。

次にご紹介しておきたいコンテンツは、1993年公開の映画『ヌードの夜』。
余貴美子さんの妖艶さが際立ち、色んなところに熱を帯びてしまうと思います。お相手を竹中直人さんが務めているのもインパクトがありますね。
大人の事情で記事内にはダイレクトに画像を掲載できないので、お宝画像がご覧になれるリンク先をご紹介していきたいと思います。
49 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【ホーン・ユキ】ボインちゃんと呼ばれて愛された美人ハーフ女優!俳優・入川保則との結婚や悩殺ショットも振り返る!

【ホーン・ユキ】ボインちゃんと呼ばれて愛された美人ハーフ女優!俳優・入川保則との結婚や悩殺ショットも振り返る!

1970年代を中心に活躍し、その恵まれた巨乳・スタイルから”ボインちゃん”と形容されたホーン・ユキさん。当時、多くの男性ファンが羨望の眼差しで彼女のことを眺めていたと思います。今回の記事では、そんなホーン・ユキさんにスポットを当て、その全盛期や官能・悩殺カットを振り返っていきます。
tsukumo2403 | 4,899 view
濡れ場の神!俳優「津川雅彦」が映画で抱いた女優たち。

濡れ場の神!俳優「津川雅彦」が映画で抱いた女優たち。

【烏丸せつ子】映画『マノン』(1981年、東宝)、【墨田ユキ】映画『墨東綺譚』(1992年、ATG)、【吉永小百合】映画『天国の駅 HEAVEN STATION』(1984年、東映)、【秋吉久美子】映画『ひとひらの雪』(1985年、東映)、【三田佳子】映画『別れぬ理由』(1986年、東映)、【南條玲子】映画『別れぬ理由』(1986年、東映)、【七瀬なつみ】映画『桜の樹の下で』(1989年、東映)、【岩下志麻】映画『桜の樹の下で』(1989年、東映)、【かたせ梨乃】映画『東雲楼・女の乱』(1994年、東映)
高岡早紀が湯女役を演じて豊満ボディを披露した映画「忠臣蔵外伝四谷怪談」

高岡早紀が湯女役を演じて豊満ボディを披露した映画「忠臣蔵外伝四谷怪談」

日本人には馴染みの深い忠臣蔵と、四谷怪談という二つのお話をコラボさせた映画「忠臣蔵外伝四谷怪談」が1994年に公開されました。どのような繋がりだったかというと四谷怪談の裏切り男伊右衛門は赤穂浪士だったという設定です。そして高岡早紀さん演じるお岩は湯女だったという設定で豊満ボディを惜しげもなく披露したことも見どころの1つでした。そこで今回は映画「忠臣蔵外伝四谷怪談」をご紹介します。
そうすけ | 3,304 view
「巨乳」が登場するオススメ記事

「巨乳」が登場するオススメ記事

2023年のお盆休み、ミドルエッジ編集部が選んだ”「巨乳」が登場するオススメ記事”。数多くの記事から厳選したものをご紹介します!!
40代で初のヌードでの濡れ場を演じた宮澤美保の主演映画「光復(こうふく)」とは?

40代で初のヌードでの濡れ場を演じた宮澤美保の主演映画「光復(こうふく)」とは?

1990年に10代で女優デビューして以来、着実にステップを積み重ねて大人の女優へと変貌した宮澤美保さん。2016年に映画監督の深川栄洋さんと結婚しています。そんな宮澤美保さんは映画「光復(こうふく)」でなんと、40代にして初のヌードでの濡れ場を披露します。そしてなんと監督は夫の深沢栄洋さんだと言いますから、二重にビックリですね。今回はそんな宮澤美保さんについてご紹介します。
そうすけ | 5,218 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト