ニュー・ウェイヴ系の発信源になった「カセットブック」を振り返る
2017年12月18日 更新

ニュー・ウェイヴ系の発信源になった「カセットブック」を振り返る

かつてカセットテープが、音声メディアの主役だった時代がありました。そんな時世柄もあって登場したのが「カセットブック」。レコード会社の管轄外のため、自由な表現活動を展開できるとして、ニュー・ウェイヴ系ミュージシャンの作品発表媒体としても機能した、この時代を象徴する商品を、この度、紹介していきたいと思います。

567 view

その昔、音楽記録メディアといえば、カセットテープ一択だった

爆笑問題・田中が高校の放送部だった頃、自ら立ち上げた、田中の、田中による、田中のためだけのオリジナルラジオ番組『ウーチャカ(田中のあだ名)大放送』を校内放送し、後年、その音源が収められたカセットテープを、太田と一緒に車に乗るたびに、無理やり聞かせていたというのは有名な話。これほど極端なケースはないにしても、カセットテープに自分の声や歌を録音し、それを親・友人に聞かれて恥ずかしい想いをしたという人は、けっこういるのではないでしょうか?
爆笑問題

爆笑問題

今でこそ、録音も再生も「MP3」が当たり前となっていますが、『ウーチャカ大放送』が鳴り響いていた80年代前半の音声記録&再生媒体といえば、コンパクトカセット、通称「カセットテープ」がもっぱら主流でした。
カセットテープのメリットといえば、自分の好きな曲を好きな順番で録音できるところ。ラジオでかかる好きなミュージシャンの楽曲を録りためて、自分だけのオリジナルアルバムをつくっている人なんかもいました。今みたいに、曲順を編集したり、ランダムで再生したりなんかできない時代だから、出だしの曲を何にしようか、とか、残りあとちょっとしかないテープになんの曲を入れようかとか、無駄に頭を悩ませていたのも、今となってはいい思い出です。
コンパクトカセット(カセットテープ)

コンパクトカセット(カセットテープ)

ニュー・ウェイヴミュージックの流行に一役買った『カセットブック』

このように、カセットテープが一般に普及した背景には、安価で扱いやすく、また長時間の録音&再生が可能なメディアだったからに他なりません。

そんなコスパの良さもあって、1980年代、書籍・雑誌にカセットテープが付属した『カセットブック』なるものが流行したのです。今だとDVDやCDが付録としてついてくる本がよく書店で売られていますが、そのカセット版といったところでしょうか。

おりしも時は、ニュー・ウェイヴミュージック全盛の時代。YMOやシーナ&ザ・ロケッツ、ムーンライダーズといった独自のスタイルを打ち出したアーティストたちが、若者の間で新たなムーブメントとなっていました。彼らのフィロソフィーを、音はもちろんのこと、ビジュアル・文章をまじえて、あますところなく伝えたい…そんな意図も働いて、ニュー・ウェイヴミュージックを取り扱ったカセットブックが数多く発刊されたのです。
UKニュー・ウェイヴ

UKニュー・ウェイヴ

スタイリッシュな表紙が魅力的だったニュー・ウェイヴ系カセットブック『TRA』

もっともポピュラーだったニュー・ウェイヴ系カセットブックが、『TRA』です。『タモリ倶楽部』の空耳アワーでお馴染みのイラストレーター・安斎肇もアートワークに関わっているこの雑誌は、見た目からして、ひじょうにスタイリッシュでオシャレ。ニュー・ウェイヴとはなんたるか、その世間一般におけるイメージ構築の一助になったといって、差し支えないでしょう。

TRA Vol.2 (Winter 1982) Side-A pt.1

また、『TRA』は音楽雑誌でしたが、ニュー・ウェイヴ系アーティストが、アルバムを収録したカセットを同梱して発売するというパターンも珍しくなく、有名どころだと、遠藤ミチロウの『ベトナム伝説』(JICC出版局)、坂本龍一の『Avec Piano』(思索社)、P-MODELの『SCUBA』(JICC出版局)などが、挙げられます。
いずれも、アルバム扱いなのに、レコード会社ではなく出版社が発売元となっているのが、なんとも、面白いところです。こうした流れの背景には、出版社発行のカセットブックはレコード会社の管轄外となるため、アーティストがより自由闊達な創作活動を展開できるという利点があったことも見逃せません。
Avec Piano (坂本龍一)

Avec Piano (坂本龍一)

ヌード写真集と登場モデルの声を収録したカセットブックも!

もちろん、カセットブックは、ニュー・ウェイヴミュージックだけのものではありません。さまざまな音源を収録した雑誌・書籍が販売されていました。特に多かったのが、名作文学の朗読系冊子。太宰治や森鴎外といったかつての文豪が残した名著を、ナレーターや俳優がじっくり読み聞かせるというやつです。他にも、漫画作品を収録したものや童話を収録したもの、果ては、ヌード写真集とその登場モデルの声を録音した『マドンナメイトカセット』なるものまで発売され、まさに百花繚乱状態でした。

時を経て2017年現在。今やMP3プレイヤーの天下で、すっかり過去のメディアとして忘れさられていたかに思われていたカセットテープが、ここに来て突如、脚光を浴びているといいます。カセットテープをリアルタイムで利用していた30~40代が昔を懐かしんで使用しているのはもちろんのこと、10代~20代にもひそかなブームが来つつあるようであり、なんでも、アナログな音質やめんどくさいところが逆に好評なのだとか。ということで、ここ数年、見かけなくなっていたカセットブックですが、まさかの再ブレイク、あるかも知れません!
後藤えり子:マドンナメイト

後藤えり子:マドンナメイト

(こじへい)
18 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ウォークマンがついに発売40周年!“初代そっくり”の記念モデルが期間限定発売!!

ウォークマンがついに発売40周年!“初代そっくり”の記念モデルが期間限定発売!!

1979年発売の初代ウォークマン「TPS-L2」の発売から今年で40周年となるのを記念した限定モデル「NW-A100TPS」が期間限定で発売されます!
隣人速報 | 4,887 view
LPやCDより貴重!?やたらとプレミアがついてるカセットテープ!!

LPやCDより貴重!?やたらとプレミアがついてるカセットテープ!!

最近めっきり見ることの少なくなったカセットテープ。昭和の時代には、録音用の空のカセットテープだけでなく、各ミュージシャンもレコードやCDを発表する際に、カセットテープ版も販売していました。そんなカセットテープが、今になって高値で取引されているケースが多いことを皆さんご存知でしょうか?
ミニコンポが我が家にやってきた!音楽を独り占め出来るあの空間の歓びを憶えていますか?

ミニコンポが我が家にやってきた!音楽を独り占め出来るあの空間の歓びを憶えていますか?

僕らの子供時代、ミニコンポとラジカセの間には「越えられない壁」が存在しました。どうにかしてミニコンポをゲットしたときの歓びはいまだに忘れられません。大きければ大きいほど嬉しかったミニコンポについて。
青春の握り拳 | 229,458 view
【80年代】漫画やアニメに関するクイズ!北斗の拳からきまぐれオレンジ☆ロードまで!

【80年代】漫画やアニメに関するクイズ!北斗の拳からきまぐれオレンジ☆ロードまで!

ミドルエッジがおくる懐かしの80年代の漫画やアニメに関するクイズ!全10問の三択形式クイズに皆さんも是非挑戦して下さい!!
昭和にまさかのタイムスリップ!?「カセットテープ」の新商品がまさかの発売!!

昭和にまさかのタイムスリップ!?「カセットテープ」の新商品がまさかの発売!!

昭和にまさかのタイムスリップ!?ダイヤモンドレコード針などの製造を手掛けるナガオカトレーディングより、カセットテープの新製品「CT」シリーズが現在好評発売中です。
隣人速報 | 6,338 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト