余命3ヶ月で新作を撮り切った大林宣彦!角川映画や家族と共に振り返る『文藝別冊 大林宣彦 』が発売!
2017年10月29日 更新

余命3ヶ月で新作を撮り切った大林宣彦!角川映画や家族と共に振り返る『文藝別冊 大林宣彦 』が発売!

70年代後半から、日本映画界を支え続けてきた映画作家・大林宣彦。新作『花筐/HANAGATAMI』の公開を前に大林宣彦監督のこれまでの軌跡を振り返る、文藝別冊『大林宣彦 「ウソからマコト」の映画』が河出書房新社より発売された。

425 view

余命3ヶ月宣告を受けて撮った最新作『花筐/HANAGATAMI』の公開を前に。大林家・家族座談会も!

70年代後半から、日本映画界を支え続けてきた映画作家・大林宣彦。12月16日には、新作『花筐/HANAGATAMI』の公開が決定している。
同作の撮影直前には肺がんが発覚。余命3ヵ月と言われながらも、メガホンを取り続けた魂の傑作だ(監督いわく、現在は「余命未定」になった、とのこと)。

12月の公開を前に、大林宣彦監督のこれまでの軌跡を振り返る、文藝別冊『大林宣彦 「ウソからマコト」の映画』が河出書房新社より発売された。

監督とともに〈大林映画〉をつくりあげてきた妻でプロデューサーの大林恭子氏、娘の大林千茱萸氏との家族座談会「家族で映画ばかり撮ってきた」の様子が収録され、知られざる大林宣彦が垣間見られるかも知れない。

また、尾美としのり、常盤貴子、根岸季衣、南原清隆(ウッチャンナンチャン)ら映画を支えてきた俳優たち、スタッフたちのインタビュー、『時をかける少女』などに出演した伝説的な元俳優・高柳良一(ニッポン放送総務部長)も登場する。

他にも目次には「淀川長治 私のシネマ交遊 〜大林宣彦〜」「中川右介 大林映画と角川映画から始まった」など、映画好きが関心を寄せるであろうタイトルが並んでいる。

《書誌詳細》
A5判/256ページ/本体価格:1300円(税別)/2017年10月28日発売
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309979298/
文藝別冊『大林宣彦 「ウソからマコト」の映画』

文藝別冊『大林宣彦 「ウソからマコト」の映画』

映画作家・大林宣彦

大林監督は、個人映画作家としてスタートしたのち、約2000本におよぶTVコマーシャルを制作。

1977年、『HOUSE/ハウス』で商業映画に進出後は、〈尾道三部作〉とよばれる『転校生』(82)、『時をかける少女』(83)、『さびしんぼう』(85)をはじめ、薬師丸ひろ子主演で角川アイドル映画路線を打ち立てた『ねらわれた学園』(81)、純文学の映画化である『廃市』(83)、『野ゆき山ゆき海べゆき』(86)、山田太一原作のファンタジック・ホラー『異人たちとの夏』(88)、〈新・尾道三部作〉とよばれる『ふたり』(91)、『はるか、ノスタルジィ』(93)、『あした』(95)、ベストセラー小説を独自の手法で映像化した『理由』(04)、『その日のまえに』(08)、そして〈古里映画〉と銘打ち、戦争や震災の記憶から紡ぎ出される物語を圧倒的なスケールで描き出した『この空の花 長岡花火物語』(12)、『野のなななのか』(14)など、多彩な題材を、しかし一貫した〈大林映画〉として完成させ、世に放ってきた。

オススメの特集記事

8 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

角川映画40周年!「角川映画祭」と銘打って名作48作がよみがえる史上最大規模の映画祭を開催!

角川映画40周年!「角川映画祭」と銘打って名作48作がよみがえる史上最大規模の映画祭を開催!

1976年の「犬神家の一族」から40年。それを記念して7月30日から新宿の角川シネマなどで、数々の名作を上映する「角川映画祭」が開催される!
「アウトレイジ 最終章」の公開を記念して北野武の13作品がBlu-ray化!名作パッケージがズラリ!

「アウトレイジ 最終章」の公開を記念して北野武の13作品がBlu-ray化!名作パッケージがズラリ!

北野武監督のバイオレンス映画「アウトレイジ」。シリーズ3作目の「アウトレイジ 最終章」が、10月7日(土)に公開となる。公開を記念し、これまでBlu-ray化されていなかった北野武監督13作品がBlu-ray化される。
【南極物語】に出演した名優さん達を振り返る

【南極物語】に出演した名優さん達を振り返る

1983年に公開された映画、南極物語。ストーリーは実話をもとに創作を交えた、撮影期間に3年以上をかけた日本映画の大作。子供の頃に実際、映画館に見に行きました。その迫力あるシーンはいまだに脳裏に焼き付いています。 南極物語についてまとめてみました。
松田優作が10kg減量、奥歯を4本抜き、あるシーンでまばたきすらしなかった映画『野獣死すべし』

松田優作が10kg減量、奥歯を4本抜き、あるシーンでまばたきすらしなかった映画『野獣死すべし』

1980年公開、松田優作主演の映画『野獣死すべし』。狂気の殺人者が描かれた本作には、妖艶な雰囲気を持った小林麻美も出演。美人過ぎる画像も集めた。「まばたき無し」の長回しシーンなど逸話だらけの映画『野獣死すべし』を特集する。
ひで語録 | 17,077 view
日本映画の大作『敦煌』。制作・宣伝費45億円もの費用を費やした壮大な物語とは!?

日本映画の大作『敦煌』。制作・宣伝費45億円もの費用を費やした壮大な物語とは!?

バブル真っ只中の1988年、文化遺産・莫高窟に隠された経典等をもとに作られた超大作。人間の欲望、男女愛の葛藤等を背景に、それぞれの男たちが、それぞれの守るべきものを命を懸けて必死に守ろうとする姿を描いた作品をご紹介しましょう。
ナベゲン | 12,926 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト